« ウォーターバコパ | トップページ | サンマの炊き込みご飯 »

2016年10月16日 (日)

ウメモドキ (梅擬)

Umemodoki16101602

Umemodoki161012

Umemodoki16101601

ウメモドキが色づきました。

雌雄異株とされ、確かセットで植えたはずですが、雄は消えました。

雌雄の区別は、実の量でわかると思うのですが・・・残念2つ並べられません。

ではなぜ、この木が雌とわかるのかと言いますと・・・

庭を散策する場合、右回りに回ることがほとんどの為

雌雄異株木を2本を植える場合は

右周り向き、ひな人形のお内裏様の並べ方で植えている為です。

どちらかが枯れて、なぜわかるのか?・・・笑・記憶力はまだ大丈夫。

(5,6年前通路を挟んで植えました)

この季節、真っ赤な実が多い事・・・

鳥に沢山食べてもらえるように必死のアピールです。

それらはみな、初夏の頃に開花します。

咲いたことを知られぬようにひっそり開花します。

なぜかわかりますよねflair

で、鳥の目は「赤」が良く見えることが想像できますflairflair

|

« ウォーターバコパ | トップページ | サンマの炊き込みご飯 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

●文さんへ
目をつけているカラスウリの色付きを待っていると
あっという間になくなってしまいます(笑)。

リースにするのは「ツルウメモドキ」で
ウメモドキとは別物ですwink
ツルウメモドキのリースは人気者ですよネ。

投稿: 草もみじ | 2016年10月16日 (日) 13:33

タイトルの烏瓜と言い、梅擬と言い、本当に秋らしく、私の大好きな植物です。
烏瓜は、ドライブ中の山すそで、頂いて、暫く玄関に飾っていた去年のことを思い出します。
残念ながら、今年も出かけてみましたが、見つけることができませんでした。
梅擬は、リースのように、丸く結わえて、売っている売店が去年ありました。
どちらも赤く色づいて素敵なお写真ですね。

投稿: 文 | 2016年10月16日 (日) 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウォーターバコパ | トップページ | サンマの炊き込みご飯 »