2018年4月26日 (木)

クレマチス

Clematis18042603

Clematis18042602

クレマチスが見ごろです。

これはどこに絡めているかと申しますと、↓

Clematis18042601_2

ポストに絡めています。

根の部分のみ深く土を入れて地植えにしています。

Clematis18042604

Clematis18042605_2

こちらはバラのアーチに絡ませています。

2種とも10年以上前から更新している株です。

クレマチスも幾種類か育てていますが、この2種は

暑さに強く病害虫の被害はほとんどなく、特筆すべき存在。

| | コメント (0)

クロバナロウバイ (黒花蝋梅)

Kurobanaroubai18042603

Kurobanaroubai18042604

Kurobanaroubai18042601

Kurobanaroubai18042602

クロバナロウバイ・ハートレッジワインが見ごろです。

先にupした黄花ニオイロウバイもこのクロバナロウバイも、

冬に咲くロウバイとは別物です。

キバナもクロバナもシックな花色で毎年の開花を楽しみにしています。

強健で育てやすいのですが、地植えの場合はこまめに剪定しないと樹形は

あっという間にボサボサジャングルです。

| | コメント (0)

シャガ (射干)

Syaga18041802

Syaga18041803_2

シャガです。アイリスジャポニカ…なるほどです。

八重桜が咲く頃に咲き始め、ひと月二月は開花していると思います。

思います…というのは、咲いているなと目の端に入っているものの

開花期が長く、花持ちよく、暑さ寒さに強く、どんな土でも良く増えるのです。

手がかからない事をいいことに、ついつい手を抜いてしまいます。

「しっかりしたいい子」そう言われて育つ淋しさをしっていたら…

笑・午後の作業で、長く開花してくれるご褒美の液肥を施しましょうheart04

| | コメント (0)

2018年4月25日 (水)

キバナニオイロウバイ

Kibanaroubai18041801_2

Kibanaroubai18041802_2

キバナニオイロウバイです。

昨年の剪定は間引くように切り、地上部○センチでカットをせず

棒が何本も立つようにしたために、まるで横置きスダレのようです(笑)。

花びらの先端がベージュ色に変わる、不健康そうな咲き方も少なく

ちょっと嬉しいです。

一か所に2つづつ規則正しく開花するのが不思議です。

今朝は大雨警報が発令され、市の避難勧告が鳴り響きましたが

予報より大分前に日差しが見え、エンドウが倒れかけた程度で済み

ホットしました。





| | コメント (2)

2018年4月24日 (火)

タツナミソウ (立浪草)

Tatunamisou17042201

Tatunamisou17041801

タツナミソウです。

立つ浪の草…なるほどです。

繁殖力はコンクリートの隙間でも開花するタツナミソウですから、相当です。

Tatunamisou17041802

この白はウォーキング途中のコンクリートの割れ目に咲いていたものを

わずかに根をつけて抜くことが出来、庭に植えました。

この4月にEテレで始まった「ヘウレーカ」でなぜ植物は隙間に生えるのか?

やってましたネ~。

広々としたところに植えたら、思ったほどの力を発揮しないんです。

競争社会では生きにくいのか?タツナミソウ君。

でも、決して弱いわけではなく、ジワジワジワジワこちらの意識が届かねば

とんでもない程広がる、ナカナカ草くんです。

| | コメント (2)

«オオデマリ (大手毬)