« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月30日 (水)

ブリ大根

16113001

16113003

アラ炊きブリ大根。

ブリあらを沸騰したお湯にくぐらせ、流水で汚れを洗い流す。

そのあたりまでの魚のにおいは・・・fishdownさすが生もの(笑)。

圧力鍋に大根、ブリ、1000CC水、しょうがを入れ、煮立たせてあくをとる。

みりん、砂糖を入れ15分…圧をかけず煮る。

醤油を入れ、ふたをして圧力5分、おもりが下がったら、ふたを開けて煮詰める。

箸を使うと煮くずれてしまうので、次は圧力3分にしよう。

圧力鍋の欠点はあく抜きができないこと。

あく抜きをしない煮込みは・・・いまいち。

で、あくを抜いてから圧をかけてみました。

| | コメント (4)

一番星みつけた

Kinsei16112901_3

Kinsei16112902_2

昨日帰宅したとき南西上空に金星がshineshine 。

日没が早くなり、キラキラがずいぶん目立つようになりました。

着替えもせず、急いでカメラを向けました。

懐中電気なし・・・えぇ~っとえぇ~っと・・・レリーズもなし 

camera カシャ カシャ カシャ 

みんな感でset しましたが、写ってました。  一番星。

近眼の肉眼eyeには「金星」しか見えていない夕空でしたが、ビックリnight

(画像クリックで星空が見えます)

もう少し時間をかけてまじめに写したいpunch...けど

庭を放り出し、家事を放り出し、予定が変わる母の用事を済ませ帰宅すると

わが家の用事は手づかず待っている・・・疲れたdown

| | コメント (0)

2016年11月29日 (火)

カワラナデシコ (河原撫子)

Kawaranadesiko161129

Kawaranadesiko16112902

カワラナデシコ赤です。 

白とピンク3食、2株づつ植えましたが、現在開花中は赤のみ。

咲き終わった白の株は確認できますが、ピンクは地上部が確認できません。

根が生きていることを祈るのみ。

撫子の種類は多く「ナデシコジャパン」のナデシコはいったいどの花か?

一時期話題になり、色々な種類のナデシコが紹介されていましたが

「カワラナデシコ」に落ち着いた感がありました。

楚々として、可憐な花です。

***

今年は美女撫子の種を蒔きました。

| | コメント (2)

2016年11月28日 (月)

アジの干物

16112402

アジの干物を作りましたpunch

10%の塩水500CC、酒50CC程につけ込み、数時間干すだけ。

ふっくらと焼き上がり美味しい。

魚を干すネットを買おう買おうと思いながら2匹程度なら

プラザルにプラザルをかぶせてOK。

最近は目玉商品以外は、三枚おろし、背開きまではプロがしてくれるので

干物も簡単。

| | コメント (6)

2016年11月27日 (日)

ギンモクセイ (銀木犀)

Ginmokusei161124

ギンモクセイ開花していました。

ことし3回目。

真夏日近い気温のあと4,5℃低い日が来る繰り返しで勘違い開花と思います。

11月後半ですから、勘違いしているのは、季節の方なんだけど・・・。

季節の言い分を聞けば・・・ごめんなさいとしか言えない。

秋バラはこの気温が嬉しそうですし、

チュウレンジバチの幼虫は元気なバラの葉を食べつくそうpunchの勢いです。

植物も虫も人も・・・与えられた環境に適応していく能力はすごいsign03

笑・今日もガンバロ~denim

| | コメント (2)

2016年11月26日 (土)

名札 ③

161125

名札づくりは水面下(笑)で続いております。

画像左側の札丈は45センチ、3.2ミリと2ミリのステンレス針金を使いました。

背丈があり、株が大きい草花に立てます。

画像右側の札丈は30センチ、背の低い優しい草花の札になります。

落葉した現在の庭はすでにつけた札がチラチラ目障りです(笑)。

芽吹きの頃から、徐々に葉に隠れてしまいますから、しばらくの我慢。

庭の植物整理をするために、札立てを始めましたが

踏み出した途端に、2ミリのステンレス針金すら1本も切ることができず

挫折しかけましたが、下請け業者に発注し(夫・笑)二歩前進。

正直、もうdown(ヤメタイ)・・・今月中には札立てはおしまいにしたい。

昨日はハーブ類の刈り込みをしました。

あちこちで積雪のニュースは見ていますが、当地での作業は暑かったです。

途中1枚脱ぎ、2枚脱ぎでした。

草の伸びがゆっくりになったとはいえ、1週間も庭をお休みすると

落ち葉と冬草の競演が見事なんです(笑)。

| | コメント (2)

2016年11月25日 (金)

大神楽 (椿)

Daikagura16112402

Daikagura16112401_2

古典椿「大神楽」が開花始まりました。

以前では全く好みでなかった大花、それも絞模様はほとんど植えていません。

最近は好きな黒系花の椿はみんな「カメリア」と思います。

それがちょっと悔しい?というか淋しいというか・・・

で、「古典椿」の文字についつい手を伸ばしたのです。

江戸時代の人々は絞模様が好きだったのかなぁ~

と思うことが他の花の絞でも感じます。

笑・タイムマシーンがあったらちょっと行ってみてきたいです。

HCの苗木売り場で見つけ植えたもので一般的な椿と思います。

| | コメント (2)

めんたいスパ

16112401

もっちもち麺のメンタイパスタ。

16112404

16112403

フムフム・・・

麺が命ってことだな。

| | コメント (0)

2016年11月24日 (木)

マンサク (満作)

Mansaku16112101

Mansaku16112102

来春早々に咲かねばならないのに、師走直前開花、ご苦労さまです。

よく似た、「シナマンサク」もすでに開花しています。

もちろんどちらも「先ず咲くマンサク」で、早春が適期開花です。

毎年のように冬に桜が開花して、ニュースになり、最近は当たり前。

狭い狭い庭の中の異常は広い広い世界の異常。

めったにないから「返り咲き」も美しいのに・・・。

| | コメント (2)

2016年11月23日 (水)

サルココッカ

Sarukokokka16112102

Sarukokokka16112101

サルココッカの実です。

随分前に種をまいた実生の木です。

花も地味、葉も地味・・・ではなぜ庭にあるのかと申しますと

「サルココッカ」という可愛い名前についつい惹かれて

実を蒔いてしまったからです(笑)。

一年にのびる丈はわずかの為、刈り込みも剪定もほとんど不要。

暑さ寒さに強く、病害虫に強く、・・・性質は申し分ありません。

落葉樹がほとんどの庭に丈の低い常緑樹・・・shine

カツラの木の下にでも植えなおした方がよさそうです。

人の目と手がはいる間は、庭と呼ばれますが

手におえず投げ出せば目も当てられないジャングルと化します。

体力と気力が永遠でありますように(笑)。

| | コメント (0)

2016年11月22日 (火)

マルバノキの花 (丸葉木)

Marubanoki16112102

マルバノキの花です。

遠目ではほとんど開花に気づくことはないと思います。

また開花に気づいても、背中合わせに開花してるなど気づきにくい小さい花です。

Marubanoki16112101

↑左の花

Marubanoki16112103

↑右の花

左右ほとんど同じ花に見えます。

別名「ベニバナマンサク」と呼ばれるそうですが

「ベニバナマンサク」とは全くの別物です。

「ベニバナマンサク・モドキ」とでもしないと間違えると思います。

地味な花ですが、不思議さでは十分ひきつけられます(笑)。

そして、新緑の美しさは格別です。

| | コメント (4)

2016年11月21日 (月)

サザンカ (山茶花)

Sazanka16112101

Sazanka16112102

実生のサザンカが開花しました。

種をまいて7、8年かかって今年初めて開花しました。

種はいくつ蒔いたか忘れましたが、鉢上げし、地に下ろしたのが3本です。

1本は昨年開花し、白とピンク交じりの絞花でした。

あと1本はまだ開花していませんが、どんな花が咲くのか楽しみです。

今日は、曇りのち雨。昨日より4℃低い19℃予報。

朝の服装で一日過ごせない難しい天候続き。

| | コメント (2)

柿の葉寿司

Kakinohazusi16111803

Kakinohazusi16111802

Kakinohazusi16111801

18日の妻籠行きを決めたのは、くりぬき盆を探すこと&

山野草の植え替え時期で、ホンマモン苗を購入できるかも・・・という

期待で、行くことにしました。

実は、奈良まで「柿の葉寿司」を食べに行こうか?(笑)。

も惹かれる行先で、迷って妻籠に軍配が上がったのです。

帰路、新東名サービスエリアでeye「柿の葉寿司」を見つけましたshine

美味しかったです。

| | コメント (0)

2016年11月20日 (日)

妻籠宿

Tumago16111806

Tumago16111802

Tumago16111803

Tumago16111804

Tumago16111807

Tumago16111808

Tumago16111809





Tumago16111821

Tumago16111810

Tumago16111811

Tumago16111812




Tumago16111813

Tumago16111815

Tumago16111819

Tumago16111820

Tumago16111808_2

Tumago16111823

Tumago16111825

Tumago16111828_2

Tumago16111829

11月18日(金)中山道妻籠宿に行ってきました。

高速でほぼ3時間で到着で、少し歩いてお食事。

午後散策して帰路につけば5時少し前帰着。

笑・でも疲れましたcar

中山道宿は何度も何度も行っています。ご覧いただいた通りです。

遺伝子にこんな風景を求める何かを持っているんでしょうネ(笑)。

2,3年するとまた行きたくなるんです。

お昼を過ぎるとお食事を済ませた団体客が押し寄せてきて

その半分は西洋のお顔の方でした。

***

さて、さて・・・

今日をいい日にして過ごそうpunch

| | コメント (2)

2016年11月19日 (土)

スティックパン

161119

今朝は早起きしてスティックパンを焼きあげました。

チーズ味でないことが残念(笑)。

というのは・・・実は、バターロールを焼くつもりで一次発酵終了時点で

生地にグルテンがまったくなく、クリーミーなことに気づきました???。

小麦粉を菓子用粉スーパー○○を使ったことに気づきました。

食パン用、菓子パン用、フランスパン用、ケーキ用の小麦粉を

常時同じ容器で保存している為の名前の見間違えです。

甘さ控えめ調理パンの配合ならば、おろしチーズor粉チーズなどを叩き込んで

食事用のスティックパンに変更しても美味しい。

菓子パン用配合ならば、ドーナッツに変更しても美味しいです。

16111702

失敗生地を、生かすも殺すも長年の主婦の冴えた感が頼り。

美味しく生かせないものは、あっさり没downにします。

とはいえ、

やっぱりフワフワバターロールでブランチがよかったナweep

| | コメント (2)

ウィンターコスモス

Wintercosmos16111801

Wintercosmos16111802

ウィンターコスモスです。

細長いボーダーガーデンのウィンターコスモスはお隣通しで支え合って

姿形よく開花とはいかず、支柱と棕櫚紐で立っています。

こんなに暖かければ、花柄摘みを兼ねて思い切って切り戻しをしようと思います。

今年は白やピンクのコスモスは植えていませんのでupできませんが

ひょっとしてウィンターコスモスも同じかと今朝折ってきて写しました。↓

Wintercosmos16111803_2

ウィンターコスモスはコスモスに似ていて非なるものとわかります。

コスモスをご覧になる機会がありましたら、虫めがねで花の中を覗いてみてください。

そんな程度での感動も「宇宙」並み(笑)。

| | コメント (0)

2016年11月18日 (金)

イソギク (磯菊)

Isogiku16111801

Isogiku16111802

イソギクが開花しはじめました。

ご長寿モノで、10年いやいやもっともっと20年もっとかも・・・長いおつきあいです。

関東地方から東海地方にかけての海岸に咲く花らしいです。

しかし海岸では見たことがありません。

お店でごくごく売られていた苗ですが・・・そういえば苗も、最近はみかけません。

ってことは? 貴重な花?? 

なんて(笑)・・・ほったらかしておいても、すくすく育つので、お気軽のおつきあいでOK。

春から2度ほど刈り込みをして開花させました。

花が少なくなるこの季節に元気をもらいます。

| | コメント (0)

2016年11月17日 (木)

立待月没

16111701

スーパー満月は雨。

スーパー十六夜は強風と曇。

スーパー立待月は雲。

今朝洗濯物を干そうとしたら西の空に、立待月の朝帰りが・・・(笑)。

見慣れた朝の月ですが、やっぱりちょっと大きいshine

***

昨日の朝、雨戸をあけてeyeビックリ。

植物につけた名札が目立つこと目立つこと。

落葉樹の庭は冬に向けて日に日に丸裸(笑)。

幹につけた名札、地に差し込んだ名札の高さがバラバラで

風でピラピラ・・・白い名札が目障りでなりません。

あと2,3倍は付ける名札・・・想像したら怖い(笑)。

とりあえず、札の位置を地上45センチ程に、

幹の南側(部屋から見えない)につけなおしました。

頭の中を整理しながらの作業は、

集中している間に終わらせたいのですが・・・つまづくと、一気にdown

笑・困ったモンです。

| | コメント (0)

2016年11月16日 (水)

ホトトギス (杜鵑草)

Hototogisu161104

Hototogisu16110402

そろそろおしまいになるホトトギス。

鳥の「ホトトギス」の模様に似て名付けられたのは

このタイプなのか?それとも前回upしたものか? はたまた別のモノか?

「ハクラクテン」ほどの繁殖力はありませんが、元気モノです。

昨日は23、4℃の暑さでした。

雑草の生育は言うまでもないことですが・・・蚊取り線香たいての草取りは

11月半ばには不釣り合いです(笑)。

| | コメント (2)

2016年11月15日 (火)

名札②

161115

昨日はノートを持って、庭の樹木の名前をメモしました。

樹木、アジサイ、ジキタリス類・・・おおよそ130の名前をメモしました。

図鑑、種苗店・苗木屋さん、植木屋さんの注文書と見合わせて・・・

名前に間違いがないか、呼び名など確認し、名札づくり第二弾に入りました。

購入時添付されている名札の通り名前を憶えていても

??? 疑問なことがあるんです。

最近はお店の札が、勝手に移動できないように、ホッチキスで止めてありますが

20年前は、勝手移動の札が多かった(故意ではないと思います・笑)。

草花程度は苗の状態で違いは大半はわかると思いますが・・・

樹木の名前だけは、はじめてお目にかかることが多いわけで

? ・・・ たま~にですが、別物なんてあるんです。

素人の私だって庭の名札に間違いなんて嫌なのに

あ・自分の庭だからかな(笑)。

| | コメント (0)

2016年11月14日 (月)

ヤブコウジ (藪柑子)

Yabukouji161104

ヤブコウジの実が色づきました。

丈が20~30センチ程、日陰に植えている為実の色づきに気づきにくいです。

レンズを向けて、camera ギョ eyeeye カイガラムシが幹にビッシリ。

植えて7年たってもほとんど増えないことでも、場所に問題有とわかります。

スコップで掘り起こそうとすると、バラバラと根崩れして不健康な根ばかり。

すべて処分して、新しく購入した方がいいことはわかりきっていますが・・・

手が回らなかっただけの理由なら「ごめん」じゃ、すまされない。

大小2つに分けて鉢上げしました。

やわらかい秋冬の日差しを当てて、健康を取り戻してくれたらいいのですが。

万両、千両、百両、・・・一両、そしてこのヤブコウジは「十両」と言われます。

姿形はヤブコウジが一番ステキかも。

あ・庭の千両が怒るかな?(笑)。

| | コメント (6)

2016年11月13日 (日)

名札

161113

庭の植物には地中に差し込む木片、プラスチック、茎や幹に下げるなど

覚書程度の名札をつけています。

しかし、半年もすると日焼けで文字が消えたり、泥はねで見えなくなったり

ガーデンマジックで書いても、鉛筆で書いても泥はね、日焼けで見えなくなります。

多年草、宿根草、球根など花の季節でない時は、その存在場所をすっかり忘れて

掘り起こし、痛めてしまったり・・・weep

で、ラミネーターで新しく名札を作ることにしました。

名札の為だけとはいえ、せめて3年、いや2年?もってくれたら

ラミネーター購入もお安い買い物になります。

A4サイズ100枚、名刺サイズ300枚・・・なかなかの量でメンド~(笑)。

ラミネーターにセットする前の作業はあれこれ思案で時間がかかりました。

結果、札は縦型1穴、記入は名前のみで決定。

バラ、椿、果樹の札がなんとか完成で昨夜はsleepy

夜中に目をさますと、植物の名前が頭の中をグルグルグルグル・・・

笑・あせらずのんびりなんて無理。

集中しないとできない作業だと、痛感中。

| | コメント (2)

2016年11月12日 (土)

テッポウムシ (鉄砲虫)

Teppoumusi161109

テッポウムシですdown

昨日も、今日も・・・明日から1週間も、20℃、21℃予報で

バラはどんどん蕾をつけるし、申し分ない日和up

しかし、快適は草にとっても同じ、ホトケノザ、オランダミミナグサ・・・

少々ゆっくりになったとはいえ、カタバミの発芽・・・夏冬草の競演には参りますdown

真夏の、草取りだけに追われる日々からは解放されて

気づいたことを後回しにしないで済むって、快適heart04

テッポウムシも見つけられなければ、あきらめていた1月前とは違います。

このバラの、挿し穂は確保しているので、株を掘り起しeye 見つけ出しました。

punch bomb punch down 抹殺。

随分、食べきっている幹ですが、毛根が少し残っていました。

茎を30~40センチ残しカットし、バケツで1,2時間水を吸わせ、再び植えました。

ダメもと程度です。

やらない方がずっと体力的に楽ですが、毛根を見てしまったら、可哀想で・・・weep

こうして、行った挿し木の鉢上げ、育った苗の鉢替え作業に追われています(笑)。

| | コメント (0)

2016年11月11日 (金)

皇帝ダリア

Kouteidaria16111104

皇帝ダリアが開花しました。

一昨日の冷強風で、あっといまに半分は凍ってしまいました。

吹き飛ばされた枝を拾って、花瓶にさしたら今朝↑ 開花しました。

枝数は減ってしまいましたが、また19℃に戻るという予報に

残りの蕾も開花できそうです。


Kouteidaria16111103_2

Kouteidaria16111102

昨日からの雨も上がって今日は気持ちいい冷たさです。

下半身の見事な太さとは不釣り合いなほどさみしいてっぺんです。

Kouteidaria16111101_6

幹の太さは太いものは直径10センチ程、丈は4mくらいでしょうか。

少々の支柱では耐えきれず、コンクリートのおもりをつけた鉄棒を

地中に埋めて、まるで檻?(笑)。

正直こんなに大物になるとは思いませんでした。

バラのアーチをくぐると・・皇帝ダリアを中心にした円形花壇note

なんて想像していたのですが、アーチをはるかに越して、花壇は太い根でいっぱい。

2月を過ぎると、のこぎりで薪のように切りそろえて腐らせます。

暑さで蒸れても、台風で倒れても、株が凍っても

毎年毎年、びっくりする丈に育つ元気モノpunch、小さい花が好きなんて

皇帝ダリアの前では言えません(笑)。

最後の縦長画像はクリックで大きく見ることができます。

大きいでしょう?(笑)。

| | コメント (4)

2016年11月10日 (木)

レモンマリーゴールド

Lemonmarigold161107

レモンマリーゴールドです。

黄コスモスではありません。

・・・というように、コスモスに似たほうがレモン。

印象はほとんど同じ「ミントマリーゴールド」↓ですが、全くの別物です。

Mintmarigold161021

昨日は吹きました吹きました、空っ風。

とんでもなく大きい「皇帝ダリア」が一日で半分枯れてしまいました。

開花直前の強風で、草取りしている周りに

つぼみや枝がパラパラ落ちてきても、なすすべもありません。

今朝、つぼみのついた枝を拾って、短く切って花瓶に挿しました。

そろそろ生け垣の上からあのお宅も、あのお宅も・・・

薄紫色ののっぽのダリアがあちこちで見られる季節なのに、残念。

| | コメント (2)

2016年11月 9日 (水)

ペットボトルde挿し木

Sasiki161109

昨日定植したバラの、予備用に挿し木をしました。

ペットボトルを半分に切り、キャップに数カ所穴をあけ、

赤玉小粒を入れ、下ボトルに水を入れて容器完成。

発根剤をつけた挿し穂を、赤玉土のボトルに差し込むと

ゆっくり水を吸い上げ、挿し穂が固定されます。

キャップ部分が常に水中に入っていることを注意すればOK。

春までに、キャップにあけた穴から発根がeye確認できます。

12月末に行うバラの剪定も「ペットボトルde挿し木」ならほぼ成功すると思います。

勿論、室内で管理です。

暖かい地方なら、ビニル袋に受け皿を置き、挿し木をした鉢を入れておけば

室外でも、50%くらいは成功します。

私は、椿は花が確認できる冬に挿し木をしています。

挿し木の経験のない方は、正しい季節に行ってください。

| | コメント (2)

秋バラ ⑤

2016autumnc6

アプリコットネクター

2016autumne1

ヘルシューレン

2016autumnc3

クチュローズ・チリア

2016autumne3

桜貝

2016autumne5

しのぶれど

2016autumnf2

ピエールドゥロンサール

2016autumnh1

赤旦紅心

2016autumnh2

ディスタントドラムス

2016autumnf3

新雪

2016autumng3

ピース

***

わが家の小さいバラ園の紹介は今回でおしまいです。

50種ほどのバラですが、手が足りず残念な状態だったりしますが

見て頂いてありがとうございます。

春にはもう少しup (笑)・・・ ガンバロー。

最後はやはり、サンフランシスコで平和を願う50か国の代表のテーブルに

メッセージカードと共におかれた平和の象徴「ピース」にしました。

We hope the Peace rose

will influence men's thoughts for ever lasting world Peace.

| | コメント (0)

秋バラ ④

2016autumna6

シャルダンドゥフランス

2016autumnb3

ラ・マリエ

2016autumnc1

セバスチャンクナイプ

2016autumnc4

デンディベス

2016autumnd3

ブライダルホワイト

2016autumnd4

グレッチャー

2016autumne2

クィーンオブスウェーデン

*

昨日は午後から雨の予報で、午前中で鉢植えのバラを4、5鉢地に下ろしました。

先日の花フェスタ公園内のバラ店で、地に下ろす時期を確認したので

根付いて欲しいのですが・・・。

テッポウムシの被害で年、数本は枯らしてしまいます。

それを見越して、苗木を育てているのですが、地に下ろすのに3年かかります。

7号鉢まで育て、大丈夫と思っていたのですが・・・念には念で

7号鉢が根詰まりする手前まで育てることにしました。

バラにかかる手間があまりに多すぎて、音をあげそうになりますdown

あれもこれもあれもこれもあれもこれも・・・ほかの花も待っています。

好きだけでは、手が回らないことばかりですが

どんな状態でも咲いた花に「ありがとうheart04」です。

| | コメント (2)

2016年11月 8日 (火)

オガタマノキ (黄心樹)

Ogatama161107

本来は4月頃の開花ですが、最近何度か開花しています。

あま~く、うっとりするような香りで、開花していることがわかります。

小豆色のオガタマとこのタイプと4本程庭に植えていますが、

度々開花するのはこの1本のみ。

移植が苦手とききますが、以前の庭から掘り起こして、無事根付いています。

落葉樹が主な庭でこれからの季節は、目隠しの役目をしてもらわねば・・・

急に「早く大きくなれ、もっと大きくなれ」と願うのです(笑)。

| | コメント (0)

なめたけ

Nametake161107

「なめたけ」です。

市販の瓶詰めとは比較にならない美味しさらしい・・・で作ってみることにしました。

ごはんのおともになる、箸休めのような一品が(も)好きでつい・・・(笑)。

先日の「おこし」をお友達に届けたら

友人「こんなものを作ろうと思うこと自体が普通じゃない」

と言っていました。

なめたけを瓶に詰めて届けたらたぶん

友人「だから、塩分考えなさい」・・・というだろうな(笑)。

大切りの焼き豚入りのチャーハンを作ってもらって、の会話なので

けんかではありません。

横道にそれましたが、私は瓶詰め「なめたけ」が苦手ですが、手作りはOKでした。

えのきだけ ・・・ 200グラム(1パック)

だし汁 ・・・ 75CC

酒、みりん、しょうゆ ・・・ 各大1.5

①えのきの石づきを切り、3等分する。

②鍋に、だし、酒を、えのきを入れて、しんなりするまで煮る。

③みりん、しょうゆを入れて3~4分煮る。

集めた豆皿、小皿を生かしたいという目的もあるのですが、小さい手間が好きです。

| | コメント (0)

2016年11月 7日 (月)

花フェスタ記念公園

Festarose16110401

Festarose16110402

Festarose16110403

Festarose16110404

Festarose16110405

Festarose16110406

Festarose16110407

Festarose16110408

Festarose16110409

Festarose16110410

Festarose16110411

Festarose16110412

Festarose16110413

Festarose16110415_2

Festarose16110416

Festarose16110417

Festarose16110418

Festarose16110419

Festarose16110421_2

Festarose16110414

岐阜と言えどまだ紅葉は始まったばかり・・・

広い園内、スニーカーを履いてこなかったことを後悔しながら

コンデジで土の状態、花の名前等々・・・目的は果たせホッ。

| | コメント (4)

2016年11月 6日 (日)

ターシャの庭 (秋)

Festatasha16110401

Festatasha16110402

Festatasha16110403

Festatasha16110404

Festatasha16110405

Festatasha16110406

Festatasha16110407

Festatasha16110408

Festatasha16110409

バラ祭りがおしまいになる前にと、11/4花フェスタ記念公園に行ってきました。

秋の「ターシャの庭」のupです。

庭そのものはあまり手を入れないのかな?と思えるほど自然風。

「アカマンマ」や「ミズヒキソウ」が元気いっぱい育っていました。

「ターシャの声」が流れている建物の中は、3,4組の人でほぼいっぱい。

係りの方の雰囲気も大分違って・・・ちょっと残念(笑)。

またいつかの機会にでかけてみましょうcar

ローズヒップにお別れのあいさつをして、今回はお終い。

| | コメント (0)

宇宙芋 (エアーポテト)

Uchuimo16110602_2

頂き物の「宇宙芋(エアーポテト)」です。

突然目の前にゴロッと出され「うゎeye 何?これ??」でした。

お手軽端末でササッと検索して見せられ「何モノ」かはわかりました。

友人は「宇宙芋ご飯」 で1度味わったので、あとは全部「あげる」とのこと(笑)。

つまり・・・たぶん・・・だろうことはわかりました。

Uchuimo16110601_2

「特大むかご」と思えばよさそうで、「梅肉和え」にしてみました。

??どうもイマイチでさらに梅を足し、おかかを混ぜてみました。

笑・どうしようあとの「宇宙芋」down

以前「ヤーコン」という芋?の効能が話題になりましたが、あれと同じかなぁ~wink

| | コメント (6)

2016年11月 5日 (土)

トキワロウバイ (常盤蝋梅)

Tokiwaroubai16110401

Tokiwaroubai16110402

Tokiwaroubai16110403

トキワロウバイが開花はじまりました。

年末から年始にかけて開花する「ロウバイ」と同様「蝋細工」のような花ですが

香りはほとんどありません。

葉は椿の葉のように艶々。

一日を通して半日陰に植えているせいかもわかりませんが

幹、枝ともに柳の枝とまではいきませんがビシッと決まりません(笑)。

植えて5、6年まだ、クネクネ、垂れる性質を生かしきれずにいます。

しかし病害虫被害はほとんどなく、裸木ばかりになるこれからの季節は

常緑樹の力の見せどころ。

| | コメント (0)

2016年11月 4日 (金)

ツワブキ (石蕗)

Tuwabuki161104

ツワブキが見ごろになりました。

夏の暑さで株もとが蒸れて腐ってしまうことが度々です。

気づいたら早めにそれらを取り除き、風通がよくなるように手を入れれば

ほどなく復活すると思います。

株分けも簡単で、シャベルで掘って、埋める程度で簡単に根付きます。

種が風で飛ぶのか、草取りの際根を切って、他に移動させてしまうのか

思わぬところに芽を出すことも度々あります。

手のかからない花は、ありがたく貴重です。

| | コメント (2)

2016年11月 3日 (木)

ボリジ

Borage161031_2

(クリックで少し大きく見られます)

今年の春から夏にかけて開花したボリジの二世です。

水気の多い茎は、夏の蒸れで病に倒れてしまいますが

黒く大きい種はやっぱり生命力あります。

eyeあっち eyeこっちから芽を出し開花を始めました。

イングリッシュガーデンはやっぱり涼しさあってナンボの世界(笑)。

蒸し暑さには報われないことが多いけれど、千にひとつでも・・・

嬉しい開花があるから、また今日もpunch ガンバルのだ。

| | コメント (0)

2016年11月 2日 (水)

秋バラ ③

2016autumng2

ホワイトウィングス

2016autumne6

姫バラ・ワンダーファイブ

2016autumnc5_2

正雪(まさゆき)

2016autumnf1

モンシャルダンエマメゾン

***

過ごしやすくなりました。

暑からず寒からず、日差しが柔らかです。

それでも午後の空っ風に似た強風は、冬支度を忘れるなと言っているようです。

艶々で大きく育ってきたガーデンシクラメンの葉が強風で吹き飛びました。

来春には定植できそうに育った鉢植えバラの支柱をしっかりと打ち直しました。

過ごしやすいと一日中庭に出てしまいますが・・・

腕が痛い、膝が痛いダマシダマシでいるけど、限界に近いかな(笑)。

| | コメント (2)

2016年11月 1日 (火)

麦こがしクッキー

161101

麦こがしクッキーを作りました。

・麦こがし粉 ・・・ 60グラム  ・小麦粉 ・・・80グラム

・砂糖 ・・・ 60グラム  ・菜種油 ・・・ 20グラム

・卵 ・・・ 1個

材料を見ればお味が想像できると思いますが、あっさりとしたお味で

麦こがしの香りが懐かしいのです。

でも・・・

バターたっぷりの美味しいクッキーに慣れてしまったお口を持つ人の手は・・・

2枚目3枚目に伸びないのです(笑)。

へへ・・・bleah

| | コメント (0)

秋バラ ②

2016autumnb2

ミケランジェロ

2016autumnc3

クチュールローズチリア

2016autumnd702

バーガンディアイスバーグ

2016autumne5

たそがれ

***

今日は雨rain

昨日ポット上げしたジキタリス、定植したアグロステンマ等々には恵みの雨です。

このところの涼しさは、昼食後も庭仕事が可能でついつい欲張ってしまいます。

植物だけでなく、ヘトヘトの私にとっても恵みの雨です。

今日はお掃除&お買いものだけで、のんびりしようheart04

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »