« 秋バラ ⑤ | トップページ | レモンマリーゴールド »

2016年11月 9日 (水)

ペットボトルde挿し木

Sasiki161109

昨日定植したバラの、予備用に挿し木をしました。

ペットボトルを半分に切り、キャップに数カ所穴をあけ、

赤玉小粒を入れ、下ボトルに水を入れて容器完成。

発根剤をつけた挿し穂を、赤玉土のボトルに差し込むと

ゆっくり水を吸い上げ、挿し穂が固定されます。

キャップ部分が常に水中に入っていることを注意すればOK。

春までに、キャップにあけた穴から発根がeye確認できます。

12月末に行うバラの剪定も「ペットボトルde挿し木」ならほぼ成功すると思います。

勿論、室内で管理です。

暖かい地方なら、ビニル袋に受け皿を置き、挿し木をした鉢を入れておけば

室外でも、50%くらいは成功します。

私は、椿は花が確認できる冬に挿し木をしています。

挿し木の経験のない方は、正しい季節に行ってください。

|

« 秋バラ ⑤ | トップページ | レモンマリーゴールド »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

●でんでん大将さんへ
同じ種類を沢山挿す場合は、1.8リットルボトルもgoodです。
ヒヤシンスの水栽培を楽しむとまではいきませんが・・
eyeキャップから根が出てくると嬉しいですよ。

投稿: 草もみじ | 2016年11月10日 (木) 08:07

なるほどアイデアですね~
雪国では今の挿し木は無理ですので、来春にでも試してみます。

投稿: でんでん大将 | 2016年11月 9日 (水) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋バラ ⑤ | トップページ | レモンマリーゴールド »