2018年5月24日 (木)

ヤロウ 

Yarou18051601

Yarou18051602

ハーブのヤロウです。

バラ園の周り、バラとバラの間にハーブを植え始めて3年程。

土壌がバラに適さない為に、淋しいバラ園で…

虫除けもかねて、ハーブを植えてにぎやかに見えるようにしています。

ヤロウはバラの肥料のおすそわけで、ずいぶん大株になりました。

折角開花しましたが、梅雨前に半分程に切り詰めます。

蒸れて根腐れを起こしてしまうためです。

今日は午後に黄砂が来るらしい。

もうすでに、飛んでいると思います。目が真っ赤。

スギ花粉ヒノキ花粉ブタクサ、黄砂、PM2.5・・・体が拒否反応起こすので苦しい。

| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

ガウラ (白鳥草)

Gaura18052002

Gaura18052001

ガウラが見ごろになりました。

切り戻しを繰り返すことで、花は半年程楽しめると思います。

こぼれ種で発芽、昨年の木質化した株からも芽を出し、育てやすく

病害虫の被害はほとんどないのに「白鳥」という名前を持つ優雅な姿。

ただ強健で、1mを超す大株になる為、風雨で倒れやすく

支柱を立てる、切り戻しなどは必要です。

それらを怠ると、蒸れて腐ることもあります。

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

クレマチス (ダーク・アイズ)

Clematis18052003

Clematis18052004

クレマチス(ダーク・アイズ)が見ごろです。

今初春にHCに入荷したばかりのクレマチスの苗鉢の中に1つだけ

真っ黒のダーク・アイズ花写真を見つけ思わずお持ち帰りしたモノです。

まだ育てたとは言えない程のお付き合いです。

黒花好きで、つい手が伸びてしまうのですが、納得の黒花は滅多に出合えません。

ダーク・アイも花写真は真っ黒でしたが…。

環境により株により違う色が出るのは致し方なしですが…残念。

だからといって、野良クレマにするなんてことはありません。

来年も再来年も開花させる楽しみに変わりはないのです。

「無理をするな」…そのように言われますが、庭に出て歩いてみると

せめて半日、せめて1時間とついつい時間を忘れてしまいます。

この季節の楽しみの一つ。

ホタルブクロの花柄を鋏で切り落とす作業です。

この作業をすることで、2回開花は誰でもでき、

夏まで3回、4回と開花させることができます。

手を入れることで、花の持っている力を出し切らせることができるなんて…

いいでしょう?

花の魅力に取りつかれること間違いなし(笑)。

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

クレマチス (パープレア・プレナ・エレガンス)

Clematis18052001

クレマチス、パープレア・プレナ・エレガンスが開花しはじめました。

地植えにすればもう少し大きい花が開花するかもしれませんが

鉢植えで、直径3センチ程で小さく可愛い花です。

Clematis18052002

小さい蕾が風に揺れ、花裏は銀色…小豆色ですが涼しげです。

鬼のかく乱かな(笑)…体調が今一つで2日間寝てしまいました。

気温30℃にもなっているのに寒く感じたり、寒いのに暑かったり…

40代の頃、一度寝込んだことがありその時は3日間でした。

3日間寝たら、腰が痛くなりました。

私は寝たきり老人にはなれないナと思ったのを思い出しました。

今回は2日で腰が痛くなりました。

寄る年波には勝てない。

筋力の落ちる早さが大分進んでいるということを痛感。

当たり前の日常生活を送るだけで、今の自分を支える筋力は保てるわけで

・・・ punch punch も・ちっと 運動しましょうup と思ったしだいです。

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

バイカウツギ・ベルエトワール

Baikautugi18052001

Baikautugi18052002

バイカウツギ・ベルエトワールが開花はじまりました。

バイカウツギより1月弱遅い開花です。

ベルエトワールは白一色ですがベルエトワールは花心が薄赤色の違いがあります。

どちらも伸びた茎が弧を描くように四方に垂れるのでそれは見ごたえあります。

思いきりのいい剪定の方が形を保てるように思います。

| | コメント (0)

«バイカウツギ (梅花空木)