« 朝食 | トップページ | 朝食 »

2017年11月 7日 (火)

百舌の速贄

17110304

庭仕事していると、こんな風に「百舌の速贄」に出合います。

コオロギ、カマキリ、ミミズ・・・生干しのミミズなどは気絶しそう(笑)になります。

百舌はせっせせっせと、ドライフードづくりに勤しみますが

沢山作りすぎるのか?忘れん坊なのか? 

ドライ完成の来春は他の鳥がパクパク・・・

保存食もほどほどで使い切るのがいいのは人の世も同じかな

みんなの為に、せっせせっせの百舌君に拍手scissors

17110305

百舌の速贄のあった早生みかん「高林」です。

JAショップにはすでに沢山並んでいますが、我が家のは

1つだけ採って、食べごろを見ています。

今年はもっと酸味の少ない「ゆら」が出回っていて魅力的。

近隣のミカン園を見ると、土壌改良をせず

こんもり土を盛り、その小山に1本ミカンを植えています。

こんもり山の土がミソとわかります。

同じ時期に2つの果樹園で、ミカンを植えかえをしたので、

比較しながら毎日お勉強させてもらえます。

|

« 朝食 | トップページ | 朝食 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

草もみじさん今日は〜。
百舌鳥の速贄。明らかにオーバーキル
保存食で食べる以上に獲ってますよね…

高鳴きとセットでお嫁さん候補への
財力、狩りの腕前、甲斐性アピール

テリトリー争い恋の鞘あて
ライバルへの実力誇示なんですかね…

百面相ならぬ…百舌鳥声真似も遊びなのか
獲物を呼び寄せる罠なのか…

あれこれ想像するのも面白いですね
ではまた

投稿: とり3 | 2017年11月10日 (金) 10:33

●まんたろうさんへ
草取り中、顔を上げた目の前に…eye
びっくりします。
干物産地があるようですネ(笑)。
以前は「トカゲ」がほとんどでしたが
当地にきて「ミミズ」をはじめて見ました。

「カナヘビ」初めて聞く名前でしたので検索してみました。
「トカゲ」と区別がつきませんでした。

犯行の瞬間も干すところも見たいですnote

投稿: 草もみじ | 2017年11月 7日 (火) 18:58

初めて見たときはビックリしましたねぇcoldsweats01
トカゲの態勢が生きてるような恰好だったもので
生きてるトカゲかと・・・
我が家は近隣に川の土手があるので
トカゲやカナヘビなどの干物を数多く見ます
一度でいいから、犯行の瞬間を見たいものですhappy01

投稿: まんたろう | 2017年11月 7日 (火) 11:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朝食 | トップページ | 朝食 »