« ムラサキシキブ (紫式部) | トップページ | クマゼミ (熊蝉) »

2016年7月31日 (日)

アブラゼミ (油蝉)

Aburazemi16073101_2

子どもの頃、夏休みの宿題の昆虫採集をすると

「アブラゼミ」ばかりで他の蝉は滅多に採れませんでした。

夏休みも半分すぎたあたりでやっとクマゼミが、

たま~にニイニイ蝉が採れました。

この30年ほどは、「クマゼミ」が主流で

「アブラゼミ」は夏の終わりころ見るようになりました。

しかし・・・今朝庭で「アブラゼミ」を見たのです。

今年は確かに35℃を越す日がない…だからかなぁ?

アブラゼミを7月に見るなど珍しい年です。

笑・珍しいついでに

Aburazemi16073103

如何でしょう? 笑・もっと近づいて写すと

Aburazemi16073102

トリックが見えてしまいましたネ。

大丈夫、写し終えたら放つつもりでしたが、自力で飛び発ちました。

(画像clickでbigサイズを見てください)

|

« ムラサキシキブ (紫式部) | トップページ | クマゼミ (熊蝉) »

コメント

●とり3さんへ
おはようございますsunsun
静岡県が境で日本列島北と南、蝉も種類が違うようですネ。
こちらは南のクマゼミ、アブラゼミばかりですが
キャンプなどで山に行くと「カナカナカナカナ」…
ヒグラシもなき、境目だけあって混ざっているようです。

私の庭の蝉は数が多くて近づいてもカメラを向けても逃げません。
蝉も蝉の鳴き声がやかましくて、人気も感じられないないのかも(笑)。

投稿: 草もみじ | 2016年8月 1日 (月) 08:02

草もみじさん今晩は〜。
蝉は弱ってないとすぐ逃げられちゃって撮るの難しいですよね。

小型の蝉は枝先や高木の梢に行っちゃうし…
あらら、蜘蛛の巣にかかっちゃってたんですね。

育った東北ではアブラゼミとミンミンゼミ主体
だけどツクツクボウシやニイニイゼミ
もぼちぼち居たと思います。

ハルゼミはどうかなぁ?
クマゼミは南方系なので居なかったと思います。

千葉の地元のハルゼミ、エゾハルゼミは
見た事が無いのですが、5〜6月頃松林で
小さな抜け殻を見る事が何度か有ってそうなのかなぁ?

と、とある神社に目星を付けています。
環境悪化で市街地でツクツクボウシや蜩が
絶滅寸前になって来ました。

ハルゼミはもっと厳しいかな?
松蝉と言う語呂を使ってみたくてこの間は記事にしました。

ここ二年、アブラゼミが6月に先に鳴き始め
入れ替わりでミンミンゼミがメインで鳴いてます。

所により逆転。ミンミンゼミが先の所もあり。
クマゼミは局所的ですね。

ではまた

投稿: とり3 | 2016年8月 1日 (月) 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ムラサキシキブ (紫式部) | トップページ | クマゼミ (熊蝉) »