« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月31日 (水)

アマリリス

Amaryllis17052901

Amaryllis17052902

アマリリスが開花。

近辺のアマリリスはとうに咲き終わって、ほとんど黒い花柄になっています。

我が家の・・・ゆっくりです。

昨年3球、今年2球、新しい球根を植えましたが、葉のみで

まだ一向に茎が伸びてくる気配なしです。

球根が腐った風には見えないので、そのうち・・・開花するでしょう。

この真っ赤なアマリリスも10年は開花するご長寿ですが、

茎が増えた感があるのは最近です。

こういう花を増やし、なるべく草取り範囲を狭めたい(笑)。

「アマリリス」昔々小学校で初めて合奏した曲だったと記憶しています。

単なる「アマリリス」の曲が、途中からあれよあれよと展開していき

合奏って楽しい~と子供心をくすぐったのです(笑)。

簡単リズムのタンバリンとトライアングルを即加え・・・

次々に楽器を加え、あの先生はプロだったな~と今思います。

さて、今日は午後から突然突風、雨になるかもしれない予報です。

| | コメント (2)

オダマキ (苧環)

Odamaki170529_2

Odamaki170528

オダマキです。

このオダマキはこぼれ種で増え、

株は冬越し可能で、年々株は盛り上がったように大きくなります。

株分けして増やすことも可能です。

今年もあちこち5~10センチほどの株が育ち中です。

| | コメント (0)

梅いただきました

170531

きれいな青梅6キロ、頂きました。

一昨日2キロの梅酒をつけたので、梅ジュースとカリカリ漬け、梅干し漬けかなぁ。

とりあえず洗って、あく抜きへたとりです。

午後~明日は雨予報です。梅漬け日和です。

| | コメント (0)

2017年5月30日 (火)

バイカウツギ・ベルエトワール

Baikaetoile17052901

Baikaetoile17052902

バイカウツギ・ベルエトワールが開花です。

しべの下がうす赤色です。

病害虫被害少なく・・・と書こうと思ったら↓

Baikaetoile17052904

写してみて、虫食い花びらが多いことに気づきました。

上2枚は昨早朝camera写し、下2枚は昨夕写したので昼間に食べられたのかも。

Baikaetoile17052903

今日は昨日より、なお暑くなる予報。

半日とはいいません、2時間程涼しい時間でいてくださいm(_ _)m。

| | コメント (2)

梅酒

Umesyu170529

昨日JAショップから野菜を購入して戻ると、夫から

「梅を沢山いただけることになった」と電話phoneto

笑・2キロの梅を購入して戻ったところでした。

急きょ、カリカリ漬け1キロ分も梅酒にし2,8リットルの梅酒です↑。

梅、らっきょ、ジャム・・・この季節になると作るのが当たり前ですが

昨今、減塩、面倒等々理由は多々、作る人は激減なんだそうです。

面倒、作っている暇はない・・・そうでしょうね。

塩分とりすぎは体に良くない・・・わかっています。

一度作ったら、病みつきなんですヨhappy01

さて、今晩どれだけの梅が届くんでしょうnote楽しみです。

| | コメント (0)

2017年5月29日 (月)

ジューンベリーの収穫

Juneberry170527

今年最初の収穫です。

わずかに色づき始めた途端に、ヒヨドリが目ざとく見つけてしまいました。

お隣の野生大実ベリーの木に大群の鳥が飛んできているので

見つかるのは時間の問題でしたがweepそれにしても早すぎです。

夫が支柱を立てて、ネットを張りました。

Juneberry170529

この2,3日は、たぶん大丈夫と思いますが、沢山色づき始めると

居てもたってもいられなくなるのでしょう、ネットをくぐって

ヒヨドリ君は飛び込んでくることでしょう。

木酢液を瓶に入れて吊るすと効果あるとか・・・我が家に来るヒヨドリは

知能指数たっぷりなのか、それとも相当な鈍感なのか?(笑)

木酢液の匂いはものともしません。

今朝は日差しが強い。30分だけ庭に出ていましたがさすように痛い。

今日は宅配便が来る予定。

時間指定していない時は、庭に出ていて再配達では申し訳ないので

届くまではお掃除です。

早く来たら・・・お買いものにいこ~car

| | コメント (2)

2017年5月28日 (日)

ニワフジ (庭藤)

Niwafuji17052201

Niwafuji17052202

当地では「サカサフジ」と呼ばれているそうです。

頂いた折、強健だとはうかがっておりますが、まさに・・・です。

グランドカバーに向くかと思いましたが、開花すると花数が多い為

風通し悪く、アブラムシが発生しやすいです。

不要な根はスコップなどで切り、こんもり仕立てられたらいいのですが。

| | コメント (2)

スイカズラ (忍冬)

Suikazura17052802

Suikazura17052801

スイカズラです。

伊豆の道端で見つけ、ツルを持ち帰って・・・もう、20年程になるかしら…。

バガテルバラ園でハニーサックルを見ての帰り道で、見つけたときは

心躍らんばかりでした。

「知らない」といういうことは、そういう事だと痛感するひとつの事です。

その後、あそこにも、あそこにもあそこにもあそこにも・・・

eye有るわeyeあるわeyeあるわeyeあるわ・・・どこにでも生えていることを知りました。

挿し穂1本で、木製トレリスに絡みきれない程育ち

長年、洗濯物を隠して頂いた恩もあり、

迷い迷い、鉢に植えて当地に引っ越してきたのです(笑)。

花後は、剪定の繰り返しをし、幹だけ太らせて盆栽風窮屈仕立てです。

今年、ミカンの花が終わる頃から、スイカズラの香がどこからか????

我が家のそれはまだつぼみ固いのに・・・eyeeyeeyeギョsign03

Suikazura17051502

Suikazura17051501

お隣のジャングル庭園からあふれ出てくるスイカズラです。

ヘクソカズラとの最強コンビ仕立てですdown・・・イヤイヤ

ヘクソカズラ、スイカズラ、ガ○コジイチャマ・・・トリプルには泣く子も黙る。

昨日は暑くなる予報、強風でしたが湿度が低くさわやかでした。

バラと椿と他少々消毒ができました。

シャクヤクの花がら切りは、昨日でほぼ終了。

次に写す花の確認をしながら、草取りをしているので

モデル選定済みで、カメラを持って突進すればいいわけですが

キラキラ日で、違うモデルも輝くので・・・ついつい時間がかかってしまう。

朝は体が3つ欲しいwink

| | コメント (2)

2017年5月27日 (土)

ヤブデマリ (藪手毬)

Yabudemari170522

ヤブデマリです。

ガクアジサイに良く似ています。

花が終わったあとに出合って、葉の美しさに惹かれた植物です。

きっかけはそうであったとしても、花の可憐さにはなお引き付けられます。

葉は虫好み、きっとおいしいのでしょうネ。

虫食い葉を見つけたら、あっという間に穴だらけ。

すがすがしい朝ですが、暑くなる予報sun

さ・ガーデナーのご出勤ですrun

| | コメント (0)

2017年5月26日 (金)

ベルテッセン

Belltessen17052101

Belltessen17052102

Belltessen17052103

ベルテッセンです。

ずっと鉢植えのご長寿モノです。

他のクレマチスのように、ツルが伸びていくタイプではありません。

頼りない茎でお隣に支えてもらっての開花では、地上部が無くなる冬

遅かれ早かれ消えてしまう羽目になりそうで(笑・私の管理能力が低い)

鉢育ちにしています。

クレマチスとひとくくりにしても、冬咲き、春咲き、枯れ節から芽を出すモノ

地際から芽を出すもの、種々あります。

剪定を間違えれば、ずっと開花しない場合もあります。

みんな一緒「右向け右」なら楽ちんですが、

手間はかけてナンボのモノです。

手間がかからないモノ・・・それも有りですsign03

手間を「かける」と「かけない」は「かけた」モノにしか分からないお宝があるのです。

簡単しか知らないと簡単の良さは分からない。

ばばちゃんになっちゃったなぁ~(笑)。

どうも、やりきれない風潮を感じるのです。

昨日は庭に出て雨。家に入ると上がる。

からだを休めなさいdayを頂いたのかもしれませんが、午後2時間の晴れ間

バラとシャクヤクの花がら処理をしました。

美しく咲いたら美しく終わりたいと思うのです。

花びらが散り、その上を歩くのが、歩かれるのが切ないのです。

| | コメント (2)

2017年5月25日 (木)

ヤマツツジ (山躑躅)

Yamatutuji170524

ヤマツツジが開花中。

2,3日前、花びらが萎れて息絶え絶え・・・?え枯れるの?

テッポウムシ食害の枯れ具合とはちょっと違うように見え

ホースでジャバジャバ水やりをし、昨日もたっぷり水やりをしたら

夕方はこんな風に元気を取り戻していました。ヨカッタ~。

Tutuji17042801_2

Tutuji17042802_2

ちなみにこれは↑通常のツツジ。4/28camera

ヤマツツジはゆっくりです。





| | コメント (4)

苺ジャム

17052401

ジャム用イチゴを買いにcar行ってきました。

これは特大パックで通常パックの4倍くらいあるかな?

でもなんとなく例年より少なく感じるdown

あれだけの人が押し寄せる人気モノだから、例年通りのお値段ならOKかhappy01

車の中はいちご香でいっぱいheart04

トランクに入れず、助手席に乗せればよかったなぁ~なんて思いながら帰宅。

へたを取りながら、紅ほっぺより、章姫が甘いなぁ~なんて思いながら

パクパクパクパク、取り立ては美味しい。

17052402

今年2回目のジャムです、苺の形がなくなるまでしっかり煮詰めました。

これから、ラズベリー、ブルーベリーの収穫が待っています。

手作りを頂いてしまうと、抜け出せませんwink

オマケ。

17052403

グリーンピースの収穫真っ最中。

生のまんま冷凍できる優れものです。冬まで楽しめるように冷凍します。

これで1キロ。

小雨が上がって、乾燥機に入っていた洗濯物も取り出して干しました。

さ・二日お休みにした庭仕事dayですrun

| | コメント (2)

苺しるこ

17052502

「苺しるこ」を作りました。

120CCだったかな?のお湯を注いだだけです。

17052501

お茶漬けのもとのあのメーカーならば・・・試してみようheart04と思ったしだい。

キッチン雑貨のお店で見つけました

友人virgo「ひとつにしたら?」

笑・実はぜんざいもありましたが、強く止められたのであきらめました。

彼女は甘いものは全く興味がない人で、一緒にデパ地下を歩くと

友人virgo「ケーキのショーケースに引き寄せられるように歩いてる」と

私のことを笑うンです。

私の心pig「当然でしょうpunch甘いもの見る為にデパ地下に来るんだから」

笑・食べ過ぎに注意しましょうnote

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水)

ヤグルマギク (矢車菊)

Yagurumagiku170504

Yagurumagiku170501

Yagurumagiku170515

ヤグルマギク・ブラックボールです。(上5/4・中5/1・下5/15画像です)

パンジーブラックを抜き、ペチュニアブラック切戻し中・・・

ブラックボールの周りは黒花を植えています。

居間から一番先に目に入る色をなるべくシックにして

遠くに目が行くようにと思っています。

ヤグルマギクの花柄は赤茶色で目立ちにくいので花柄処理も焦らず済みます。

花柄の処理をすると花期は確実に伸びます。

次々に開花する楽しみはこの上なし。

| | コメント (0)

ブルーシラン (青紫蘭)


Bluesiran17052001_2

Bluesiran17051201_2

ブルーシランです。そろそろおしまいです。

口紅シランもブルーシランも、紫蘭同様、株は円形に広がっています。

広がるということは、中央は根が絡み合っているわけで・・・

ドーナッツ型に、中央の絡み合ってどうしようもない塊を取り除きました。

そろそろ窮屈も限界。株分けを忘れないようしなければ。

| | コメント (0)

クチベニシラン (口紅紫欄)

Siran17051201

Siran17051202

口紅シランです。

シランは終盤。先に開花したシランの茎はほぼ切り終えました。

開花終えた後、茶色の茎だけがピョンピョン残っているとどうも落ち着きません。

それらが気にならないと、もっと楽でいられるのに・・・笑。

致し方ありません。

| | コメント (0)

2017年5月23日 (火)

ピンクシャラ (ピンク沙羅)

Pinksyara17052101

Pinksyara17052102

Pinksyara17052103

ピンクシャラが開花しはじめました。

シャラの色に比べると、確かにピンク色ですが、かすかなピンクです。

Pinksyara17052104_2

つぼみの薄ピンク色が見えない間は、額?の赤色が目立ちます。

おかげで沢山開花することがわかり、嬉しくなります。

涼しげな木々のおかげで、夏はどれだけ助けられているかthink

ありがと~heart04です。

さて、今日は母の衣類の入れ替えday No.3です。

「こんなにいっぱいの服生きている間に着用しきれないわよ」

思わず、口から出てしまう(笑)。

母を見ていると、おしゃれは脳を元気にするのだとつくづく思います。

virgo「その服いいわね。私のも買ってきて」

山ガール風の巻きスカート、オソロにしました。

virgo「もっとおしゃれして来たら?」

私の心①pig「あなたのお世話係りはおしゃれ服では動けません」

私の心②pig「買う前に、在庫を確認しなさい。増やした衣類の数分捨てなさい」

さ・いってこよ~car

| | コメント (2)

2017年5月22日 (月)

ホタルブクロ (蛍袋)

Hotarubukuro17051501_2

Hotarubukuro17051801

Hotarubukuro17051802

ホタルブクロが見ごろです。

今年は早めに支柱を立てた為、cameraカメラを向けるとがっかり(笑)。

花の為に支柱は絶対欲しいのに、カメラを持つとdownあ~ァ。

花最優先ですから、致し方ない↑画像です。

ホタルブクロの花びらが少し縮れたら、額のすぐ上を鋏で切ります。

1ミリにも満たない、小さなつぼみが待機していますから、場所はすぐに判明。

7月まで3回開花させられたら、花を育てている感を味わえます。

手を入れるって楽しいことだと知るチャンスpunch

***

涼しい所に移動したのかと思っていたら、ウグイスが戻ってきました。

朝から啼いています。

ウグイス1羽で庭の環境はずいぶんupします。

ウグイスの鳴き声のCD・・・庭に流したら、暑くても仕事がはかどるでしょうか?

笑・ンだ、かンだ言っても、庭を歩いてきたら

サ・やるぞぉ~としか思えません。

今日は発芽した小さな苗を移植せねばpunch

突然の暑さでsun芽は焼けて、枯れてしまったりdownです。

最優先せねばならない仕事は日々変わる。

| | コメント (2)

エリゲロン

Erigeron170520

エリゲロンです。

真冬以外はいつでも開花しているという印象です。

白から薄桃色に変化して、幾種類か混植しているかのようです。

柔らかくかわいらしい印象で、アジュガ、ガウラなどと同じくらい

分けてほしいと頼まれる花の一つです。

性質を知っていれば「可愛い」花ですが、知らないと繁殖力に後悔したりしてwink

植えっぱなしでもOKですが、1年に2,3回刈り込みすれば

ずっと可愛い花です。

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

オオヤマレンゲ (大山蓮華)

Ooyamarenge170514

Ooyamarenge170515

オオヤマレンゲです。

5月10日頃から開花が始まりました。

以前の庭から移植したオオヤマレンゲ2本は根付けず枯れてしまい

その後植えた「オオヤマレンゲ」が、昨年初めて開花しました。

開花するまで数年かかった事、葉が大きすぎる事???疑問だらけでした。

「ホウノキ」だの「タイサンボク」だの悲しい感想ばかり耳に入り(笑)

そしてこんな花が↓開花。

Ukezaki170521_2

Ukezakir170515

調べて、ハイブリッド・オオヤマレンゲが存在することがわかりました。

そういえば注文時、受け咲き・希少種とかかれていたかなぁ?

だとしたらサラブレッド・オオヤマレンゲがヨカッタなぁ~(泣)。

今となっては悲しい大木downです。

これからの季節、木陰が欲しい庭ですから・・・ま・いいかdowndown

昨年と今年別々の苗木屋さんから取り寄せて「オオヤマレンゲ」を3本植えました。

3本とも「オオヤマレンゲ」と確認できてホッとしたところです。

Mitikorenge17052102

Mitikorenge17052103

「ミチコレンゲ」です。

これだけは、あまりに小さい苗木のため、鉢植えで過保護育成中eyeeyeeye

明日もまだ真夏日が続く予報。

庭仕事を朝食後、すぐに取り掛かるように時間を変えましたが

sunsun恐るべし日差しです。花がら切り程度の作業ですら息絶え絶え。

水やり、草取り、気分と作業を交代させながら、なんとか午前中punch

笑・庭作業は好きですheart04。草取りも決して嫌いではないのですheart04

ただ、蒸した暑さが苦手なだけweep

| | コメント (2)

2017年5月20日 (土)

ジャーマンアイリス (Before the storm)

Germaniris170520_2

ジャーマンアイリス・黒が見ごろです。

株分した分だけ開花する元気モノです。

陽のあたり具合で赤黒く見える部分もありますが、ほぼ黒です。

この季節、あちらこちらのお庭でいろいろな色のジャーマンアイリスを見ます。

あ・eyeあの色素敵heart04なんて思うと頭のどこかにちゃんと記憶できてしまう(笑)。

人の名前なんて全然覚えられないのに、

来年同じ道を通ったら、ちゃんとお気にいりの花の開花に気付いてしまう。

| | コメント (2)

ヤブレガサ (破れ傘)

Yaburegasa170507

春、落ち葉の中からひょっこり出す芽・・・可愛いです。

傘のお化けのように葉がだんだんに開いていく姿も可愛い。

可愛いのは画像↑くらいまででしょうか。

こえからどんどん大きくなって、お世辞にもきれいとは言えません。

笑・なのに、なぜ? 好きなんですheart04

ナルコユリ、チゴユリ、ウラシマソウなどと一緒に地に下そうか思案中。

根付いたときの夏の姿が少々怖い。

| | コメント (0)

這性ナデシコ (ビランジ)

Biranji170426

這性ナデシコです。

4月下旬ころからポツポツと開花。

増えもせず枯れもせず、カメラを向けても

他の花に押されてつい後回しになる花のひとつです。

そういう花があるから庭の色重ねがいい具合。

| | コメント (0)

テッセン (鉄線)

Tessen170516

Tessen17052001

Tessen17052002

テッセンが見ごろです。

この季節は、ウォーキング中生け垣に絡んだクレマチスをよくみかけます。

刈り込んだ生け垣の上に青いクレマチスを這わせていたりすると

ちょっとお庭も覗いてみたいなぁ~などと思ったりします。

(決して覗くことは致しませんが・笑)

その先がどうなっているか期待感持たせるお庭っていいなぁ~heart04

「白万重」なんて絡ませていたら主の顔を見たくなるかも(笑)。

Hie170520

冬咲きクレマチスの「日枝」が開花しています。

生け垣で朝中は日陰のせいでしょうか? 元気いっぱいです。

昨日は24℃。室内にいればさわやかで暑さも感じないのですが

sunを浴びての作業はたいした動きでないにしてもきつい。

今日は29℃の予報。

庭を歩いてしまうと、気になる事ばかり。

家の中でのんびりできるなら、お休みもいいのですが

笑・結局run 出たくなるのですpunch・ガンバロ~。

| | コメント (0)

2017年5月19日 (金)

シクラメンの植え替え

170506

今年はシクラメンの夏の休眠をやめ、鉢替えしてまんま育てることにしました。

休眠させても、まんまでも、さほど難しくなく、再び開花させられますが・・・

同じ花数、いえいえ半分の花数も上げることができません。

ガーデンシクラメンの苗?程度にしか咲かないのに

なのに・・・わかってはいても・・・捨てるに忍びなくて。

5/6一回り大きい鉢に植え替えました。

覚書でupです。

今日は、さわやかな青空・・・ですが、庭作業は暑い。

水分補給と暑さ対策のアイスクリームタイムです。

でも、休憩時間のアイスクリームがまだクリームでもOKです。

そのうちアイスクリームも口にしたくない時期がきます。

笑・そろそろ氷菓子を買ってきた方がいいかなhappy01

| | コメント (0)

リネン

Linen17051801

Linen17050701

リネンの花が開花しました。

フランス1か月滞在した折巨大園芸店で種を購入しました。

17051902

日本では北海道でのみ育つあのリネンだとしたら

昨年種まきし、2本だけ育っただけでも奇跡的なのかも。

植物学者のリンネ(スウェーデン)と同じ名前です。

17051901

この布巾はスウェーデンの友人から「使い込むとそのよさがわかる」と

頂いたものですが、

実はこの布巾の植物が「リンネ草」リンネを記念して名付けられたものだと

思うのですが、実物を見たことがありません。

同じ名前の今日の花「リンネ」の種を見たとき実はチョット期待しました。

種袋の花で違いは分かっていましたから残念感はなし、

開花がただただ嬉しいですhappy01

出合いたい花には、何年かかるわわかりませんが

必ず出合えるから不思議です。

そうやって出合えた花、すべてを庭に植えられるわけではありませんが

あの地に、あそこに「ある」と知るだけで幸せです。

ずっとそこにあってほしいと願う花があるってこと・・・heart04しあわせ。

| | コメント (0)

2017年5月18日 (木)

八重ヤマアジサイ (八重山紫陽花)

Wyamaajisai17051501

Wyamaajisai17051502

Wyamaajisai17051503

クロモジの下トクサと並んで

なんとも地味コーナー感いっぱい地に植えてあります。

半日陰でも、この八重ヤマアジサイのおかげかさほど暗さは感じません。

今朝は朝食後すぐに庭に出ました。

気温が23℃予報、風穏やか・・・消毒日和。

今日の消毒がチャドクガの予防になるといいのですが・・・。

とにかく一つクリア。疲れたぁ~。

| | コメント (0)

グリーンピースご飯

17051801

キッチンガーデンの「グリーンピース」です。

ピースのサヤが少し黄色がかってきたら収穫してほしいのですが

笑・担当が夫の為、あちら好みの柔らか豆です。

お初ものはシンプルに昆布だしと塩とお酒で炊きました。

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

クロバナロウバイ (黒花蝋梅)

Kurobanarobai17043001

クロバナロウバイ(ハートレッジワイン)が見ごろです。

画像は4/30咲き始めの一輪です。

「ロウバイ」ですが冬のあの蝋梅とは違って香りはありません。

花は10センチ程になり、遠目にも開花がわかります。

黒といっても暗紅色とでも言いましょうか…実物も↑ほぼこのような色です。

↓今朝upした「キバナロウバイ」に似た花のクロバナロウバイもあり

間違えやすいので、花の形にご注意です。

昨日は一日中庭でウグイスガ鳴いて、午後も頑張って庭作業に没頭できました。

夕食の支度を終えても、まだ鳴き続け

今朝はウォーキングに出るのを鳴き声で見送ってもらいましたnote

しかし・・・そのまま別の庭に飛び立ってしまったのかear 今は聞こえません。

小鳥の鳴き声ひとつ加わるだけで、気持ちはupnotes・・・また来てくださいlovely

| | コメント (2)

キバナニオイロウバイ (黄花におい蝋梅)

Kibanarobai17050601

キバナロウバイが見ごろです。

葉の脇に小さいつぼみを見つけてからいつが開花か迷う程・・・

つぼみも同じ色、開いても同じ色。

葉の色とよく似た黄緑色の花です、そこに開花することを知らなければ

通り過ぎてしまう方もいると思います(笑)。

地味ですが、個性的、なんとも好みのタイプheart04

冬開花のあの「蝋梅」とは別物で、名前に「におい」がついていますが

鼻を近づけてかすかな香りを感じる程度、

それも中程度開いた花のみ香ります。

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

シャクヤク (芍薬)

Syakuyaku17051601

Syakuyaku17051602

「富士の峰」が開花しました。

今年は過去一番のゆっくり咲きでした。

「五月」は初旬に咲き出しましたから、?施肥が多すぎたのかなぁ~?

とにかく「めでたし、愛でたし」です。

以前信州にお住まいの作家がひとりで1から庭を作る様子をTVで紹介されました。

「白い庭」の白がシャクヤクの白い花だったこと・・・

夜の庭、濡れ縁近くまで一面白シャクヤクが満開だったこと

白い庭にあこがれをもっていた頃でもあり

強烈な印象をもったことを今でも覚えています。

(現在は家も建て替わり、花も増えたと記憶しています)

あの時すでに庭にあった「富士の峰」が今もここにあることに満足heart04です。

Syakuyaku17051603_2

Syakuyaku17051604

Syakuyaku17051605_2

Syakuyaku17051606

今朝見ごろのシャクヤクです。

今日の庭は風も空気もさわやかです。

ホトトギスとウグイスの競演でさわやか倍増。

洗濯物干しながら口笛で鳴きまねに応えたかいがありました(笑)。

良い日ですshine

| | コメント (2)

2017年5月15日 (月)

エゴ (売子)

Ego17051503

Ego17051502

Ego17051501

Ego17051504

エゴの花が満開です。

ミツバチが沢山寄ってきて羽音がうるさいくらいです。

下向きに咲く花は可憐ですが、なんともたくさんすぎる程の花に驚きます。

このエゴの木は以前の家のシンボルツリーでした。

幹も太く背丈も2階のベランダより高く、移植はあきらめましたが・・・

現在庭にあるエゴの木はみなシンボルツリーだったエゴの子孫たちです。

秋につけた実がこぼれ、春にあちこちで芽を出します。

今年もその芽を10数本鉢あげしました。↓画像。

Ego17051505

エゴの花はこんな風に今落花盛んです。

真っ白になるほど降り積もるので、今日は苗や種まきトレーなどを移動せねばpunch

そうそう・・・つい最近エゴの木1本をテッポウムシで枯らしました。

エゴはテッポウムシの大好物なのかもしれません。

大きく育った木に入り込む、厄介モノです。

そちらがその気なら、こちらも覚悟punch・・・実生苗を育て続けているのです。

エゴ並木を頭に描いているのですが・・・ま・いつか到達すると信じましょうthink

| | コメント (2)

2017年5月14日 (日)

ツリバナ (吊花)

Turibana17050603

Turibana17050601

Turibana17050602

ツリバナです。

地味な花ですが、こういう花に惹かれて惹かれてしまいます。

秋には赤い実をつけて、爆ぜる姿も可憐です。

さ・今日はsun庭に出られそうですdenim

庭三昧幸せな日heart04

| | コメント (2)

アヤメ (菖蒲)

Ayame17051202_2

Ayame17051203_2

アヤメが見ごろになりました。

株分けを1年延ばしにしていたため、年々花数が少なくなり

今年3月頃でしたか、スコップで堀り上げられた分を植え返しました。

私の体力つきて、残りの株はまんま残しましたら・・・

残った株も、根がのびのびできたのでしょう、こんな風に開花。

今年は比較的気温が低かったせいか花が全般にゆっくりです。

しかし一飛びに30℃近い日が続き、あれもこれもみんな開花。

そして雨。

気温が高いと花期が短く、雨で傷んで・・・残念な年ですが

空だって風だって、穏やかでない日もあるわよネ~wink

開いた花がらの始末をバケツに何倍も処分。

いつまでも、チマチマつけてたら折角の花が台無し。

短い花期なら美しく咲いてもらいましょうupheart01

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

17052001

今日は一日雨rain

昨日の母の日dayの帰り、自分の為に和菓子屋さんに寄りました。

お茶席用の和菓子を扱うお店を覗くのは楽しいですheart04

季節の和菓子は勿論ですが、活けてある花にも期待大なのです。

初めて見る赤系のシャクヤクが大きな壺に活けられていました。

大好きな麩餅を買って、冷蔵庫で冷やしておきました。

午後3時・至福の時間note

今日は一日、念入り家事dayです。

お掃除しながら、玉ねぎを炒め続けました。

17052002

玉ねぎ10個分程、スライスしてひたすら炒め続けます。

↑午前8時15分頃。

17052003

午前11時半頃。3時間でやっとこの程度。

オニオンスープもオニオングラタンもこの手間が大変なのだ。

CDかけてお掃除しながらです。

念入りお掃除が終わった時点で「きつね色」に少々足りないけれど炒め終了scissors

パゲットを買いに行くのは少々面倒なのでスープde夕食です。

| | コメント (4)

アグロステンマ (麦仙翁)

Agrostemma17050901

Agrostemma17051201

Agrostemma17051202

アグロステンマ・桜貝が見ごろになりました。

桜貝はピンク、薄ピンク、白色の変化が楽しめます。

草丈が80センチ程ある為風雨で倒れる対策だけで

病害虫の被害はほとんどありません。

矢車菊ブラックボール、ジキタリスなど背丈のある草花と一緒に

雑木の乾燥対策もかねて植えています。

アグロステンマは秋まきし、小さい苗での定植です。

冬の間は、霜や空っ風で、息絶え絶えの姿に見えます。

しかし、ヨーロッパでは麦畑の雑草として扱われるアグロステンマですpunch

1本も脱落なくキッチリ開花して・魅せてくれますhappy01

この強さ爽快ですnote

アグロステンマ、カタカナ名でもすんなり出てきます。

そうなんです、もうこの花もずいぶん前からのお付き合い。

記憶は重ね塗りしたペンキと同じだそうです。

新しい方から剥げていく(忘れていく)。

思い当たることありませんか?wink

| | コメント (0)

2017年5月12日 (金)

ミカンの花

Nevle170901

Nevle170902

柑橘類の花が開花しはじめました。

朝夕のんびり歩くと・・・いい香り。幸せ気分heart04

数日前から、近辺果樹園のミカンの花も開花し、

すっきり感のある甘いミカンの香りがいっぱいです。

ウォーキング中、果樹園のミカンの木をeye、柿園の剪定をeye・・・

いい香りに包まれ、お勉強させていただき幸せ気分heart04

さて、今日は母の日には少々早いけれど「母サービス・day」。

依頼もの、母の日present忘れ物がないように、夕べから玄関に並べてあります。

サ・いってgo~car

| | コメント (3)

2017年5月11日 (木)

フタリシズカ (二人静)

Futarisizuka17051001

Futarisizuka17051002

フタリシズカが見ごろです。

まるで水も光も栄養も管理された温室育ちのようでしょうnote

病害虫の被害なく健康そのもの。

こんな風に育つ植物も少ないので、よほど今の場所がお気に入りなのかも。

フタリシズカと言っても花序は2つとは限りません。

1本だからヒトリシズカでもありません。

ヒトリシズカと並べたら一目瞭然ですが

ヒトリシズカは小さいブラシのような花序です。

フタリシズカの前に開花するけれど、残念消えてしまったのか今年はナシ。

窓から入る風がすがすがしい日です。

黄砂続きでしたが、今日は青空が見えます。

真夏日になる予報ですsunsun

| | コメント (2)

2017年5月10日 (水)

ハナミズキ (花水木)

Hanamizuki17050402

Hanamizuki17050403

ハナミズキがそろそろ終盤。

ピンクの「ステラピンク」。枝を引っ張ってお顔拝借camera写しました。

テッペンは空に届く(笑)あんなところ。

Hanamizuki17050401

白のステラ系「オーロラ」です。

Hanamizuki07042401

4/24の白はこんな具合。だんだん白になっていきます。

花びらのように見えるのは総苞片。

虫を引き寄せる魅惑の看板ってとこでしょうかshine

ステラ系ハナミズキと、普通のハナミズキの違いがわかりますか?

昨日まで出ていた「乾燥注意報」がやっと昨夕からの雨で解消。

雨前にバラの消毒、

桜、ジューンベリー、椿等々・・・毛虫がつく木々に消毒をしました。

薬剤の流れは気になりますが、噴霧して10時間程あれば。

予定をくるくる変えなければいけない状態では、できる時が吉日。

| | コメント (0)

2017年5月 9日 (火)

ヒメイズイ (姫萎蕤)

Himeizui17050101

Himeizui17050102

ヒメイズイです。

開花がはじまり、1月ほどになります。

アマドコロとほぼ開花時期は同じ。そして姫萎蕤の萎蕤は「アマドコロ」。

同じモノではありませんが、よく似ています。

ナルコユリ、アマドコロ、ヒメイズイ、チゴユリ・・・似ていて同じ時期に開花。

購入の際は、実物を見た方がいいと思います(笑)。

ヒメイズイは丈10~15センチとかなり小さいけれど強いです。

真夏炎天下でなければ、いつでも株分けOK。

今年開花前に何か所かに株分けをし、どれも根付きました。

花は可愛く、花ツヤツヤきれい、病害虫被害ほとんどなし。





| | コメント (0)

タツナミソウ (立浪草)

Tatunamisou17043001

タツナミソウです。

以前住んでいた街の花とものおばあちゃんから頂いた株だった・・・かなぁ

記憶がはっきりしない程のご長寿モノです。

名前の謂れは一目瞭然。

Tatunamisou17043002

こちらもタツナミソウと思います。

昨年道路のコンクリートの割れ目で2、3センチ程

小さく開花しているのを見つけ、抜いて持ち帰ったものです。

あの時見つけた周りに、タツナミソウは見当たりませんでした。

今年開花時期の今、溝の脇に一塊で開花しているのを見つけました。

雑草なのか?雨風で移動した園芸種なのかわかりません。

1年過ぎて枯れもせず、わずかに丈が伸びた程度。

なんとなく愛着がありますheart04

| | コメント (0)

2017年5月 8日 (月)

シラン (紫蘭)

Siran17050702_2

Siran17050701

ピンクのシランが満開です。

シランは株分けしてどこに植えたのか忘れてしまっても

あんなところにあんなところに・・・満開です。

植物の不思議のひとつ・・・シラン1本植えると

次の時次の年きれいな円形に増えていくのです。

奔放に増える植物に手を焼くことが多いので、お行儀の良さに驚きます。

同じ仲間のブルーシラン、ホワイトシランもピンク同様に増やせたらいいのですが

そんなに思うとおりに行きません。

人と同じ(笑)難しいのです。

長かったGWが終わりました。

毎日が日曜日の私なのに・・・なぜか平日になったことが嬉しい。

とりあえず、なんにも考えないで午前中は庭に出よう。

母からお呼び出しベルがなっているけどでたくないsad

シランぷりしたい日もあります。

| | コメント (4)

2017年5月 7日 (日)

クレマチス ②

Clematis17050702_3

Clematis17050701

郵便受けの支柱枕木に絡ませているクレマチスが見ごろです。

ツルが伸びて、受け口をかくしてしまわないよう誘引が必要になります。

このクレマチスは、見た目は砂利の中に植えているように見えますが↓

Clematis17050703

枕木の前は大きめの穴があけてあり、自然の鉢に植えている状態。

失敗を覚悟で植える場合は、色優先、名無しのゴンベイさん、

ご長寿の強健種を選びます。

気難しやさんは大切に扱ってもなかなか根付きません。

結局、今年も元気モノはご長寿モノばかり。

気持ちに不純物があったこと「ごめんね」と思いますcoldsweats01

Clematis17050704_2

Clematis17050705

「白雪姫」名前はありますが、強健種。

Clematis17050706

一番のりのゴンベイちゃん今朝は、アーチのテッペンまで届きそうでした。

一気に20℃超えの日々、湿気が多く暑さに体が慣れていない今は

体力down、やる気down

昨日は庭をお休みして、急きょ必要になった衣替えを少ししました。

一日に何度も半袖、長そでの着替えしなければいけないこの季節・・・

若くないお年頃に入ったら、

メンドーくさがらずに、お色直しを楽しみましょうnote

| | コメント (2)

2017年5月 6日 (土)

チャボハシドイ (矮鶏丁香花・姫ライラック)

Chabohasidoi17050202

Chabohasidoi17050201_2

Chabohasidoi170504

この花の名前「矮鶏丁香花」。

チャボハシドイ・・・読めません(笑)。

ハシドイはリラの方言。リラはライラック。

この花が苗の時「ライラック」の札をつけていた意味がわかりました。

ライラックは北国の花で当地では育たないと思っていましたが

暑さも乗り越え今年初めて開花したのです。。。

開花して、信州で見たライラックとは全く別花で、また札違いかと思いましたが

この数日、調べましたbook

矮鶏は小形丈が短いを意味し、チャボヒバと同じ扱いでいいと思います。

つまりライラックに似た丈の短い小形の花ってことで私の中で落ち着きました。

「姫ライラック」と「ライラック」は全く別物。

名札をまんま信じないほうがよいことがわかります(笑)。

適当・・・いい加減。

「良い加減」とは違うけどま・いいか。

ちなみに、我が家の姫ライラックは無香です。何か一つの手がかりになれば。

| | コメント (0)

2017年5月 5日 (金)

端午の節句

17050501

きょうは子供の日。

娘は時差8時間の地におりますので「端午」の日の方が我が家向き。

17050502

木工教室が終わった後、自由作品作りでひとりで作った五月飾りです。

電動糸鋸がもっと上手に使えるようになったら・・・もっと上手になれるpunch

チラット、もっともっと癖がムズムズしましたが、これでおしまい。

鯉を持ち上げる金太郎さんは、型から出して立てられないことが残念でしたが

脳のせいではないと思います(笑)。

祈・このパズルができなくなる日が永遠に来ませんようにsign03

17050503

3、4、5日、三日間だけ販売する「柏餅」です。

愛想も、和菓子の数もまったくないpunchお店です。

こういうお店も存在感あっていいと思います。

通常も1種類のみ販売、売り切れ御免で閉店ガラガラ(笑)。

午後はほとんど閉店です。

| | コメント (4)

ヒメウツギ (姫空木)

Unohana05040402

Unohana05040401

ヒメウツギが見ごろです。

半円形状が適当な大きさを超えたら剪定。

草取り時、知らぬ間に根や茎を切ってしまうせいか

思わぬところから芽を出したりもします。

不要ならば早めに抜き取ればOK。むやみに増えることはありません。

今朝の庭は栗の花の匂い?椎の花の匂い?五月の里山の匂いがします。

子供の頃普通に感じていた匂いです。

夫に「里山の匂いがする」と言っても「わからない」と言います(笑)。

意識がそこに有るか無いか・・・ゴルフ場も香っているかもしれませんが。

| | コメント (0)

2017年5月 4日 (木)

みどりの日 ③

17050407

17050411

17050412

17050413

17050414

4月から、夕方ウォーキングを早朝にかえました。

30分~45分をいくつかのコースで歩いています。

そろそろ見ごろかなと今朝はツツジ街道をテクテクテクテク。

ノルディックポールを使用すると、みぞおち辺りを中心に体が左右に振れて

通常ウォーキングよりかなり大股歩きで、背筋が伸びてシャンとします。

このつつじ街道は緩やかに長く下り上るコースですがツツジのおかげで

ほとんど坂を感じないで歩けます。

土・日・祭日の車数が少ない日のコースです。

| | コメント (2)

スズラン (鈴蘭)

Suzuran17050401

大好きなスズランです。

自分の為に摘むのは滅多にありませんが、昨年広範囲に株分けをしたので

中盤を過ぎたスズランのみを摘んで部屋に飾りました。

このスズランはかれこれ40年も前に

根がついた北海道のスズランを頂いたモノです。

まだうら若き乙女だった頃のことです。

夫の転勤で日本にいなかった時期を除いては、ずっと手元にあります。

Suzuran170420

4月20日頃にはすでに開花しはじめました。

日当たりが良い所から開花はじまります。

Suzuran17042801

リュウノヒゲにも負けない強さです。

Suzuran17050402

Suzuran17050403_2

たった1本でもこんな風に沢山増やすことも可能です。

スズランの香りに包まれて草取りも幸せ気分でできます。

もっともっと庭中に増やして行くのが夢です。

Sweden17050402

Sweden17050401

こちらはスウェーデンの友人から、頂いたスズランです。

日本のモノと混植しないように、全く別のところに植えています。

2003年HPを通じて知り合い、自然の森に咲くスズランを見せて頂いたときの

感動は忘れません。

感動はやる気に火をつけてくれます(笑)。

みどりの日。

ありがたいことに曇りですcloud

日差しは熱くなり、厚着をせねばならず、暑くて(笑)たまりませんのだsign03

| | コメント (2)

みどりの日 ②

17050401

17050402

17050403

17050404

17050405

17050406

みどりの日の庭です。

シャクヤク、バラが開花し、芝が緑になる頃が一番見ごろですが

今年はまだつぼみ固し。

お出かけしても、野山の緑の数が千も万もあることに気付かされ

庭にいても、千も万も緑が重なる美しさを知り

今日は、目にいっぱい緑を入れて日頃の疲れを癒してくださいheart04

| | コメント (0)

みどりの日 ①

Warabi17042701

Cha17042701_2

きょうは「みどりの日」。

う~ンthink 確か以前は4/29がみどりの日。

その前の4/29は天皇誕生日。そして平成になり4/29は「昭和の日」になり

「みどりの日」はゴールデンウィークが連休になるように5/4に移動?(笑)。

みどりの日はその程度の存在なのかと思うと、緑好き、自然好きモノは

「そうかい、そうかい」とへそを曲げてみたくも・・・ならないです。

「みどりの日」・・・野の緑山の緑に目が行くいい日でありますように。

| | コメント (0)

2017年5月 3日 (水)

西洋オダマキ (西洋苧環)

Odamaki17050101

Odamaki17042301

Odamaki17042303

西洋オダマキが見頃です。(ピンクと赤は4/23・紫は5/1画像)

キンポウゲ科の植物は夏越しが難しく、我が家では育ちにくいのですが

2年目を迎えた紫punchに、奨励賞授与。特にうれしい開花。

ピンクと赤は今年植えた苗です。

昨日は友人と待ち合わせ、街に買い物に行きましたが、平日とはいえ連休中。

街で仕事をしている友人にとっては、いつもより少し混雑程度だと言いますが

のんびり生活の私にとっては、でかけただけで疲労困憊(笑)。

夕方庭の水やりをして、今日の仕事優先順位を決めました。

テッポウムシで枯れたバラの掘り起し、ヤマブキ苗の植え付け・・・

街もいいけれど、庭はもっといいですheart04

| | コメント (0)

2017年5月 2日 (火)

ノダフジ (野田藤)

Nodafuji170501

フジが見ごろになりました。

昨年棚のリニューアルをしたので、遠目にもこげ茶色と藤色が映えていい感じ。

棚の巾が2m程と小さいので、野田フジを選びましたが・・・

長フジの方がヨカッタかなと、苗木選びの難しさ、急ぎすぎを反省。

棚の下には剪定時、太くて粉砕機にかけられなかった丸木を敷いて

タイムを植えています。

Thyme170425

こちらも見ごろです。

この頃は、終わったクリスマスローズの花茎を切る作業が続いています。

切り終わった株は半分以下の小さい株になり、

目の前まで来ている蒸れの時期に間に合ってヨカッタです。

蒸れの時期は毛虫の時期で、毎年クリスマスローズの花茎切り後

皮膚科に通院が始まります。

花も虫も子孫を残すために的確適時に登場するので

こちらも負けてはいらないpunch・・・その先を行かねば(笑)。

なんですが・・・体力と相談し頃合いを見計らい中。

| | コメント (2)

2017年5月 1日 (月)

バラ ①

Naniwa17050102

Naniwa17050101

「ナニワ」が開花しはじめました。

気温が25℃を超す今日は、あと1、2時間でこのつぼみが一斉に開くと思います。

冬の剪定をまじめにしてヨカッタと思う日ですpunch

あまりのトゲの強さ、剪定の日に服何着に穴をあけたことか(笑)。

オベリスクは頑丈に地中でコンクリートで支えています。

虫もつかず、病気知らずの強健種。

でも花はとても清楚shine

Mokkou17050101

Mokkou17050102

モッコウバラは満開です。

ナニワの大きなトゲに比べたら無トゲのモッコウバラは楽ラク剪定です。

沢山の花をつけると、相当な重量になる為こちらも、↑同じ支えです。

紀子様の御印で知られますが、あの時・・・お隣もお隣もお隣もモッコウバラnote

あの時のモッコウバラは今も、あの街で満開を迎えているでしょうhappy01

Clematis170501

バラのアーチに絡ませているクレマチスが開花。

モンサルダンエマメジョンとピエールドゥロンサールのアーチでは

その存在感は薄いかもしれませんが、脇役はなくてはならない。

主役よりちょっと先に開花して「いいぞ」とcamera向けました。

***

庭は大忙しのシーズン。

楽しくて楽しくてきれいできれいでたまらないdayheart04.

| | コメント (2)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »