« ウラシマソウ (浦島草) | トップページ | ハウチワカエデ (羽団扇楓) »

2018年4月 6日 (金)

ヤブレガサ (破れ傘)

Yaburegasa18040301

ヤブレガサです。

昨日の「ウラシマソウ」と同じように、名前と姿があまりに可愛いくて

一瞬で好きになってしまいました。もう…20いや30年も前の事。

以前住んでいた街には古墳がいくつかあり、その中でも一番大きい

前方後円墳のある場所…一年中何度も訪ねた場所です。

古墳という場所はほとんど人とすれ違うことはなく

わらび摘みの春、栗ひろいの秋に人の入った気配を感じる程度でした。

あの古墳のあの場所に「ヤブレガサ」の群生がありました。

「ウラシマソウ」も沢山生えていました。

夏になるとそれらも含めてワラビ、ゼンマイ…長靴でも入れない程の

雑草群になり、その中にあるアザミやシャジン、ワレモコウ、ナンバンギセル…

刈り込まれ、きれいに前方後円墳が現れるのです。

昨年の5月に久しぶりにヤブレガサを見に出かけました。

どれだけ歩いても、様変わりした植物しか見当たりませんでした。

古墳のすぐ近くまで、鉄網の柵が出来ていて、それらを作るために

無造作に掘り起こされたまま…せめて、埋戻しくらいしてほしかった。

意識のない人の出入りがこうも景色を変えてしまうのかと驚きました。

笑・私の所有する古墳ではありませんので勝手な言い分ですが。

あの街のあの古墳に生えていた雑草を甕に植えたのは

25年住んだあの街のお宝場所だったからかもしれません。

Yaburegasa18040302

忘れるところでした。

ヤブレガサの芽はこんな風です。

腐った落ち葉の中から1センチ程の白い芽が出るのですから、

そこに有ることを知らなければ、気づく人はほとんどいないはず。

夏の姿とこの芽の姿が結びつくと、ワクワク倍増です。

|

« ウラシマソウ (浦島草) | トップページ | ハウチワカエデ (羽団扇楓) »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

●まんたろうさんへ
一瞬ン?と思いましたがヨロキン「萬屋金之助」さんですネ(笑)。
年を重ねていい事の一つは、なにかにつけて
思い出す事が多い事です。
ヤブレガサも子供のころ見ていた時代劇まで
一瞬で飛んでいけるなんてnote

投稿: 草もみじ | 2018年4月 7日 (土) 13:27

草花の名前ひとつとっても
日本人の豊かな感性がうかがい知れますね
ウラシマソウしかり、ヤブレガサしかり
ヤブレガサと聞いて、よろきんの
破れ傘刀舟悪人狩り
を思い出してしまいました
子供だったのに、よろきんの時代劇は欠かさず観ていた
なんでなんでしょう?coldsweats01

投稿: まんたろう | 2018年4月 7日 (土) 05:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウラシマソウ (浦島草) | トップページ | ハウチワカエデ (羽団扇楓) »