« 2017年5月 | トップページ

2017年6月26日 (月)

キキョウ (桔梗)

Kikyou16062401

キキョウが開花し始めました。

草花を植える時、お隣になる花色との相性を優先するので

花色が1つでない植物は、あちこち植えてしまうことが多く

開花時期になると「あれ?白は?ピンクは?」とキョロキョロeye

白もピンクもまだ開花していませんでした。

昨日は雨の日曜日。

常日頃手が届かないところの家事。

戸のレール、窓、あちこちのふき掃除して、気分すっきり。

午後には手持無沙汰でした(笑)。

1週間雨が続くと思っていたので・・・今日のcloudはお得気分です。

果樹の下のスベリヒユ、オニシバが3日もすると手のひら大に育ちます。

笑・足を運んでみなくてもわかるのが怖い。

貧乏暇なし。今日は取るぞ~隅々の草草草草草punch

| | コメント (0)

2017年6月25日 (日)

沖縄フェア

Pineapple17052501

Pineapple17052502

Pineapple17052503

昨日と今日JAショップで「沖縄フェア」開催するというのでワクワク・・・

開店前から長蛇の列に並んで、期待のパイナップル目指してrun

ン?eyeeye ・・・eye「ゴールドバレル」eye「ゴールドバレル」

残念「金樽」がない・・・ないdown

でも、沖縄産普通のパイナップルpunch、買って帰りましたcar

今日の昼食です。

170525

これは「おまけ」にもらった紫芋サーターアンダーギー。

パイナップルの瑞々しさと対照的、お口の水分全部取られましたwink

ごちそうさまm(_ _)m。美味しくいただきましたjapanesetea

沖縄の人が販売しているのかと思えば、コーナーのみでちょっと残念。

でもフェアはついつい覗きたくなりますnote

| | コメント (2)

ナツツバキ (夏椿)

Natutubaki17062401

Natutubaki17062402

沙羅双樹の鐘の音 ・・・ 諸行無常の響きあり・・・

なんだかありがたく感じませんか?(笑)。 

ナツツバキが数日前から開花しています。

一日花であっという間に下画像のようにしべの色が濃くなって

夕刻には落花の準備か萎れてきます。

花の命の短くて…痛切に感じるのは好きな花のトップクラスに入っている為(笑)。

以前の庭では真夏に葉が茶色に枯れ、ある年・・・枯れてしまいました。

日当たり良い所を好むはずの木ですが、40℃近い気温の日当たりは過酷。

当地も環境ほぼ同じ為、夏椿はあきらめていましたが

この季節になると気持ちがざわざわするのです。

欲望には勝てません(笑)。

で、昨年背丈に少し足りない程の苗木を4本植えました。

幼木からこの環境で育てば、案外大丈夫かもしれないと、

暑さ苦手の私が好む花も暑さが苦手・・・私も頑張るからと

申し訳ないと思う気持ちは大きいのですが、「ガ」を通しました。

今日は雨rain。それも1週間raincloud雨と雲マークです。

昨日は昼食を1時間遅らせて、庭作業をなんとか一区切りにさせました。

雨はシトシト降るもよし、ザーザー降るも良し。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

サンダーソニア

Sandersonia17061901

サンダーソニア・オーランチカが見ごろです。

当地では植えっぱなしで数年OKですが、毎年芽数は同じです。

昨年新たに別の場所に新しい球根を植えましたが、そちらはまだ開花していません。

サンダーソニア・オーランチカ・・・長い名前ですが

若い頃に出合った花は忘れることが少ないのが面白いです。

記憶は新しいものから忘れる・・・ペンキと同じ、以前書いた記憶があります(笑)。

今朝のウォーキングでコンデジがいつの間にかマニュアルに切り替わっていて

何も確認せずcameraシャッターを押していて

折角のシャッターチャンス(笑)真っ白画像でカメラが壊れたのかと思いました。

たまには心ギュッと締めなおした方がいいかもしれませんpunch

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

ガウラ (白鳥草)

Gaura17052401

Gaura17061101

Gaura17052101

ガウラ(白鳥草)は5月20日頃から開花が始まりました。

30~40センチほどの花穂が下から順に開花していくので

先端の花が開くころには下花は萎れています。

見栄え優先にしたいところですが、

仕事のお手すき状態日優先で、切り戻しをしています。

秋遅くまで何度も切戻して楽しむことができます。

株は冬越し可能で年々大株に育ちますが、

こぼれ種で次々発芽してきますから、一度植えたら毎年開花はほぼ約束されます。

白花の苗、赤花の苗はeyeみたら簡単に判断できますから

定植位置を決めるのも便利です。

ハクチョウソウと素敵な名前を持ちますが、

暑さ寒さに強く病害虫被害ほとんどなし。

繁殖力旺盛は時に欠点に感じるかも知れませんが、

蒸し暑い日本には欠かせない夏花になる気がしますup

| | コメント (0)

2017年6月22日 (木)

ホリホック (立葵)

Hollyhock17061101

Hollyhock17061502

Hollyhock17061102

Hollyhock17061501

Hollyhock17061103

Hollyhock17061104

ホリホックが見ごろでしたが、昨日の豪雨で無残な姿になりました。

upが間に合わずいたので6/11、6/15の姿です。

今朝は倒れた花花花花花・・・根こそぎ倒れたものは足で土を固め

支柱を立て直し、棕櫚紐と結束ビニルでできるだけ起こしました。

湿度が高くそれだけの作業でへこたれそうです(笑)。

なるようにしかならない、できる精いっぱいって意外に少ない(笑)って

・・・痛感。

ただ今は、ラジオから流れる「トルコ行進曲」懐かし~い・・・聞きながら

今日の花up。

扇風機の風が気持ちいいです。平和です。

| | コメント (2)

ウォーキング

17062205

17062203

17062201

17062204

17062202

昨日の豪雨はバケツの水何百杯分を一度にひっくり返したような・・・typhoonでした。

午前中は抜けられない会に出席中で、

皆の携帯mobilephonemobilephonemobilephone警報が一度に鳴り響きましたが、少し西の危険のお知らせで

びしょ濡れになりながらも、皆落ち着いて帰宅しました。

夕方警報解除になるまでは、phoneto何度も市からのお知らせが鳴りました。

川の危険水位を越したとか、当地に越してきて初めてのことした。

お知らせはありがたいですm(_ _)m。

そして今朝、ウォーキングの時間を1時間程遅らせて歩いてきました。

水の色が茶色、鳥の鳴き声が少ない、ウシガエルの鳴き声が聞こえない・・・

そんな程度で、すでに釣り人もノラ猫ちゃんもいつものようでした。

落ち梅を拾う女性たちの声がにぎやかでした。元気っていいnoteです。

あんな雨のあとで、ネムノキの花、ナツツバキの花が開花していました。

笑・私は庭の片づけ程度で半日大慌てしていました。

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

ベルガモット 4色

Bergamotto17061902

Bergamotto17052903_2

Bergamotto17052901

Bergamotto17060602

Bergamotto17060601

Bergamotto17061901

ベルガモットが開花中です。

ずっと探していた赤苗を昨秋やっと見つけました。一番上「赤」です。

白と薄ピンクはご長寿もので、株分けしてあちこちに増やしています。

花の時期は短く、すぐに花びらが茶色に変わってきます。

↓ こんな風です。

Bergamotto17061903

花の下葉に新しい芽が伸びていますから、切戻しの位置は簡単にわかります。

切り戻し2回成功すれば3回も花を楽しむことができます。

一株が1mを超すほどに成長しますから、

まんまでおしまいにするのはもったいない・・・というか

花がらの始末をするとしないとでは天と地ほどの楽しみの差があります。

笑・いかんいかん。

どうも花がらの始末をしていないトコ見てしまうと、気分急降下downなんです。

ベルガモットの花はフワフワと軽く、1株バケツ1杯ほどの花になります。

始末の間、ずっといい香りに包まれて作業が楽しいのです。

今日はraintyphoonthunder一日で例年6月雨量の半分が降るそうです。

昨日までのカラカラの庭には嬉しい悲鳴。

あわてて定植したまだ小さい夏花の苗が流れてしまわないといいのですが。

運を天に任せて、今日はcar用事dayです。

| | コメント (2)

2017年6月20日 (火)

アリウム・丹頂

Tanchou17061902

Tanchou17061901_2

アリウム・丹頂が開花。

植えっぱなしで5、6年は経過したと思い、昨年秋に堀り上げると

意外や意外、1センチほどの小さい球根が沢山出てきました。

購入した時の札には、株間が30センチ必要と書かれていますが

どうもまばら感があり、20センチ程度にしましたが・・・

間近で見ても、気付きにくい花です。

だから云々ではなく、丹頂鶴をイメージされた可愛い花に違いありません。

今朝ニュースで北海道で畑に植えたトウモロコシの種を鶴が食べてしまう・・・

見ました。

鶴もトウモロコシもどちらも大切なものです。

あちら立てればこちら立たずではなく

折り合いの付け所がどこになるのかが気になります。

早朝ウォーキングの公園にたくさんの猫がいます。

ボランティアの方々により去勢手術をされて

エサも定期的に与えられているようです。

ウォーキング中も足元に近づいてくるほど人に慣れています。

でも、目を背けたくなる姿の猫が多い・・・

猫は隠れてエサを与えてくれる人は知っています「ニャーニャー」

ポケットの中のモノをねだっている光景を目にします。

捨てる行為が無くならない限り、エサを与える人も存在しつづける。

「捨てないで・餌を与えないで」看板は立っています。

笑・人の数だけ常識があるって面倒です。

| | コメント (2)

2017年6月19日 (月)

スカシユリ (ブラックチャーム)

Sukasiyuri17061901

Sukasiyuri17061902

スカシユリ・ブラックチャームです。

今年のユリは、みんなこんな風。upできないユリも多く残念です。

最近たくさんの鳥が庭に舞い降りてきます。

虫が多いのかもしれません。

今日はバラの消毒日。庭全体の消毒にかえた方がよさそうです。

ブラックチャーム・・・つぼみも虫食いですが

なんとかひとつくらいきれいに咲いてもらいたいpunch

| | コメント (0)

ウォーキング

17061903_2

17061901

17061902

17061904

今朝は久しぶりに平坦コースを歩いてきました。

up downコースを歩いたおかげです。35分コースも楽々でした。

最近ポールを持つてがしびれて、コツコツと音が大きい・・・?。

ポール先端のゴムが擦り切れていました。

ポールもネットで購入、先端のみも即注文。便利です。

大型スポーツ店に行くのは好きですが、いつでもお出かけしたいわけでなく・・・

思うとおりに動けるって幸せなことです。

| | コメント (0)

2017年6月18日 (日)

ナガホノシロワレモコウ (長穂白吾亦紅)

Sirowaremokou17061501

Sirowaremokou17061502

長穂のシロワレモコウが見ごろです。

草丈が150センチ以上にもなりますが、茎が細く葉は地際に集中するので

花壇の前面に植えてしまっても、視覚的にはさほど邪魔にはなりません。

通常のワレモコウは丈の調整をするためにすでに切戻しをしていますが

思ったような出来であったら、来年は白も調整しようと思います。

昨日は夫が芝刈りをしましたが、芝の上の乾いた土が舞い上がり

マスクなしでは気の毒なくらいの土埃でした。

土埃のたつ芝刈りは二人とも初めてで、以下に雨がないかがわかります。

で、今日は今にも雨が降りそうな空cloudです。

夕べの予報では水曜日まで雨マークはありませんでしたが・・・

ただ今、大気の気分は手が駄々っ子並みということでしょうか?

| | コメント (0)

2017年6月17日 (土)

アナベル・ピンク

Anabellpink17061601

Anabellpink17061602_2

アナベル・ピンクが見ごろです。

株が若いせいもありますが、白に比べると1/10ほど。

20センチ程の球体になるのは、2、3年さきでしょうか?楽しみです。

ウォーキングで少々お疲れモードですが、早めに庭に出ることにします。

笑・出てしまえば。スイッチon 結構頑張ってしまうから怖い。

| | コメント (2)

ウォーキング

17061701_2

17061702

平坦コース30分40分では、ほんの少々暑さを感じる程度でしたが

up downコースにかえて3日。

途中で水分補給休憩をとっても、駐車場までのゆるやかな坂道は

ゼェ~ゼェ~sweat01

今日は土曜日でジョギングの人が多く、若者は早いrunrun

鳥のさえずりが多いのに「ウグイス」しか分からないのが残念(笑)。

やったぁ~感punchをいっぱい感じて、帰宅car

昨日は30℃を超しているのが、庭にいて良くわかりました。

午前中頑張る予定でしたが、10時を過ぎて終了。

土が白っぽく干上がって、まるで梅雨明けのようなsun日照り。

水やりが追いつきません。

rain rain rain そろそろ 登場してもいいんじゃないですか~upwardright

| | コメント (0)

2017年6月16日 (金)

アジサイ・アナベル

Anabell17051501

Anabell17061602

アナベルが見ごろになりました。

冬剪定を地上部40センチ程にしましたが、かなりの大株です。

雨が降ったら頭はみんな垂れて、無残ですが空梅雨のおかげで今のところ

支柱なしでOK。

天気予報に雨マークが入ったら、支柱立て最優先。

しかし・・・空梅雨で、庭が干上がっています。

今朝は15分ずつ、スプリンクラーを移動して水やりをしていますが

脚立の上に取り付けたスプリンクラーを移動するのが重くて大変。

ダム湖の水が例年の半分とか・・・植物も水なしでは枯れてしまうので

ごめんごめんです。

さ・がんばろ~punch 今日は草取り。

| | コメント (2)

ウォーキング

7061601

昨朝、今朝ウォーキングコースをup down のある運動公園にしました。

毎朝ノルディックポールを使って30分歩いても、どうも・・・

食事前の運動は筋肉を作り、食後の運動はダイエットに効果あると聞いても

「日焼け」が怖くて「相撲部屋の朝稽古」と笑い飛ばして

早朝ウォーキングをしていましたが・・・どうも、体が重いweep

で・日焼け止めたっぷり塗って朝食後のウォーキングへ変更したしだい。

平坦な道を30分歩いていた疲労感はほとんど感じませんでしたが

ゆるやかな坂道は2日で脛が痛い(笑)。

コースは10コースほどあり、楽しみながら・・・なんて楽々選択ばかりでしたが

しばらく「痩せ道」コースですpunch

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

アジサイ・お多福

Ajisaiotafuku17061101

Ajisaiotafuku17061102

アジサイ・お多福が見ごろです。

昔アジサイと言えば「アレ」「アレ」「アレ」しか浮かばない時に

お多福に出合ったpunch衝撃。

感動する花との出合いは何にも代えがたい喜びlovely

感動は美しさ可愛さ・・・だけではありません。

だから欲深くなってしまいました(笑)。

幼い頃見た、ゼンマイのクルクルが解けてシダの葉にうつっていく光景・・・

あの感動が最初?だったかは覚えていないけれど・・・

まずは出合いが一歩。

そうそうこの「お多福」は

青と赤、額しか知らなかったアジサイの世界をグンと広げてくれました。

挿し木の楽しみもずいぶん味わうことができました。

お嫁に出した「お多福」がそれぞれの地で今開花していると思うと

・・・思えるだけで幸せです。

・・・

昨日はアジサイの花束を持って母を訪ねました。

母から「この手紙を読んでくれない」と1通の分厚い手紙を渡されました。

週2回デイ・サービスに通う母の友人からでした。

母の絵手紙に影響されて、デイーサービスで絵を描くようになったとのこと。

金魚とリンドウの絵が同封されていました。

手紙の最後に「○○ちゃん(母)大好き」とまるで少女のような手紙に

私の知らない母の世界をまた一つ、垣間見た気がしました。

母が今日も楽しい日を送ってくれますようにthink

| | コメント (2)

2017年6月14日 (水)

アジサイ (紫陽花)

Ajisai17061101

Ajisai17061104

我が家のアジサイの中で一番赤いアジサイです。

もう二昔以上のお付き合い。

今年は空梅雨なのか週間予報の雨マークなし。

水やり専門の手が欲しいのですが、家の周りの10匹ほどのノラちゃん・・・

我が家の庭をトイレに使うなら、その手を貸して(笑)punch

すでに万人の常識かと思っていたのに

野良猫にエサを与える人・・・まだいるんですよね。

アジサイだけの花束作って、今日は母dayです。

出かけたついでに、あれもこれも用事を済ませたいので

効率よく回る為、メモmemo書き持って出かけますcar

| | コメント (0)

2017年6月13日 (火)

アジサイ (霧島の恵)

Ajisai17061102

四季咲きアジサイ「霧島の恵」が見ごろです。

咲きはじめは↓こんな風。(5/29)

Ajisai052901

花房の脇に葉が出て不思議な光景ですが、

開花が進むとそれぞれの花塊になり、それぞれ微妙に色が違い

アジサイの七変化が一度に見られます。

さて・・・今日は23℃とお庭向きの気温punch

花守りを楽しみますhappy01

| | コメント (0)

紫蘇漬け

Siso17061201_2

Siso17061202_2

Siso17061203_2

昨日はJAショップ9時開店と同時に紫蘇コーナーへ突進。

無事縮緬紫蘇を6束getpunch

紫蘇の束に重さが記入されていないので「感」が頼りで6束。

紫蘇吟味していた年上そうな女性に「梅1キロに1束or2束?」訪ねると

「紫蘇ジュース用の赤紫蘇選び」とのことでした。

梅干しを作る人が激減と聞く割に、紫蘇を抱える人が多いわけです。

梅干しつくりは手間がかかります。

小さな容器に入った高価な梅干しを買っても、そちらの方がお安いとあれば

作らないほうを選ぶのは・・・納得します。

塩梅を見たり、梅雨明け三日を見計らい天日干しする光景・・・

季節の光景がひとつ無くなっても、気付く人はほとんどいないことがさびしい。

笑・慈善事業をしているわけではありませんが

こんなことが、大事と思うのだからしょうがありません。

| | コメント (0)

2017年6月12日 (月)

タケコプター

Allium17051601

ン? タケコプターでないことは確かですが、これは?

アリウム・パープルカイラです。画像は5/16.。

どうして、こんなオマケがついたのかは不明です。

Allium17051602

Allium17051603

草丈1m超す予定でしたが、60センチ程で短めで開花。

直径15センチ程、茎が折れないか心配になるほど大きい頭。

現在は花も葉も枯色です。花のupが追いつかないので遅れモノを時々入れます。

今週は暑さ控えめとか・・・ありがたいです。

早朝ウォーキングも昨日から復活、庭仕事もゆっくりぎみで復活。

頭の芯がまだ重いのですが、活動している間は忘れています。

今日は赤紫蘇を買いに行きます。

雨でない日が3日続いたので、今日はなにをおいても赤紫蘇dayです。

(笑・雨後に収穫した紫蘇は・・・ナメクジ君が潜んでいる確率高いdown

| | コメント (2)

2017年6月11日 (日)

ヒメシャラ (姫沙羅)

Himesyara17061103

Himesyara17061101

Himesyara17061102

ピンクシャラと入れ替わりに開花が始まり、見ごろを迎えたヒメシャラです。

午前中2時間程、庭に出て花がらの始末をしました。

1週間庭を留守にすると、草取りがどこまで進んでいたのか?元の木阿弥…

これから10月頃までは雑草たるやその生命力をしっかり見せつけられます(笑)。

これほど疲労が残る、遠出は初めてです。

これからはこの繰り返しだろうと想像します。

雑草との格闘がどれほど楽しい庭世界のことなのか改めて感じたしだい。

笑・庭ってサイコ~happy01

| | コメント (0)

クラスペディア・ゴールドスティック

Craspedia170521

クラスペディア・ゴールドスティックです。

大人の親指と人差し指で○を作ったより実物の球は小ぶりです。

昨秋種をまき開花しました。

クラスペディアはドライフラワーにしてもほぼこの黄色を保ちますので

生の花を楽しむというより、ほとんどドライ用に切ってしまいます。

今年の花束ができた時点で新旧交代です。

株の冬越しも可能で、うまくいけば2、3年は植えっぱなしで楽しめます。

ドライ花束を人様に差し上げたときの感嘆の声は

ラベンダーよりかなり上だと思いますpunch

昨日は蒸し暑い中、2時間ほど庭の消毒をしました。

まだ、疲労感があり動きたくないのですが、downdowndown残念光景を目にすると

無理も致し方なしです・・・。

さて、今日はどんよりcloud空。sunを背に庭仕事と比べたら、疲労度は半分。

2、3時間、頑張ってみようpunch

| | コメント (0)

2017年6月10日 (土)

アジサイ (ゼブラ)

Zebura17060601

Zebura17060602

アジサイの季節になりました。

4月になると「母の日にアジサイをpresent」…

園芸店に豪華なアジサイの鉢植えが並び、見るだけでも楽しみです。

昨年ひときわ目を引いた「ゼブラ」です。大鉢のお値段はひときわ高く(笑)

小鉢は2000円程だったと思います。でも、挿し穂が3本取れたら十分。

昨年の挿し芽は、秋には定植し↑ 今はこんな風です。

「ゼブラ」・・・そうなんです。このアジサイの茎は黒色。花は白。

とてもおしゃれshineさん。

| | コメント (0)

2017年6月 9日 (金)

クレマチス (パープレア・プレナ・エレガンス)

Cleclematis17060601

Cleclematis17060602

Cleclematis17060603

パープレア・プレナ・エレガンスが満開。

東名・東海環状・中央道・長野道・上越道・・・ヅガデダ~car

6日に帰宅したものの、7日からdown。

暑いのか寒いのか熱があるのか頭痛&疲労困憊ガラガラ声・・・。

庭は気になり見回りましたが、雨で倒れたアナベルを起こしただけ。

今なにより必要なのは自分への支柱かも(笑)。

| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

キンシバイ (金糸梅)

Kinsibai17052801

キンシバイが見ごろです。

頂いた一枝で挿し穂を3本取り、1年目で定植、2年目の今年は

株が50~60センチ程になりました。

花後の剪定を強めにしないとあっという間にジャンボ株になりそう。

さ・・・5日。今日中には帰宅できないだろうなぁ~。

前もってup中。

| | コメント (0)

2017年6月 4日 (日)

カシワバアジサイ (柏葉紫陽花)

Kasiwabaajisai170528

Kasiwabaajisai17052901

Kasiwabaajisai17052902

カシワバアジサイです。

日の当たる時間の長短で開花のはやさ、花のボリュームが大分違います。

短いほうは、まだ花に隙間があり、見ごろではありません。

柏餅を包む「カシワの葉」に似ている葉を持つことから

名付けられたことは、葉を見ればほかの理由がないだろうことは想像がつきます。

この1週間から10日程は、庭に出られそうにありません。

人とかかわって生きている証拠ですね(笑)。




| | コメント (0)

2017年6月 3日 (土)

ジキタリストロヤナ

Digitalistrojana170529

Digitalistrojana17052801

Digitalistrojana17052802

ジキタリスは冬に強く夏に弱い、当地向き植物ではありません・・・が好き(笑)。

このジキタリストロヤナは「耐寒性多年草」という札をつけていた為、

手にして売り場に戻しました。・・・が どうも気になってもう一度札を見ると

大暑性が5段階の3、ジキタリスの中では夏越ししやすいと書かれていました。

昨年はさほどの見せところなく終わってしまい「やっぱりダメか~down」でした。

しかし今年は「耐寒性多年草」の札通りの本領発揮bomb

札通り、ほぼ60センチに育ち1株から6,7本は茎がのびてきました。

一昨日「葬儀」の連絡が入り、昨日は1日中バタバタ連絡買い物。

「葬儀」は地方により全く方法が違う場合が多く

「常識の有無」まで問われたりもする。

人の常識は人の数だけあるから致し方ありませんが、

葬儀は当事者でない限り、口は慎むべしpunchと思う。

結婚当初から、遠路はるばるの冠婚葬祭ばかり経験した私の考えです。

今回は若い世代の家族のつながりの葬儀ですから、熟年夫婦は

遠路頑張ってcar運転するのみです。

娘家族が24時間以上かけて帰国の途につくことを思えば、なんのそのですが。

(自分たちの「そのとき」は遠路はるばるはご辞退申し上げたい)

ゴリ押し多数決の時だけでしょう?数欲しいのは(笑)。

心たたむ時は、ごくごく親しい人だけでありたいthink

笑・・・まだまだ先の先のことですが、今はそう思う。

| | コメント (0)

2017年6月 2日 (金)

ドクダミ (蕺草・十薬)

Dokudami170529

ドクダミが見ごろです。

斑入り、八重ともに地に下したら、通常のドクダミのみになりました。

スズランの中、リュウノヒゲの中、どこにも侵入してしまいます。

触れれば、独特の匂いがいつまでも残り、厄介です。

よって、草取り中、できる限り抜いていますが、全滅することはないでしょう。

安心して抜けます(笑)。

でも、決して嫌いではないんですヨ。

苦手な匂いも、無臭になったら「ドクダミ」でなくなります。

この季節になくてはならない好きな花です。

Dokudamiw170601_2

昨日久しぶりに行った山野草のお店で、切り花用に頂いた八重です。

斑入りも、八重も消えてしまったというと

大きなプラ鉢を下さり、それに植え地に埋め込めば大丈夫とのこと。

八重は通常ドクダミのような繁殖力はないとのことでした。

昨日より2℃上昇予報ですが、蒸し暑さは昨日ほどなさそうです。

4月末にまいた夏草花が半分種類程、発芽がありませんでした。

育った分の苗は定植中ですが、2、3日で苗がグンと大きくなった時

根切り虫? 突然に萎れてしまったり、

あんなに元気だったテッセンが突然茶色に枯れました。

心立ち上がってからは、がっかりも慣れていると言いますが

ばばちゃんも人の子です(笑)。

| | コメント (0)

御前崎

Omaezaki17053104

Omaezaki17053105

Omaezaki17053106

Omaezaki17053101

ひさしぶりの御前崎。

防波堤を三脚代わりにコンデジでパチリパチリ・・・

海目的でない為に、1デジ持たず来たことを後悔。

Omaezaki17053103

目的の1つは「かつを」でした。

Omaezaki17053107

原発。

Omaezaki17053108

以前よりだいぶ増えていました。

Omaezaki17053109

緊急避難場所。

車窓から2か所は存在が確認しました。どちらも草刈作業中でした。

以前は、この海岸線続きの海へカメラを持ってよく出かけました。

真冬、粗い砂が頬に痛い程あたる日の夕日は迫力あったなぁ~think

月日・・・あっという間。

久しぶり、山野草のお店にも寄りました。

ひょっとして閉店しているかなぁ~なんて(失礼)思ったけれど

いえいえ、ますます繁盛でした。

お元気な店主の顔を見られ、「こうでなくっちゃpunch」訪ねたかいがありました。

こうすべき、こうあるべきなんて足枷手かせしないで、楽にすごそうpunch

| | コメント (0)

2017年6月 1日 (木)

朝飯前 ③

Ume17060102

頂いた梅、5キロのあく抜き、へた取りし、昨日~今朝まで追熟させ

ほんのり香りがたってきたので、漬けこみました。

 梅…5キロ  塩…900グラム  砂糖…200グラム 

味噌を漬け込む大きなタッパーに調度おさまりました。

梅の2倍の重しをして、作業終了。

「朝飯前」…正確には「朝食準備前」にラッキョウ、ジュース、梅作業終了。

片付け仕事になってしまいましたが、終えるとホッとしました。

「塩梅を見る」…冷蔵庫のない時代この時期に生まれた言葉なんでしょうネ。

| | コメント (0)

朝飯前 ②

Ume17060101

あく抜きし、へたを取った青梅1キロを1日冷凍庫で凍らせる。

消毒した瓶に氷砂糖1キロで漬けこむ。

Ume17060103

昨年漬けた梅ジュースです。

ムシムシの日、真夏には本領発揮のさわやか梅ジュースです。

| | コメント (0)

朝飯前 ①

Rakkyo17060101

Rakkyo17060102

Rakkyo17060104

昨日は以前住んでいた街から、東へ延々・・・car

道の駅でラッキョウ(少々小さいすぎ感がありましたが)を買いました。

次の道の駅で、大ぶりなラッキョウを見つけ、迷ったけれど大ぶりもを購入。

ラッキョウは堀りたてが命punch 帰宅後即、下処理。

土を落とし、根を切り、薄皮を剥ぎ、熱湯に10秒つけ

沸騰させ覚ました調味料に漬ける。

night

今朝、消毒した瓶に移し、めでたく甘酢づけ作業終了。

| | コメント (0)

« 2017年5月 | トップページ