« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月31日 (水)

斑入ヤブラン (斑入藪蘭)

Yaburan18082901

Yaburan18082902

斑入りヤブランが見ごろになりました。

今年は花数が少ない気がします。

斑入り植物は、涼しく感じます。

因みに1月ほど前にupした緑濃いヤブランは↓現在こんな状態です。

Yaburan18082903

トリプル台風がやっと去り、今朝は久しぶりに涼しい風を感じました。

観測史上、台風が関東~北へ上陸は初めての事とか・・・

被害に合われた方々にはお見舞い申し上げます。

大事の後の植物のことなどは2の次、3の次で当然ですが・・・

台風が海から直、上陸の場合には

あっという間に、塩害で枯れてしまうことがあります。

もし、お気持ちに余裕があったならばですが・・・

大事な庭の木々、真水で洗い流してやる事を、おすすめします。

まっ茶色に枯れてあっという間の裸木は忍びない事ですが

芽吹きの時期に、その力強さを知ることができたらと思います。

| | コメント (2)

2016年8月30日 (火)

チャドクガ (茶毒蛾)

Chadokuga16082101

Chadokuga16082102

にっくきチャドクガです。

一昨日の夕方、椿の木にチャドクガを発見eye

室内用のジェット噴射殺虫剤をかけました。

春秋年2回発生し、この毛の1本でも知らぬ間に衣服に刺さりでもしたら

痒みとの戦いが2か月。

痛いと思ったら即、作業を中止し、ガムテープでところかまわずペタペタ。

外側の衣服は、なるべく皮膚につけないように脱ぎ

シャワーを浴びて、即刻皮膚科へ。

私は上記のようなことをしても、アレルギーとの戦い2か月突入です。

昨日は台風の影響で風が強すぎて、庭の消毒は途中であきらめました。

一昨日のジェット噴射効果で上記2カ所のチャドクガ死滅していましたが

彼らも必死です、死んも吹き飛ばされまいと

身体から出す糸で木につながれています。

棒切れで枝をたたいたのが間違いで、その瞬間に風に乗り

抜けた毛が飛び散りました。

なぜ、触れた記憶がないのにアレルギー反応起こすんだろう?

疑問はあの毛の飛び散り方で納得させられました。

あの木もこの木も葉が虫食いだらけ・・・雨が上がれば消毒punchpunchbomb

Turisinobu160821

吊忍です。

棕櫚紐が切れたらミズゴケをまいてまた棕櫚紐でぐるぐるさせているだけ。

チャドクガのお詫びに癒されてくださいhappy01。 (画像クリック)

| | コメント (2)

2016年8月29日 (月)

アゼナ (畦菜)

Azena160819

Azena160824

アゼナ(畦菜)・・・名前に納得。

このアゼナは、我が家の庭に生えていることが通常では不思議なことです。

故に、最初は別の名前とばかり思っていました。

しかしどこかで微妙に納得できず、雑草の本を何冊もひっくり返しました。

このアゼナ、案外レアモノ(笑)かも・・・紹介している本が意外に少ない。

畦菜・・・名の通り田に生える植物だったのです。

高台にある我が家の庭に存在することが不思議でしたが・・・

昨年末~今年春まで、土壌改良のために30キロ米用袋に

30袋はもみ殻を投入しました(笑)。

そのもみ殻に「畦菜」の種が大量についてきたとすれば、この草の量に納得です。

もみ殻燻炭に比べ、お安いだけでもみ殻にしたことに反省(笑)。

根は短いものの、土をしかっかりつかんで、

引っ張ればキレるなかなかの曲者ですが・・・

水を撒いてから、優しく上に引っ張れば、抜けます。

わが家の夏の雑草トップ3には、カタバミと思っていましたが

新参者のくせに、強烈な繁殖力に今年はこちらを選びます。

・・・

猛毒を持つ、チャドクガやイガラの発生時期に入る為

椿の葉裏など目を光らせていたら

なんと1~1,5センチに育った茶毒群を発見。

なにもかもが少し早めの登場で困惑ですが。

今日は最優先で消毒daypunch

| | コメント (2)

2016年8月28日 (日)

コミカンソウ (小蜜柑草)

Komikansou16081901

Komikansou16081902

わが家の庭の夏雑草トップ3入りは「コミカンソウ」。

名前の由来は一目見たら納得、葉裏の粒粒が「ミカン」に見えるらしい。

ミカン畑を四六時中目にするモノとしては、ちょっと違うんじゃない?と思うけれど(笑)。

2、3センチの小さいコミカンソウの葉裏をひっくり返すと

草の大小は関係なく(雑草には子供も大人もないってこと?)

ぎっしり種がついています。

赤くクリクリした種を見ると寒気がしそうです。

1つの草が100倍どころか1000000倍・・・

いったいどれだけの種を落とすんでしょう?

庭の草は抜けば抜くほど、次の草の生育環境を育てる故

放っておいたほうがいいと言う方も確かにいます。

草のてっぺんだけを引きちぎり、抜く必要はないと書かれた本も読みました。

農家のおじさんからは

「畑の草は種を落としたら10年ははえ続ける」と聞いたこともあります。

(故に畑は常に耕耘機・トラクターでひっくり返すのだそうです)

「コミカンソウ」可愛い名前をつけられてはいますが

「か~わいいheart04」なんて絶対に思いません(笑)

annoy 案外雑草は「ヘクソカズラ」だの「ママコノシリヌグイ」だの

憎々しい名前の方がいいかもしれないbleah

| | コメント (4)

2016年8月27日 (土)

コニシキソウ (小錦草)

Konisikisou18081901

Konisikisou18081902

Konisikisou18081903

わが家の夏の草のトップ3に入る「コニシキソウ」。

草取り後3日目には地面に張り付いて3~5センチの「ヤツ」がいるweep

5日後ならもう草取りしたのも嘘のように、10センチの「ヤツ」になっている。

大きくなれば40、50センチにも広がり、その上にのしかかって広がり・・・

流石・雑草です。

昭和天皇の「雑草という名の植物はない」という言葉は有名ですが・・・

おっしゃる通りでございますthink

天皇のご幼少の頃の植物採集を拝見したことがありますが・・・ただただ感嘆でした。

でも、下々目はつい「雑草」とどこか憎々しく言いたいのです。

「今日は庭のコニシキソウを抜きました」とは言えないのです(笑)。

今朝は蝉の声がまだ聞こえません。

コオロギとチチチチチ・・・と??3つや4つは聞こえます。

笑・でもお世辞にも涼しいとは言えない。

芝の梅雨が乾いたら、今日は芝刈りですpunch

芝は夫の担当ですが・・・○○の会合、○○の打ち合わせ

わが家の庭は最後回しで、ボランティアの草刈りに行ったり・・・

たまにお仕事にも行っているようですが

猫の手は全く、当てになりません(笑)。

| | コメント (2)

2016年8月26日 (金)

ホタテフライ丼

16081802

だんご屋さんなのか丼屋さんなのか地方からのお取り寄せ屋さんなのか

甘味処なのか? 器屋さん? いろいろ扱っているお店。

以前は熟年ご夫婦が切り盛りしていたけれど最近は少し若い方が・・・

お店の家具はまんまでも、微妙に味も雰囲気も変わってしまった。

おだんご屋さんなのにお団子がイマイチだったけど

今は美味しくなりましたpunch

まんねりと思われない「守る味」があってナンボの仕事なんだろうなぁ・・・

+「センス」?(笑)。

16081801

エビ玉丼です。

夫が写しましたcamera(笑)・・・イマイチ。

大きく成長して戻ってくる台風のおかげで、ムシムシ倍増中

昨日も草取りでしたが・・・やっと一休み一区切りできそう。

7,8月は一休みできない草の成長期でしたから、ヤレヤレです。

消毒、種まき、球根の植え付け・・・目白押しだけれど

今日は家の大掃除しようpunchdenim

戸のレールがピッカピカ、家じゅうの鏡がピッカピカ・・・

細かい所やってないと後ろめたさという「おもり」が重い(笑)。

| | コメント (0)

2016年8月25日 (木)

ポットマム

Potmum160819

ポットマムが開花はじまりました。

植えっぱなしで、毎年こんもり形よく開花する優れものです。

日本の菊はビニルハウスで日照時間を調整して美形に育てられたり

懸崖等々雄姿に育てられ競われたりするけれど・・・

海を渡った菊は誰にでも育てられるポットマムになり、魅力heart04

あ・でも・・・晩秋に畑の片隅に咲く残菊がもっと魅力かもwink

今日も32,3℃の予報です。熱中症「厳重警戒」です。

「危険」でないだけでどこかホッとします。

あと少しあと少し・・・早くコイコイ秋・冬note

| | コメント (2)

2016年8月24日 (水)

マンジュシャゲ (曼珠沙華)

Higanbana160824

気温さえあと5℃低かったら何の違和感もない曼珠沙華。

赤とんぼとび法師蝉鳴き、コオロギ鳴き・・・気温さえdown(笑)。

この時期に開花する必要があると感じる生命力にただただ脱帽。

雑草の強さは並大抵ではない。

黄金色に実った田とヒガンバナの対比の美しさに魅了されて

毎年カメラを持って出かけますが・・・

なぜ、あぜ道や堤防にヒガンバナが群生するかご存知ですか?

笑・そいういうことを考え知ると草花作業も楽しくてたまらないheart04

| | コメント (4)

2016年8月23日 (火)

バジル

Basil16081901

バジルの花。

バラの虫対策用のバジルです。

↓のように、バラ1本につきバジル2~4本で囲っています。

Basil16081903

Basil16081904

以前、玄関の日除け用に、ゴーヤのカーテンを作っていたことがあります。

収穫も兼ね、暑さも軽減され一石二鳥と思いきや eyeeye 

秋に、玄関のひさしを見上げると、木と木の間の5ミリ程度の溝にギッシリ

虫の卵?幼虫? しっかり産みつけられていました。

プランターをひっくり返すと、コガネムシの幼虫がウジャウジャcrying

しかしバジルを混色させていたプランターには幼虫が1匹もいませんでした。

と・こんな経験があって、バラの周りにバジルを植えることを思いついたのです。

バラ園かバジル園か?迷うほどですが、バラの暑さ対策にもなっていると思います。

バジルは150本は育てなくてはならず、種も2度に分けて蒔きました。

今年を反省すると、急な暑さで葉を落とすバラの為には、もっと早くバジルが必要。

寒いうちに室内で種まきをしなくてはなりません。

笑・来年実行できるかは今の所不明。

よりよい方法より良い方法気づいても私には2本の手しかない(笑)。

・・・

昨日は台風9号で午前中は90%の雨予報。それも豪雨のはず。

16181901

(7:29残月もしっかり見える)

16181902

(9:01)

愛知県は雨予報はありませんでした。我県西部地方は90%雨。

わが家の上空はその別れ部分だったようです。

ラジオで県内台風のすさまじさを聞きながら?? 草取りしました。

?? 雨ゼロ。水キレ解消なし。

台風の被害がないことはこの上ないことです。

被害に合われた方々には心からお見舞い申し上げます。

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

ゼフィランサス (タマスダレ)

Tamasudare16081902

Tamasudare16081901

タマスダレが開花始まりました。

近辺の民家の周り、畑の周りなどに、グルリ植えてある光景をよく目にします。

わが家の庭の小径は「リュウノヒゲ」で作りましたが、

ところどころこの「タマスダレ」を入れようか迷いました。

お試しで1株植えてみましたが、4,5年で10倍くらいに増えました。

しかし、株分けしてアクセントに使うのは却下しようと思っています。

なんと、一夜にして葉が丸坊主なんて年があるのです。

犯人は勿論大量の「ムシ」crying。 eye ギャ~~downdowndown

ガーデニングに虫はつきものですが、何年たっても

沢山の足を持つモノ、足がないモノ・・・どうしても「ダメ」。

トリプル台風の進行方向の方々どうぞご注意ください。

9号による雨は1日でひと月分、風速45mなどとTVの予報。

庭の諸々が吹き飛ばされないように片づけですsweat01denimpunch

| | コメント (4)

2016年8月21日 (日)

アルセア スプリングセレブリティーズ レモン

Arusera16082101

Arusera16082102

アルセア スプリングセレブリティーズレモン ・・・はぁ~長い名前。

ようはホリホック、タチアオイの仲間。矮性です。

触れたらすぐに傷つきそうに柔らかい花びらで、優しいレモン色です。

ファーマーズマーケットで見つけて、植えたばかりです。

1ポット260円。微妙な値段です(笑)。

つまり100円ポットではないから、強いかも・・・

しかし500円を越していないから、弱くても納得しろ!かも・・・

暑さも峠を越した今からなら、冬越し可能かも・・・と植えました。

2年目のホリホック・ブラック開花時に蒔いた、ホリホックは

今40,50センチになって、これからの開花を待っている所です。

猛暑の当地では多年草、宿根草と言えど夏ごしがとても難しい。

しかし、秋冬の猛暖(笑)で夏草が2度楽しめる利点もあります。

最近天気予報が全くのハズレの日々。

昨日は午前中雨予報でしたが快晴でした。

今朝は6~9時まで雨予報ですが、気配もなく晴れです。

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

アナベル (久しぶりのシャインで…)

Annabelle16081902

Annabelle16081901

アジサイは開花後の剪定をしないで楽しむこともできますが

当地では、蒸し暑さでドライフラワーのきれいな色は期待できないので

すべて切り戻しています。

それでも、遅れて伸びた枝にこんな風に開花。

久しぶりの、シャインshineshineです。

(画像・クリックしてご覧ください)

早朝ウォーキング・・・少しずつ夜明けが遅くなって5時に出発はあと幾日可能か?

庭の彼岸花のつぼみが2つ見えてきました。

33℃前後は涼しいと感じてしまったのでしょうか?

オリンピックの重量挙げでキリバスの選手が競技後

変わったダンスをしたことが話題になり、キリバスという国にeye目が・・・。

彼はキリバスが海底に沈む懸念を訴えたかったと・・・weep

物言わぬ花も同じかも・・・。

「狂い咲き」などと言われてしまったら残念無念(笑)。

Higanbana160819

| | コメント (4)

2016年8月19日 (金)

キッチンガーデン

Nasu16081901

Nasu16081902

Kyuri16081901

Kyuri16081902

Okura16081901

Okura16081902

Piment16081901

Piment16081902

ナス、キュウリ、オクラ、ピーマン。

キッチンガーデンの野菜たちです。

5月連休前くらいに苗を購入した分の、キュウリとナスはすでに枯れました。

その後苗を植えなおしましたが、あまり収穫がないまま枯れました。

連休前に種をまいた分が今、収穫を迎えています。

野菜は夫の担当ですから私は手を出さないことにしていますが

どうも、夫は育苗が苦手?なようです(笑)。

種をまいた後、水やりは丁寧にしているようですが

その後、マス目に植え替えしたままor種を間引いたままが多い…。

もうひと手間かけて、黒ビニルポットに鉢上げして強い苗を作ってから

植えたらいいのに・・・?と野菜素人の私は思うのです。

で、ひん死一歩前の苗を、こっそりポット上げしてあげました。

苗にあったポットに植え替えするのがコツと思うのです(笑)。

今週は予報が大きく外れて4,5℃高い。高すぎます。

湿度が高すぎですpunch

| | コメント (0)

2016年8月18日 (木)

ペチュニア・ブラック

Petunia16081702_2

Petunia16081701

ペチュニア・ブラック。

上より下画像の方が実物に近い色です。

光の加減か同じ場所に咲き、見た目には全く変わらないのに

カメラを通すとこんなに違う場合があります。

親株は1つなので、違う色が出ることありません。

写真はあてにならないことも多々(笑)。

今日も、蒸し暑い。

私の体内温・湿度計は結構な確率で室内温度&湿度を言い当てられます(笑)。

今日は我慢しない方がいい湿度ですsad

| | コメント (0)

2016年8月17日 (水)

ハナトラノオ (花虎の尾)

Hanatoranoo16081705_2

ハナトラノオが開花はじまりました。

植えて2年目になります。

強健であっという間に広がるという評判でしたが、1年目はごく普通でした。

春に挿し穂をとり、2株に増やしました。

1年目の株と2年目の株では今の所ほとんど違いはありません。

暑さに強く、優しい色であり、今はもう少し増やしてもいいかなぁ~と思っています。

(画像をクリックしてご覧ください)

Hanatoranoo16081704

Hanatoranoo16081702

Hanatoranoo16081701

Hanatoranoo16081703_2

昨日よりまたまたプラスで、今日は36℃予報。

流石に35℃を越す日は、家の中で静かにすごします(笑)。

蝉もピーク時に比べたら、半分以下になったでしょうか・・・

庭にその死骸がいくつも転がっていて、草取り中はひとつひとつ

土をかぶせていきます。

昨年は雨続きで鳴く機会もなく生涯を終える蝉が気の毒でしたが

・・・ま・いろいろな年があります。

| | コメント (2)

2016年8月16日 (火)

バーベナ・青

Verbena16081301

Verbena16081302

昨日のピンクと同様、植えっぱなしのバーベナ。

春、芽摘みを兼ねて、挿し芽をして株の更新&増しをしました。

這タイプは芽摘みをしないとただ間延びして見ごたえありませんし

こんもりすると、夏は株の中央が蒸れて枯れるという欠点があります。

昨日は、バラ周りの草取り、バラの虫よけに植えているバジルの芽摘み

タイムの刈り込みなど午前中庭仕事。

ラジオでオリンピック中継を聞きながら

日本が優勢だと、手に力が入りpunch劣勢になると蒸し暑さにヘトヘbearing

終戦記念日の式典が始まり、庭で黙とうをしましたthink

午後はお買いもの・・・どこもかしこも混雑混雑。

帰省した子供たち、孫たちを連れてお買い物に来ている人でいっぱい。

わが家の娘と孫は、マルタ島から元気な画像が届きました。

解決のないテロの心配が常にあったとしても、笑顔には癒される。

孫の日本語が年齢より遅いのでは?と娘が心配するので

「あいうえお」が読めるようになった孫に、

ネットTVで絵本を読んでもらうのが、楽しみです。

どうぞ、平和でありますようにthink

| | コメント (2)

2016年8月15日 (月)

バーベナ・ピンク (花手毬)

Verbena16081305_2

Verbena16081304

バーベナ・ピンク(花手毬)。

5月末頃からすでに2か月半程開花しています。

苗の段階で、何度か芽摘みを繰り返すと、見ごたえある株に育ちます。

その後は剪定を繰り返して伸びた茎の処理をしています。

35、6年前のバーベナは、当地では冬越しができませんでした。

サントリーやキリンの種苗が発売されて、目覚ましい変化がありました。

温暖化で冬の気温もかなり変わったこともあり、今では路地で冬越し可能。

以前はは秋に挿し穂をとって、冬の間は部屋で育苗していましたし、

鉢物はかなりの数を部屋に入れていました。

↑バーベナも、すでに5,6年更新し続けている株です。

昨夜は庭の散水を楽にする方法をあれやこれや考えました。

現在はランダム7.8カ所に蛇口をつけているのですが、

ホースを持って自分が移動しなければいけません。

庭の東側に、南北に水道を配管し、3カ所に蛇口を取り付ける。

蛇口から東西に散水ホースを設定する。

可能・不可能も含め、図面を書いたり細かい計算は夫に託しますlovely

ン?? ear ear ear そんな事必要ないよと言わんばかりに

かなりの雨音がし始めました。

先々を考えると、負担を軽く庭仕事ができるように考えるのもガーデニン・goodpunch

| | コメント (0)

2016年8月14日 (日)

シロシキブ (白式部)

Sirosikibu16081301

Sirosikibu16081302

シロシキブが開花。

1本植うえたはずが、いつの間にか3本に。

手入れをしない庭は、あっという間にジャングル化することも納得させられます。

ムラサキシキブ、シロシキブ、黄ミソハギ、シマトネリコなど

暑さで草取りができない間に、こぼれ種があちこちに育ってしまいます。

10センチ程の小さい芽も、簡単には抜けないのがこれら雑木力(笑)。

今朝久しぶりに雨が降りました。

予報では雨マークはありませんでしたからほんの5~10分。

通りはお盆で車の音がほとんどなく、今朝は蝉もお休み中。

かわりに虫の音が聞こえ ホ~ッheart02 っとします。

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

ミソハギ (禊萩)

Misohagi16070501

Misohagi16070502

公園化された墓地では見られないと思いますが

田舎の個人のお墓には、ヒマワリやカンナなど夏に強い花をよく目にします。

遠目にはわかりにくいけれど「ミソハギ」も良く植えられています。

以前10年ほど続けていたHPで、庭のミソハギをupしたら

墓地の花だと教えられ、驚いたことがあります。

以来、車car電車trainbullettrainバスbus 出かけるとき

「墓」を見るとつい「ミソハギ」をさがすようになりました。

なるほどと納得する程「ミソハギ」の存在がありました。

当地に越してきて、ミソハギを庭に植えようか迷いましたが

睡蓮の存在を思えば、抵抗なく植えられました。

昨日は32℃程度で薄曇り。涼しく感じました。

朝から夜まで散水ホースを移動して水やりをしました。

久々にたっぷり水を吸った庭からは「ありがとう」「ありがとう」と

聞こえるくらい嬉しそうでした。

久々庭仕事をすると、あれもこれも目につくことばかり・・・

切り戻し、下葉の処理、少しでも風通しよくしてやらねばpunch

手入れができる幸せを実感しました。「ありがとう」のお返しです。

今日も、雲行きは怪しい色ですが、絶対に降らない(笑)。

庭日和です。

| | コメント (0)

2016年8月12日 (金)

赤花松虫草

Scabiosa16071901

Scabiosa16071902

植えて2,3年。

一日の大半は日陰の場所に植えているので夏越しもなんとか可能です。

昨夕も今朝も、空は今にも振りだしそうな雲に覆われるものの

見かけ倒しです(笑)

庭の葉モノは茶色の枯れ色で哀れ。

朝夕は散水ホースの位置を移動して、ずっと水やりしても日が出れば

あっという間に干上がり、干上がる前はまいた水で蒸れる。

悪循環ですが、水がなければ はい・それまで。

でも、多少の差はあるものの毎年の事です。

無残に葉は茶色、蒸れて腐って倒れていても

ギボウシ、クリスマスローズ・・・案外なんてことない顔して春には芽を出します。

今日はまだ曇が出ている。

1,2時間は庭仕事できそうかなぁ~denimpunch

| | コメント (0)

2016年8月11日 (木)

ランタナ

Lantana160809

熱帯アメリカ・アフリカを故郷に持つランタナ。

園芸種の白でもやっぱり夏に強い。

七変化と呼ばれる、黄色橙色桃色のランタナ(カマラ)は

あの色この色で虫を呼び、世界制覇を目指す勢い(笑)。

野草好きの私ですがcamaraはどうも好きになれない。

でも「花ってすごいでしょう?」と孫ちゃんに話すにはピッタリかもですがwink

さて、今日は久々にちょっと涼しい。やっと35℃を下回る33℃予報。

蝉の声も気のせいか、ちょっと数が減ったような…。

夕方「法師蝉」の声も聞こえるようになりました。

| | コメント (0)

2016年8月10日 (水)

ヘクソカズラ (屁糞葛)

Hekosokazura16080902

Hekosokazura16080903

子どもの頃この蔓性の花を「花天狗」と呼んでいました。

花の先端をペロッとなめて、鼻の上にくっつけると、くすぐったくて(笑)。

でもこの花の本名は「ヘクソカズラ」。

なんとも悲しい名前を付けられたものです。

しかし、その性格を知ると「屁糞葛」×10000・・・でも足りないくらいに

しつこく、手を焼かせられる 雑草です。

秋に枯れた花柄は風でどこまでも飛び、固いコンクリートの隙間でさえ

芽を出し、枯れる事などあり得ないのでは・・・。

発芽時は1枚の小さな葉で、草とは思えない可愛さです。

わが家のお隣のジャングルと化しただだっ広い(笑)庭は今この「ヘクソカズラ」だらけ。

草花も木々も呑み込んでしまう強健雑草。

お隣にあるだけなら、一向に構わないのですが

生け垣を越え、蔓は絡み種は飛んでくる憎しヘクソカズラpunch

暑いからよけい「ヘクソカズラ」憎し(笑)。

| | コメント (2)

ずんだもち

150808

「ずんだもち」です。でも正式には「なんちゃって・ずんだもち」wink

先日NH<「グレーテルのかまど」で「ずんだもち」を見て作りたくなりました。

毎日36、37、38℃いったいどこまで上がるんだ?状態で

火を使わない「ずんだもち」は、魅力魅力heart04

冷凍枝豆&砂糖はフードプロセッサーに、切り餅はレンジでチン

ラップで包んで出来上がり。

暑いsunup暑いsunup今日も暑くなるぞぉ~sunup

| | コメント (0)

2016年8月 9日 (火)

オイランソウ (花魁草)

Oiransou160801

オイランソウです。

和の名前にコロンと参って買いました。

まだ1月ほど前に植えたばかりで、語るほどの知識がありません。

ピンクの花をつけている状態で買いましたが

地植えにした後に見たら「真っ白」な花をつけていました。

花魁という名前だけあって、白、ピンクと色を変えるようです。

茎の数がまだ2,3本で、花が終わって切り戻ししてからの確認になります。

この花「フロックス」と名札がついていたら、買わなかったかもしれません。

「オイランソウ」と名札を付けた方の勝ち(笑)。

「オイランソウ」を買った、ファーマーズマーケットの苗コーナーは、通常の園芸店にはない

草花が並んでいることがあります。

それも1種類1鉢、2,3ポットと数はかなり少なめです。

数が多いものはお値段もそれなりにお安くつけられていますが

1鉢、2、3ポットの場合は、尻込みしたくなるお値段だったりします。

でも、見逃しませんeye

誰の目にも止まらず、そこに何気ない顔で並んでいるのに

ヤッタァ~と飛び上がりたくなる花に出合えたりするンです。

今日はどこまで気温が上がるんでしょう?sunupsunupsunup

| | コメント (4)

2016年8月 8日 (月)

サルビア・イエローマジェスティ

Salviayellow16072301

Salviayellow16072302

「サルビアイエローマジェスティー」

背丈も十分あり大株に育ちます。

花の表面に粘質感があり、葉にはざらざら感があり

枯れ葉やゴミが着きやすいです。

可愛いとか涼しいとか見た目にはおすすめ感が少ない(笑)。

花柄を取ってやろうにもねばねばにくっついてしまい見た目もイマイチ。

茎は支柱がないと折れ曲がりやすい。

なのになぜ長年植えているのでしょう?(笑)

猛暑、蒸れ、水キレなんてどぉ~ってことない顔していることに惹かれるのかも。

株分け、挿し穂をとり、来年はもっと広い場所でのびのび咲かせてやろうhappy01

今日からの暑さは「残暑」sunsunsun

なかなかの厳しさですが、残りモノには福があるといいますから

笑・信じましょう。

| | コメント (0)

2016年8月 7日 (日)

アップルミント

Applemint16072201

Applemint16072202

春から3,4回刈り込みをしています。

地植えにしたら手入れが大変とわかっていて植えました。

体力低下に反比例してどんどん増える威力に「おみそれいたしました」状態(笑)。

のびて倒れることも想定し、強さに対抗できるはずと

隣に「アカンサスモリス」を植えましたが、ミントに覆いかぶさられ

早急に手当しないとアカンサスが負けそう。

16080701

16080702

昨日は一日部屋にいたせいか午後になり、どこかに行きたい病が発生。

少々遠いけれどお団子やさんの「かき氷」を食べに行くことに決定car

3時過ぎのおやつにベストタイムと思いきや

「本日喫茶コーナーは終了しました」という看板が出されていてがっかり。

誰も考えることは同じ?(笑)。ガッカリで帰る人は他にも2グループ。

その足で一番近い「デニーズ」で、アイスタイム。

夫は忠告を無視し、期間限定の「桃パフェ」を選びました(笑)。

さらに今日は気温が上がるとか。

しばらくは早朝ウォーキングをやめて、5時ころから庭仕事した方がいいかなぁ…

朝は家の中の仕事もいっぱいです・・・朝食準備、洗濯、掃除

誰か替わってくれたらいいんだけど(笑)

| | コメント (0)

2016年8月 6日 (土)

ジャスミン

Jasmine16072801

Jasmine16072802

小路をジャスミンの香りが流れて来て、姿を見なくても開花がわかります。

花期が長く、すでに1月くらい開花しています。

今年は消毒をまめにしているので、葉がなくなってしまうことはありません。

油断をすると、ジャスミンが青白い虫の色で埋まってしまうほどの被害に合います。

オリンピック開催日。

頑張れニッポンpunch

どうぞ、最高の演技、試合・・・できますように。

すべてがのちの人生につながるとわかっていても、つらい姿は見るに忍びない。

頑張れニッポンpunch





| | コメント (0)

炎天下

16080501

昨日の午後はエアコンの室内で静かに静かに・・・sleepy

溜まっている録画番組を見てtv 熱中症レベル「危険」の日の正しい過ごし方です(笑)。

気温は33℃の予報だったけれど、いったい炎天下ってどのくらいの気温でしょう?

昨日午後4時・・・温度計を炎天下、芝生の上に置いてみました。

恐るべし 炎天下sunsunsun 「44.4℃」 

湿度が低い分、日陰はカラッとしていました。

この数字を見ると、朝1時間だけ草取りしようという気持ちはdowndown失せます。

今日も熱中症レベル「危険」。

夏眠したほうがよさそう。

| | コメント (0)

2016年8月 5日 (金)

ハイビスカス (サマーローズピンク)

Hibiscus16080301

Hibiscus16080302

アオイ科フヨウ属 … 昨日のこの2輪、今朝はつぼみのように閉じ落花。

今日も燃えるような日差し、耳に痛い蝉の声。

猛暑日は我慢するとしても 湿度 95%越しは pout やめて~sadsad

文句言って気温が下がるわけはなく、雨が降るわけでなく

「やけくそ」・・・「焼糞」 ??? えぇ~え(笑)。

「やけくそ」=「自棄糞」 ?? えぇ~え(笑)

「やけ」=「自棄」程度の言葉で押さえたほうが耳に優しい。

自棄を起こしてもどうしようもない暑さだから

掃除掃除掃除掃除するぞぉ~punchpunchpunch

昨日は家の点検補修などなど、職人さん7人が一日、家の中を外を上をウロウロ。

カンカンゴンゴン。

休憩時がチャンス、冷やしたペットボトルいっぱい用意して、

庭木が好きな職人さんを捕まえて木々談義。

「杉の皮」を張った小屋が欲しいだの(笑)夢をちょこっと言ってみる。

「製材屋さんに声をかけといてやるよ」などと言ってもらえて嬉しい。

こういう話しはすぐに現実になるとは限らないし、消えてしまうかもしれない…

しかし、プロの話には、ヒントがイッパイheart01

| | コメント (2)

2016年8月 4日 (木)

リコリス

Lycoris160802

Lycoris160803

リコリスが開花。

「暑さ寒さも彼岸まで」・・・リコリスも彼岸花の仲間というだけど

どこかほっとするところがあります。

最近は彼岸過ぎて、10月でも半袖でOKだったりしますから

今年は如何でしょうか…。

4,5年は植えたままずっと1本だけでしたが今年は3本。

2日にはまだ1本開花で残り2本はつぼみでしたが

3日には3本とも開花。

ゆっくり増えていくのもいいもの。

| | コメント (2)

2016年8月 3日 (水)

ゴーヤの佃煮

16080101

1本100円、2本で100円…3本で100円になるとさすがに食べきれず

佃煮を作ることになります。

ゴーヤ 500グラム ・・・ ゆでて、水分をよく絞っておく。

砂糖100グラム、酢40CC、醤油50CC…沸騰させ、ゴーヤを入れ煮詰める。

おかか&いりごまを混ぜて完成。

冷茶づけのお供にピッタリです。

| | コメント (0)

ヤブラン (藪蘭)

Yaburan160728

ヤブランが開花。

昨年までは画像の株↑は直径50・60センチ程の円形株でしたが

シランとシュウメイギクに押されて少々貧弱ぎみなことに驚きです。

そのシランとシュウメイギクは互いの株の中に入り込み始末に負えません。

今年は地上部が枯れたら大手術した方がよさそう。

笑・わかっていても、ついつい後回しor忘却。

夕べは局地的大雨の警報が出て、水不足解消かと期待したのに

4時過ぎに警報は解除され、空振りお終い。

以前は梅雨明け直後は、カ~ッと照りつける晴天が続き

漬けた梅を安心して干せたのに

ネットリジットリした曇り交じりの晴ればかりで、梅が干せません。

庭で感じる異変は、とんでもない異変の一部なのでは?

Yaburan160731

斑入りヤブランはまだ一輪の花芽もなく涼しそうです。

| | コメント (0)

2016年8月 2日 (火)

三遠南信路

16080107

日曜日34,5℃になる予報を見て、避暑ドライブに行くことに決定。

ところどころ開通している三遠南信路で飯田辺りまでを予定してrvcar

道の駅で「桃」を買うのがひとつの目的です。

売木の道の駅で「山栗」を買うのも楽しみ。

この季節は冷凍とわかっているけど、天津甘栗とはちょっと違う(笑)。

16080108

味見の栗を手渡しされ「1袋700円。2袋なら1200円annoy

窯から取り出したアッツアツでは2つ買わなきゃpunch(笑)。

おまけに1つかみ2つかみ足してくれたけど

看板に下げられた値段札は取り外し自由でした。平日はいくら?(笑)。

16080102

16080103

16080104

16080106

そば道場の道の駅で「桃」を買ったら、先に行く気力が下降(笑)。

中央高速で松本以北へ行くコースに比べたら

「涼」も気分もだいぶ地味ですがお気軽気分転換コースです。

| | コメント (0)

2016年8月 1日 (月)

クマゼミ (熊蝉)

Kumazemi16073101

Kumazemi16073102_3

庭のクマゼミです。                  (画像クリックで大きく見えます)

庭を歩くと一斉に飛ぶ蝉の数…例年以上です。

昨年は雨が多く、鳴くに鳴けず、土中生活を1年延長したのかと思うほど今年は多い。

シャゴシャゴともミーンミーンとも賑やかすぎて鳴き声は区別がつきません。

昨日のアブラゼミ以外2種いるように思い、camera写しましたが

画像確認すると油蝉・クマゼミのみでしたeyecamera

eye目よりcameraカメラの方が確か(笑)。

クマゼミは前を向いたまま、鳴きながら後ずさりしたり

上画像のようにのっしのっし歩き回ったり忙しいです。

一旦鳴き出したら、止まっている木をたたいたくらいでは逃げません。

今日は9時で鳴き止むか、10時に鳴き止むか・・・気温が上がればピタリ止みます。

鳴かないほど温暖化が進んだら世も末sign03

| | コメント (2)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »