« ヒラアジ | トップページ | 栗ごはん »

2017年9月 9日 (土)

シュウメイギク (秋明菊)

Syumeigiku17090402_2

昔々中国からやってきたシュウメイギクは八重咲き桃色でした。

日本の各地に広がり野生化したシュウメイギクは、

赤紫の八重が菊を連想させることから、江戸時代に「秋明菊」と名付けられました。

スウェーデンの植物学者が秋明菊を「ジャパニーズ・アネモネ」 と名付ける。

19世紀になりプラントハンターがイギリスにシュウメイギクを送り

ヒマラヤ原産の同アネモネ属と交配し、現代のシュウメイギク誕生となりました

・・・ とさhappy01

植物学者&プラントハンターの名前はノートで確認しないと・・・(笑)。

 

中国名「秋牡丹」

日本名「秋明菊」

英名「ジャパニーズ・アネモネ」

現代は誰もかれもが植物を他国に移すことはできませんし

野山のモノはまんまその場に置くのがルールです。

 

が、花のルーツを知るとただ美しさに感動した昔々の人の

吐息が聞こえてくる気がします。

花一輪。されど一輪。

|

« ヒラアジ | トップページ | 栗ごはん »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

●でんでん大将さんへ
ヨカッタですね。
こちらは秋の気配はありますが
どう見ても「夏」ですsun

投稿: 草もみじ | 2017年9月10日 (日) 08:13

わが家のピンク色の秋明菊も咲いていました。アジサイに隠れて、見つけないでいましたが、いよいよ秋だと実感しています。

投稿: でんでん大将 | 2017年9月 9日 (土) 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒラアジ | トップページ | 栗ごはん »