2018年10月15日 (月)

ツキヌキホトトギス (突抜不如帰)

Tukinuki18101401

ツキヌキホトトギスが開花。

といっても、↑↓ 貧弱このうえなく、二輪のみ。

Tukinuki18101402

同時期に開花するキイジョウロウホトトギスも↓ こんな風。


Kiijyourou18101401

昨年、花後に植え替えをするつもりで、一日延ばしにしたまんま…の結果です。

最近は鉢はスリット入りのプラ鉢を使い、重たいテラコッタ、和鉢は避けていますが

植えっぱなしの鉢はまだ重たい鉢がほとんど。

手をかけない結果の花を見ると、後悔のほうが今のところ大きいです。

笑・来年はわかりませんから、後悔している年のうちに植え替えをしなければpunch

昨日は過ごしやすいと思いましたが、湿度が高く、蒸し暑い日でした。

孫ちゃんが背丈の何倍もある竹ぼうきで落ち葉を掃きを手伝ってくれました。

「ばばちゃん、毎日きれいにしてくれてありがとうnote

というんです。

21日は「孫の日」です。

こっそり頼んだ「ドレス」が届きましたから、今日はプレゼント用にラッピングです。

先日のお祭りで目じりに紅をさしてやると、うっとりうれしそうでした。

日に日に女の子っぽくなるのがかわいくてなりませんheart04


| | コメント (0)

2018年10月14日 (日)

オオタツナミソウ (大立浪草)

Ootatunamisou18100801_2


Ootatunamisou18100802_2


オオタツナミソウです。

植えっぱなしで3~4年経過しています↑。

草丈はタツナミソウの倍はありますが、ボリュームは植えた時からほんの少しだけup

増えることを想定して植えたので、一株だけポツンとそこにある風で

草と間違えて抜いてしまいそうになります。

今日は雨のち曇り。昨日より1℃下がって22℃予報。

何時に庭に出ても、作業がしやすい気温であることがありがたいです。

| | コメント (0)

2018年10月13日 (土)

ホトトギス (不如帰)

Hototogisu18101202


Hototogisu18101201

ホトトギスが見ごろになりました。

鳥のホトトギスの胸の点々を見たことがありませんが、こんな風なんだろうな~。

涼しくなりました。

今日は23℃予報です。4、5℃下がると、過ごしやすいです。

昨日は購入した苗の定植&1mを超した鉢椿5本も定植しました。

いつもなら作業30分も経過すると、水分補給を兼ねて腰を下ろしましたが

気づけば12時近い時間でした。

過ぎたるは及ばざるがごとし…無理をしがちになりますが

作業しやすい季節がうれしくてなりませんでした。

塩害で裸木に近い木々はまるで晩秋のようですが

椿を入れたことでも…ちょっと見栄えよくなりやる気upです。

今日も自己満足のためにがんばりましょうnoteup

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

Nae18101101

お取り寄せ苗が届く。

4年ほど前、庭の景観upup雑草対策でギボウシ大を4植えましたが、

巨大感があったのは、1株のみでした。

その一株を植えた土は、庭木を植えた際「カントウローム」と

庭屋さんが言っていた記憶があります。

3株は通常のギボウシと同等またはそれ以下サイズのままです。

7、8年前にも当時は巨大ギボウシと言われた「皇帝」を植えましたが

極小ギボウシ程度にしか育ちませんでした。

今も存在しますが、小さいままです。

庭の土がdown…それ以外は考えられません。

植穴を大きくとり、赤玉&腐葉土で植えても、

育ちませんでしたから…う~ンthink……flair

なのに…凝りもせず、今度こそ!と5株植えますthink(笑)

植物にまったく興味がないという友人ですら、

ビッグ・ママを見て「何?あれ??」と驚くほど存在感あるギボウシは魅力。

今度こそうまくいきますよ~にlovely

| | コメント (0)

2018年10月11日 (木)

ウメモドキ (梅擬)

Umemodoki18100903

Umemodoki18100902

ウメモドキの実です。

台風で葉はほとんど残っていません。

当地ではきれいに紅葉することはほとんどありませんが、それでも多少の変化はあり

今年はそれも望めません。

しかし、赤くなる前の実に目を向けるいい機会になりました。

例年ならまだカメラを向ける時期と思っていませんから。

街路樹が塩害で落葉し始めて、ニュースになり始めました。

友人から「庭の木の葉がみんな落ちてしまう。枯れてしまうの?」

昨晩電話がありました。

庭にはあまり興味がないという友人ですが…あわてた様子でした。

来年の芽吹きは、きっとshine相当うれしく感じると思います。


| | コメント (0)

«サンザシ (山査子)