« 2017年7月 | トップページ

2017年8月16日 (水)

ボックセージ (サルビア・ウルギノーサ)

Salviauliginosa17081201

Salviauliginosa17081202

春から、すでに3度は切戻しをしているボックセージです。

長い事植えっぱなしで、根詰まりは承知でこの夏もまんまです。

花が終わる晩秋に掘り起こし作業を行えるか否かは体力気力しだいですが

ところどころ、根を切り増し土をする程度の作業はしなければ。

そうするとあれもこれも・・・気になるモノばかり。

この2、3日30℃を少々超す程度、雨もよく降ります。

庭作業は炎天下よりはるかに楽ですが、湿度が高く汗でずぶ濡れ。

昨年秋に植え、6月頃からグングン育っていた「コンニャク」が

地際で、腐ってあっという間に2/6 4本倒れました。

地中の芋が無事であればいいのですが。

同様、ギボウシ、クリスマスローズの株もとで腐敗し始めました。

腐った葉を取り除く、ガッカリ作業は張合いありませんが、

放っておいたら、被害拡大です。

多少の差はありますが、例年の事、暑すぎる夏が原因。

ずっと変わらない、ボックセージのさわやかな水色にありがとうです。

| | コメント (0)

イカ寿司

17081502

最近中くらいのイカがお店に並んでいます。

イカが不漁とニュースで見ましたが、3パイで400円くらいに下がりまずまず。

中くらいのイカは煮ても焼いても小イカに変身してしまいますが

中イカでベストサイズの「イカ飯し」「イカ寿司」。

もち米を使うのでむっちりですが酢味でさっぱり頂きました。

イカ   3尾(わたを抜く)

もち米 1/2C

①もち米は作る2時間前に水につけ、イカにいれヨウジでとじる。

②圧力なべに、だし2C+酒大3+醤油大1+砂糖大1程度(お好み)+イカ入れ

沸騰後中火5分。火を止め15分蒸らす。

③鍋から取り出したイカに合せ酢(寿司を作る時の味で大5)を振り掛ける。

④煮汁は煮詰めて③にかける。

イカは柔らかく、崩れそうですが冷蔵庫で冷やすと、ちょうど良い引き締まり。

冬は圧力を少し短めで、煮汁をかけて「いか飯」で頂くことが多いです。

| | コメント (0)

2017年8月15日 (火)

リコリス

Licoris17081401

Licoris17081402

Licoris17081403

リコリス・・・昨年より10日程遅い開花です。

今年は5本茎が上がっています。

開花するまでは、目立たない為、草取り中芽を欠かぬよう注意が必要。

花後は細長い葉が沢山出て、枯れて冬に入る為

枯れた葉が株の上を覆うことになります。

球根が凍ってしまわないように自然の摂理でしょうか?

リコリスが咲くと、彼岸まであとひと月・・・なんとなく嬉しくなります。

昨今は彼岸が来ても残暑厳しいのですが

「暑さ寒さも彼岸まで」昔の人の言葉は人生の句読点のよう。

今日は朝から小雨ぱらつき中。

今日こそのんびりしよう~と思う間もなく、あれしてこれして・・・

ま・それがのんびり生活満喫中ってことですがhappy01

| | コメント (0)

葛餅

170814

近隣の会社が夏休みの為、街が静かです。

無くなって初めて知るありがたさ・・・ではなく「多い交通量」(笑)。

大型スーパーも皆さんお出かけでしょうか?殺気立つような勢いの車がいない。

店内も全国からお取り寄せの菓子類が並んでいて普段とちょっと違う。

でも・・・有名店の有名菓子ではなく、ちょっと似ているモノ。

たとえば京都の生八つ橋・・・「生八つ橋」ですが、お店の名前は初めて聞く名。

そんな中から「葛餅」を選びました(笑・選びました)。

川崎?・・・葛餅は「奈良でしょう」と思いながら。

あけてびっくり、葛餅なのに小麦粉使用と書かれていましたdown

おいしかったらどこ産でもいいんですけど。

| | コメント (0)

2017年8月14日 (月)

ハナトラノオ (花虎の尾)

Hanatoranoo17081201

Hanatoranoo17081202

ハナトラノオです。

小さいラッパ状の花は茶色に枯れますが、

花色が少しベージュがかってきたら、指でつまむとハラハラと落花します。

レンズを通すと枯れが目立ちますので、ちょっと触れてきれいにしてパチリ。

花もやっぱりきれいに写りたいと思うのです。

庭の花に触れられるのは主の特権punch(笑)。

昨日午後3時過ぎ頃、庭でツクツク法師が鳴きました。

あ・・・夏も後半だhappy01と、嬉しくなりました。

夕方のウォーキングでもやはり近辺でツクツク法師が鳴いていました。

暑さの峠は越したかなぁ~。

| | コメント (0)

ベリーベリー酒

17081302

昨年栗原はるみさんのレシピ「ベリーベリー酒」をつくり

甘く、ピンク色の果実酒にすっかりはまり、2回作りました。

今年は庭のブルーベリーが収穫少なく、やっと2キロ程冷凍でき

ホワイトリカー1.8リットル分一度に作れました。

下戸の私は氷砂糖をレシピより少々多めにします。

その後取り出した果実はジャムに変身させ2度楽しみます。

ブルーベリー  200グラム

ラズベリー   200グラム

氷砂糖   100グラム

ホワイトリカー  500CC

| | コメント (0)

2017年8月13日 (日)

ミソハギ (溝萩・禊萩)

Mizohagi17080801

Mizohagi17080802

ミソハギです。

盆花、精霊花と呼ばれる花は今日のupがいいかなぁ~と思いました。

墓地の花とも言われますが、公園化された墓地では・・・eye見られません。

出かけた際の車窓からは、あちこち墓地で目にします。

今年のミソハギはそろそろ終盤です。

暑い夏・・・5年以上も植えっぱなしで、ごめんなさいです。

ミントに押され以前の1/10程度になってしまいました。

今年の秋には植え替えしなくてはpunch

父の墓参り・・・8日に済ませました。

済ませる・・・片付け仕事のようです(笑)。

でも、この時期は墓参用花を買う方がた~くさんで、

当日も、互いに選んだ花でそれとわかり、無言ですが「あなたも?」

目の会話。

今・・・蝉の声しか聞こえません。

静けさや~・・・岩に染み入る蝉の声・・・です。

| | コメント (0)

マクワウリゼリー

17081301

キッチンガーデンのマクワウリが一度に10個も収穫できました。

夫がブルーベリーの周りの日除けに植えているのは知っていましたが

ゴロゴロゴロゴロよく実ります(笑)。

1つ2つ購入する時は「あっさり美味しい」と思うのですが

10個収穫は「ど~しよう」が先に浮かびます。

見た目の変化でゼリーにしてみました。

美味しいです・・・が、砂糖は余分なカロリー摂取です。

カロリー控えめは、忘れてはならぬ永遠のテーマ。

| | コメント (0)

2017年8月12日 (土)

バジル

Basil17080801_2

Basil17080802_3

バラ園に植えているバジルです。

切り戻しをした後、写したので少々貧弱ですがバラの虫除け、日除け役です。

バジルは確かに虫が嫌いな植物ですが、我が家に押し寄せる虫の数は

半端ない数で、月2、3回の消毒は欠かせません。

(よって、このバジルを食卓にあがることはありません。)

カミキリムシやコガネムシなど庭で冬を越す虫はやっかいです。

一年草のバジルに加え、最近はハーブマリーゴールド、ロシアンセージ、

パイナップルセージ、ヤロウ、ベルガモット・・・花が美しいハーブも増やしました。

主役のバラがハーブの勢いに負けてしまいそうですが

・・・ま続けてみないことには、出来不出来効果語れません。

| | コメント (2)

シャインマスカット

Shinemuscat170810

ブドウ房の上下にこんなに差があるとは・・・

シャインマスカット初めてスッパイと感じました。

産直JAで買うシャインマスカットとお値段は倍近く違うのに・・・。

良く見れば、なんとなく若い気がします。

スーパーやホームセンターをぶらぶらした夫が買ってきてくれました。

これ・・・美味しく変化させるにはどうしたらいいんでしょう?bomb

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

ケイトウ (鶏頭)

Keitou17081001

Keitou17081002

ケイトウのボンベイファイヤーです。

笑・ボンベイファイヤー?

ボンベイの火?

インドの暑さ・・・まぁ~noteつけたモノですネ。

命名賞あげてもいいかもしれません。

昨夕水やりを迷ったかいがありました。

今朝方雨音がしてホッheart04

台風が去ったばかりですが、2日もすれば日照り水やりの日々。

1回お休みできるだけでも、体が楽です。

水やりが楽しいと思うのは30℃まででしょうね。

| | コメント (0)

水餃子

Suizyouza170810

この1週間で3回水餃子を作りました。

1回目包み方を夫に手ほどきしました。

2回目2,3個包んで、あとは夫に任せました。

包み終えたという餃子を確認するととても上手に雛形に包んでありました。

cat「私より上手ネ~」(お世辞半分)

leo「餃子を開いてみたら、自分の方が中身が少なかったので、入れなおした」

cat「・・・?えっ」(ずいぶん時間がかかったわけだ)。

皮の数に合わせて中身はおよそ半分半分わけることは伝え済みです。

3回目の昨日は、種だけ作り(種は任せられません)包みをお願いしました。

自分で作ったらあっという間にできるけれど我慢です。

ゆで方も教えて、完成を待ちました。

なが~く待った後

leo「できたよぉ~note

restaurant  sign02 

のどごしツルンツルンと、いくつでも食べられる水餃子のはずが、

ぎっしり詰まった肉餃子。

焼餃子か揚げ餃子にでもしたほうがヨカッタかなと思いました。

leo「どう?」

cat「これって、どうしてこんなに固いの?ゆで時間長すぎない?」

leo「餃子の中身全部皮の中に入れたから、ゆで時間は2分長くした。」

cat「えっ?餃子は2回分って言ったよね?ゆで時間は言ったよね?」

夫は、包むのが楽しくて(たぶん)2回分は承知で全部ギュウギュウ詰めた。

ゆで時間は長くしたから、火は通っているpunch・・・自信満々。

味見してはじめて「sign02なんだこれ?」状態だったと思います。

あ~メンド~です。

なんにもしないでいいから、毎日おでかけしていいから・・・(笑)。

定年退職した夫は家庭に入る時、妻も同じ時間が流れてきたことに気付け。

こちらの社会で暮らすあなたは初心者マークbudです。

うまく楽しく暮らすには、それなりの知恵が必要だと心得ています。

妻は学習機能フル稼働。

餃子種は1回分だけ渡そうscissors 新たに、学ばせて頂きました。

何事も一人でやった方が早く楽ですが・・・

それでは居心地悪かろうと、声をかけるけど

「優しく穏やかな声」は届きませんネ(笑)。

| | コメント (4)

2017年8月10日 (木)

パイナップルミント

Pineapplemint17080801

Pineapplemint17080802_2

春から何度も切り戻しをしているパイナップルミント。

コンポストの中に入れたり、乾燥嫌いの植物周りに敷いています。

我が家のハーブの使い道は、虫除け対策が一番かも・・・

あ・eye見た目、観賞としてが一番でした(笑)。

| | コメント (2)

水ようかん氷小豆のせ

170810

本日も早朝から、庭作業。

バラ株の周りに、虫除けの為植えている、ハーブ類が先日の台風で倒れた為

起こしながら、切り戻しし、支柱を立て直し作業。

カンカン照りではないけれど、湿度が高く

ダイエットにはかなりいい具合?と、思う程、全身汗・・・

水分補給休憩は度々とりますが、

水分補給だけでは、体を冷やすまでにいきません。

低カロリーのカップ氷をちょっと工夫・・・

水ようかんにのっけてみました・・・ちょっと満足punchですが、

融ける氷のはやいこと(笑)。

| | コメント (0)

2017年8月 9日 (水)

ハナスベリヒユ (ポーチュラカ)

Portulaca17080802_2

Portulaca17080801

ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)です。

子供のころは良く似たマツバボタンが庭のあちこちに咲いていました。

懐かしさもあり、ボーダー花壇の花の終わった球根類の上に植えました。

どこでも開花する元気モノ。

庭の雑草のひとつに、ハナスベリヒユにそっくりな「スベリヒユ」があります。

ハナスベリヒユより、太い茎で地面に張り付くようにどんどん広がります。

花は太く立派な茎や葉に比べ、あまりに小さい黄色花。

スベリヒユのようにカラフルでそれなりの大きさで花を咲かせたら

雑草メpunchという扱いをされないですむのに(笑)。

いえいえ・・・甘い顔をしてはいけません。

彼らは三日で倍倍倍の生命力です。

今日は早朝から庭の消毒をしました。

夫が午前中は手伝ってくれるというので、はかどりましたhappy01

台風前に行う予定でしたが、

のろのろ台風で、結果消毒日が1週間遅れたことにより、

コブシ、ツバキに「チャドクガ」が発生していました。

バラの花に頭を突っ込んでいるマメコガネ。

葉を食べつくしているアカスジチョウレンジ。

ブドウの葉を食べつくしている・・・角あり、茶色巨大虫?

笑・虫図鑑を開いて名前を調べたいのですがbearing

図鑑の中すべて、虫と病気で、気絶モンです(笑)。

今日は、体温より暑くなるとか・・・早くコイコイ秋。

| | コメント (0)

キジ (雉)

Kiji17080801

昨日の夕方庭でギャ?ギャ? 

キジだろうとは想像できますが、あまりのだみ声に姿を探しました。

いつもは木々の間を縫うように隠れながら動いているのに

なんとも堂々と芝を歩いているではありませんか。

バックに入っているコンデジを急いで取り出し、居間に這ってパチリ。

まだ一匹で活動しているところを見ると、メスは卵を抱いているのかな?

| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

宿根ヒマワリ (宿根向日葵)

Himawari17062702

Himawari17062701

Himawari17062703_2

宿根丁字咲き姫ヒマワリです。

初めての宿根ヒマワリです。

ヒマワリというより、お隣同士のダリアに良く似ています。

ダリアのように毎年開花してくれるといいのですが。

背丈のあるヒマワリを沢山植えるのも好きですが・・・

20本30本のヒマワリでも、花後の処分作業は重労働。

ヒマワリのザラザラが手足あちこち傷を作っていたり(笑)。

笑・・・結構デリケート肌の私は皮膚科に通う羽目になります。

昨日は大雨の中、ひょっとしたらhospital皮膚科がすいているかもとcarでかけました。

皮膚科シーズン?1時間半近く待って1、2分で診察おしまい。

eyeglass「かぶれです」。

先週末からハーブの刈り込み後腕に湿疹ができていたのですが・・・

何にかぶれたんでしょう?

全身覆っているのに、休憩の時手袋を外すのです・・・

外してはめるとき、目に見えない何かが手につくとしか思えません。

台風が去った庭を歩くのは怖いのですが・・・

蝉の鳴き声で雨が止んでいるのがわかります。

一回りしてこなくてはdenim




| | コメント (0)

2017年8月 7日 (月)

アカハナマツムシソウ (赤花松虫草)

Matumusisou17070301

赤花松虫草が見ごろです。

画像は7月初め頃写しましたが、今も沢山開花しています。

マツムシソウもオミナエシ同様、秋の花のような雰囲気。

近隣のハイキングコースを最近は歩いていませんが

こんな花を見ると、涼しくなったら行ってみようかなぁ~

そんな気にさせられます。

台風5号が自転車並みの速度で・・・このままのコースで来ると

台風の右側になりそうです。

鉢モノなど地に下したり、午前中に済ませます。

どうぞ、どこもかしこもなるたけの被害少なくありますようにthink

| | コメント (0)

土用の丑 ②

17080601

今年は土用の丑の日が2回。

2回目の昨日は白焼きを買って自宅で土用の丑day.。

15~20年前は・・・(まだついこの間のような気がするのですが・笑)

浜名湖近辺は白焼き専門店が沢山ありましたが

ウナギの稚魚が激減したせい?輸入モノがあふれたせい?

有名白焼き店に長蛇の列・・・という光景は見られなくなりました。

それでも季節もの、ウナギ店の煙&匂いは故郷の香りのひとつ。

という思いもあり、エエェイpunch 頑張って浜名湖産白焼きを買いました。

白焼きをふっくら専門店ウナギに近づけ、変身させるには

日本酒を沸騰させた鍋に、白焼きを入れます。

ようは、酒風呂に入れて酔わせるのです(笑)。

あなたは極上の浜名湖産うなぎなんだよ~note

専門店のタレを、日本酒と醤油みりんなどで自宅タレに変身させた中に

ウナギを漬け煮し、ウナギを取り出し煮汁を煮詰める・・・

ここまでで煮崩れしたら(笑・失敗モノ)。

季節ものは、作る楽しみテーブルに並べる楽しみ・・・

「おいしいねぇ~note」という日が、いいのです。

| | コメント (0)

2017年8月 6日 (日)

オミナエシ (女郎花)

Ominaesi17072601

Ominaesi17072602

オミナエシは7月の中旬ころから開花中。

小さい花柄は目立たず、遠目にはずっときれいなままです。

こんなに暑い真夏に、長くきれいに咲くオミナエシに感謝しかありません。

だんだんに傘状の花の塊が茶色を帯びて、いよいよ最後には

「終わりましたよ」と・・・でもその姿ピンシャン、枯れてなお優雅。

間もなく立秋です。

早くコイコイ・・・秋maple

オミナエシの冬姿は地上部がありません。

地中深く眠っている株、地上に盛り上がっている株・・・

冬作業中は知らず知らずシャベルやクワで痛めてしまうことがあります。

笑・・・?

オミナエシの臭気を知ることになります。

猫が糞をしたのかと間違えたことがあるくらいの臭いです。

以来、オミナエシの植え場所は忘れません(笑)。

| | コメント (0)

2017年8月 5日 (土)

百日草 (ジャイアントライム)

Hyakunitisou17073001

Hyakunitisou17073002

百日草です。

昔からある百日草にはなかった色です。

子供のころ当たり前に咲いていた花ですが、進化はここにもあり

ポンポン咲き、ライム色の百日草種をまきました。

植え場所の土が花には痩せすぎで、少々貧弱です。

昨日のマリーゴールド同様、今昔の感・・・時の流れを感じる花です。

九州の豪雨からひと月・・・あれから、ずっとあちこちで天候異変のニュース。

降らない雨降りすぎる雨、鎮まれ鎮まれ鎮まれ・・・祈think

| | コメント (0)

ラッキョウ漬け

17080501

5月末に漬けたラッキョウカリカリ漬けが出来上がる。

1か月前は見てくれ上々白くきれいでしたが、まだ味が若い。

2か月たって色も塾年色、味も深みまして美味しくなりました。

熟してもカリカリと歯ごたえ良く、それは手間punchのおかげ?(笑)。

| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

マリーゴールド (ポルックスレモン)

Marigold17073001

Marigold17073002

マリーゴールド・ポルックスレモン。

公園の花壇でよく見かけるマリーゴールドよりだいぶ大きい花です。

丈も花同様あり、花壇の縁取り役というイメージではありません。

葉や花に触れると香るマリーゴールドの香りは同じです。

こぼれだねを期待し、花が終わった後、花柄を揉んで種を散らしましたが

残念・1本も発芽しませんでした。

改良花のか弱さでしょうか? わかりません。

すがすがしい黄色が夏の庭によく似合います。

昨日の午後は、録画していた映画

「マリーゴールドホテルで会いましょう」を見ました。

あ・明日はマリーゴールドの花をupしようと思いながら(笑)。

シニア7人の生きてきた時間と確実にそれより短い時間のこれから

面白おかしいけれど、何かズンとくるものがありました。

マリーゴールド・・・平々凡々ありきたりの花の良さ。

| | コメント (0)

青りんごゼリー

17080401

ゼリーは夏のおやつにぴったり。

のどごしツルリン。

みぞれをのっけてより涼しさ演出と思いましたが、せっかくののどごしをdown

笑・あれこれ考えるとカロリーupにつながります。

シンプルがいいpunch

| | コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

フウセンカズラ (風船蔓)

Fusenkazura17073001

Fusenkazura17073002

フウセンカズラです。

バラの新雪がこの春テッポウムシの食害で枯れ、

フェンスがマルマル空いてしまい、門周りということもあり

さすがに、お隣ジャングルからしのびよる雑草&木々が悲しくて・・・

フェンスにネットをかけて、フウセンカズラを這わせましたが

フウセンカズラの可憐さとジャングルでは勝ち目なし。

ヤメsign03

腹立たしいことを頭に浮かべても、せっかくの朝がつまならない。

このフウセンカズラ・・・岐阜のバラ園がご実家です。

去年茶色に枯れて、フェンスを這っていたフウセンカズラを見つけ

風船を2、3頂きました。

ツルをうんと伸ばしてpunch、故郷のバラ園が見えるかもですよ(笑)。

| | コメント (0)

2017年8月 2日 (水)

センニチコウ (千日紅)

Sennitikou17073003

Sennitikou17073001

センニチコウ(ストロベリーフィールズ)です。

昨年、頭の部分を両手でこすって種を落としておきました。

春からの発芽量にびっくり。ぎっしりカイワレ大根パック状態。

かきとった後の、運の良い(笑)センニチコウ達です。

Sennitikou17073004

白は1/20程度の発芽でした。

昨日午後は雨マークがあったのに、県内東より、東京方面のみ大雨。

TVの画面に、大雨注意が出ても、こちらぱらつきもせず。

ま・日本一だの二だの晴れ日が多い所ですから(泣笑)。

午後ただただ暑い庭を歩いたら、木々から飛び立つ蝉の数に仰天。

どうしちゃったの?というくらいの数です。

あらぁ?雨?と思ったのは、れいの・・・蝉の・・・あれでした。

あまりの暑さのせいでしょうか? 蝉は鳴きもせず飛び立ちました。

それともみんな雌? な、わけないですよねnote

| | コメント (0)

白玉団子

17072402

白玉団子。

粉を水で溶き、団子にして、沸騰湯の中で浮かぶまでゆでる。

氷でキュッと冷やして、きな粉をまぶして完成。

以前は住宅街に住んでいたので

わらびもち、焼き芋・・・いろいろな販売車が回ってきました。

ここは・・・少し離れた住宅街に来る「わらび~もち、わらびもち」の声だけ。

氷で冷やしたわらび餅を、網ですくって、きな粉の中に入れ

三角の袋に入れて楊枝1本さして、手渡される・・・ちょっときな粉がぬれて

そんなことを思い出すと、白玉団子をつくりたくなるのです。

四角に切ったわらびもちからは連想できないから不思議(笑)。

| | コメント (0)

2017年8月 1日 (火)

ムクゲ・姫花笠 (槿・姫花笠)

Mukuge17073001

Mukuge17073002

Mukuge17073003

ムクゲ・姫花笠です。

紫玉と同様、丈が伸び、手が届くところではなかなか開花しません。

遠目に目立たず、落花した花の数で上はにぎやかだとわかります。

まっすぐスルスルと良く成長しますが、茎は柔らかく

一枝と、引っ張ると驚くほど太い幹が、ボキッと折れてきますbearing

どうしようもない程大きくなる前に、地際で切っても

すぐに切株から芽をだし、楽しめそうです。

近隣の庭屋さんの畑では、年季の入った樹木の仕立て直しで

そんな光景をよく目にします。

畑観察して猿まねするのも楽しいですnote

| | コメント (0)

梅ジャム

17073101

「梅ジュースの梅を取り出した?」友人から電話mobilephoneをもらっても

なかなか梅を取り出せないでいました。

梅ジュースの梅は1月もしたら取り出して、梅ジャムを作るといいと

友人はしきりに言うのです。

我が家の梅ジュースはちょっと琥珀色がかってコクがあるのですが

1月2月では・・・やっぱり味が若かった(笑)。

取り出した梅を湯で、種を取り、砂糖を入れて煮詰めるだけ。

ゆで時間が長いと種を簡単に取り出せるそうですが

私は、2、3分ゆでて、ナイフで実をそぎ取りました。

梅は氷砂糖で十分甘いので、ほどほど砂糖を足して煮詰めました。

ゆで時間が短いので、キョロキョロした感じで完成。

ヨーグルトorみぞれの上に載せて頂くと美味しいです。

あ・・・

感想としては・・・梅ジュースのコクが欲しいので、梅ジャムはパスしてもいいかな。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ