« 2018年4月 | トップページ

2018年5月24日 (木)

ヤロウ 

Yarou18051601

Yarou18051602

ハーブのヤロウです。

バラ園の周り、バラとバラの間にハーブを植え始めて3年程。

土壌がバラに適さない為に、淋しいバラ園で…

虫除けもかねて、ハーブを植えてにぎやかに見えるようにしています。

ヤロウはバラの肥料のおすそわけで、ずいぶん大株になりました。

折角開花しましたが、梅雨前に半分程に切り詰めます。

蒸れて根腐れを起こしてしまうためです。

今日は午後に黄砂が来るらしい。

もうすでに、飛んでいると思います。目が真っ赤。

スギ花粉ヒノキ花粉ブタクサ、黄砂、PM2.5・・・体が拒否反応起こすので苦しい。

| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

ガウラ (白鳥草)

Gaura18052002

Gaura18052001

ガウラが見ごろになりました。

切り戻しを繰り返すことで、花は半年程楽しめると思います。

こぼれ種で発芽、昨年の木質化した株からも芽を出し、育てやすく

病害虫の被害はほとんどないのに「白鳥」という名前を持つ優雅な姿。

ただ強健で、1mを超す大株になる為、風雨で倒れやすく

支柱を立てる、切り戻しなどは必要です。

それらを怠ると、蒸れて腐ることもあります。

| | コメント (0)

2018年5月22日 (火)

クレマチス (ダーク・アイズ)

Clematis18052003

Clematis18052004

クレマチス(ダーク・アイズ)が見ごろです。

今初春にHCに入荷したばかりのクレマチスの苗鉢の中に1つだけ

真っ黒のダーク・アイズ花写真を見つけ思わずお持ち帰りしたモノです。

まだ育てたとは言えない程のお付き合いです。

黒花好きで、つい手が伸びてしまうのですが、納得の黒花は滅多に出合えません。

ダーク・アイも花写真は真っ黒でしたが…。

環境により株により違う色が出るのは致し方なしですが…残念。

だからといって、野良クレマにするなんてことはありません。

来年も再来年も開花させる楽しみに変わりはないのです。

「無理をするな」…そのように言われますが、庭に出て歩いてみると

せめて半日、せめて1時間とついつい時間を忘れてしまいます。

この季節の楽しみの一つ。

ホタルブクロの花柄を鋏で切り落とす作業です。

この作業をすることで、2回開花は誰でもでき、

夏まで3回、4回と開花させることができます。

手を入れることで、花の持っている力を出し切らせることができるなんて…

いいでしょう?

花の魅力に取りつかれること間違いなし(笑)。

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

クレマチス (パープレア・プレナ・エレガンス)

Clematis18052001

クレマチス、パープレア・プレナ・エレガンスが開花しはじめました。

地植えにすればもう少し大きい花が開花するかもしれませんが

鉢植えで、直径3センチ程で小さく可愛い花です。

Clematis18052002

小さい蕾が風に揺れ、花裏は銀色…小豆色ですが涼しげです。

鬼のかく乱かな(笑)…体調が今一つで2日間寝てしまいました。

気温30℃にもなっているのに寒く感じたり、寒いのに暑かったり…

40代の頃、一度寝込んだことがありその時は3日間でした。

3日間寝たら、腰が痛くなりました。

私は寝たきり老人にはなれないナと思ったのを思い出しました。

今回は2日で腰が痛くなりました。

寄る年波には勝てない。

筋力の落ちる早さが大分進んでいるということを痛感。

当たり前の日常生活を送るだけで、今の自分を支える筋力は保てるわけで

・・・ punch punch も・ちっと 運動しましょうup と思ったしだいです。

| | コメント (0)

2018年5月20日 (日)

バイカウツギ・ベルエトワール

Baikautugi18052001

Baikautugi18052002

バイカウツギ・ベルエトワールが開花はじまりました。

バイカウツギより1月弱遅い開花です。

ベルエトワールは白一色ですがベルエトワールは花心が薄赤色の違いがあります。

どちらも伸びた茎が弧を描くように四方に垂れるのでそれは見ごたえあります。

思いきりのいい剪定の方が形を保てるように思います。

| | コメント (0)

バイカウツギ (梅花空木)

Baikautusi18042901

Baikautusi18042902

そろそろお終いになるバイカウツギです。(画像は4/59)

ウノハナ、リキュウバイなど白花黄緑色の葉の多い時期ですが

不思議に白と黄緑の組み合わせは、白と黄緑まんまです。

今、山々の緑の多さは100通り1000通りと思うのに。

| | コメント (0)

2018年5月18日 (金)

シャクヤク (芍薬)

Syakuyaku18051601

Syakuyaku18051602

Syakuyaku18051603

暑くて気の毒…シャクヤクが開花。

これで今年はオシマイになります。

病害虫の被害はほとんどみられず、手もほとんどかからないシャクヤクは

いずれ手がかけられなくなる前に…バラ園はシャクヤク園に

なんて真剣に考えてしまいます。

昨日歌手の西城秀樹さんが亡くなられたというニュースを見て、驚きました。

| | コメント (0)

2018年5月17日 (木)

オダマキ (苧環)

Odamaki18051002

Odamaki18051001

Odamaki18051003

Odamaki18051004

オダマキ(苧環)が見ごろになりました。

糸巻きを頭に浮かべると、花の名前の由来に納得できますが

「オダマキ」だけだと…

うどんが入った大きい茶碗蒸しor白はんぺんの片方に油揚げをくっつけたモノ…

食いしん坊の私は頭に浮かんでしまいます(笑)。

そう思うと日本語は便利ですnote

さて・・・今日は曇り。庭仕事日和です。

日焼け対策をどれだけしても、背中にあたる陽は熱い、暑い、アツイ。

90%以上のUVカット上着の上からUVカット背覆いをしても

上着が日焼けで白っぽく変化することに、驚いてしまいます。

赤銅色の皮膚になり、奥深い皺が刻まれる・・・想像したくないけれど

準備とケアを怠れば、あっという間…これだけは面倒くさいと思わないpunch(笑)。

| | コメント (2)

2018年5月16日 (水)

ヒメシャラ・ピンク (姫沙羅)

Himesyara18051601

Himesyara18051602

Himesyara18051603

ピンクヒメシャラの開花がはじまりました。

白が開花するとピンクとの違いが判るのですが、

本日夕方時点、まだ開花の気配は有りませんでした。

昨日は草取り、今日は消毒。二日とも初夏を通り越した暑さでゲンナリ。

今年は5センチを超す毛虫が多い事。過去あまりなかった気がします。

消毒液の希釈を濃い目にしたいところですが、虫がより強くなってはもともこもなし。

そろそろチャドクガ発生の時期、今年はすでに椿の剪定を終えているので

発生が少ない事を祈るばかり。

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

ヒペリカム

Hypericum18051001

Hypericum18051002

ヒペリカムが開花しはじめました。

花より実を切り花として楽しむことが多いと思います。

シックな茶色の実の苗は手に入れにくいこともありますが

この時期は、切り花を1本購入し、挿し木をすれば、簡単に苗が出来上がります。

良く似たビヨウヤナギ、キンシバイも同様に楽しむことができます。

| | コメント (0)

2018年5月13日 (日)

ニワフジ (庭藤)

Niwafuji18051001

Niwafuji18051002

Niwafuji18051003_4

当地では「サカサフジ」と呼ばれている「ニワフジ」が見ごろです。

病害虫の被害はほとんどなく、よく増えます。

丈は低く20~30センチ程度ですが、良く増えますから放っておくと

他の植物の中にも侵入していきます。

ニワフジよりサカサフジの方がピッタリの名前と思いませんか?(笑)。

予報より早く雨が落ち始めました。

昨日切り戻しをした「クレマチス」で挿し穂を10本ほどとり、水上げしていたので

大急ぎ挿し木をしました。

今日の庭作業はこれでオシマイ。

雨の日曜日。骨休めです。

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

クレマチス (白万重)

Siromane18051201

白万重が見ごろです。

揺れて見え隠れする白万重 

緑色の季節には目立ちにくい花色ですが…緑に隠れてしまうことはありません。

庭をぐるっと周り、回った順に切った花を束にして花瓶に挿すと

隣り合った色が互いに引き立てあうことに気付かされます。

ただの自己満足です。

| | コメント (0)

2018年5月11日 (金)

テッセン (鉄線)

Tessen18051001_2

Tessen18051002

テッセンが見ごろです。

昔昔、テッセンは紫1色の花と思っていました。

きれいに刈り込んだ生け垣の上を、紫色のテッセン(クレマチス)が

波打つように這って花を咲かせているお宅が近所にあり、いつかあんな風に…

きれいに咲かせたいと思ったものです。

あれから30年いやいや40年経過し…

あれはテッセンでなく、クレマチスであったと想像できます。

昔はクレマチスという言葉はほとんど耳にしませんでした(笑・私だけかも)。

テッセン、鉄線…あまりおしゃれな呼び方でないせい?

大流行したクレマチスの陰にテッセンという呼び名は隠れてしまいました。

(これも私だけ?)

カタログに「テッセン」という名前を見つけ、その花にびっくり。

クレマチスの豪華咲きは、品種改良された花とばかり思っていたのに、

テッセンがまさに豪華咲きだったとはthink

ただただ一人相撲のような出来事ですが、

何年花を育てていたとしても、なるほどなるほどの連続です。

| | コメント (2)

2018年5月10日 (木)

オオヤマレンゲ (ミチコレンゲ)

Mitikorenge18050801

ミチコレンゲが開花。

オオヤマレンゲ八重咲き「ミチコレンゲ」。

背丈が50センチほどの苗木の状態で地におろし、あやうく枯らすところでした。

鉢上げして、生き返り今年は花5、6個つけました。

地に下せば、水やりなどの管理が楽でついつい幼木まで下してしまいますが

太い根が自由に伸びてしまい、よい結果は得られない。

急がば回れです。

今日は久々の晴れで、強風でしたが、バラとツバキ、草花の消毒をしました。

1センチ程太さ、5センチ程長さの毛虫を3匹見つけました。

4月の消毒2回を生き延びた毛虫と思います。

これから本格的毛虫シーズン、チャドクガ、イガラ

体長2、3ミリのところを見逃さないようにeyeeyeしないと、拡散させてしまったら

後の祭り。

| | コメント (0)

2018年5月 9日 (水)

センダイハギ (仙台萩)

Sendaihagi18050701

Sendaihagi18050702

センダイハギです。

植えて6、7年の株です。

病害虫被害ほとんどなくて、涼しげでいうことない一種です。

年々周りのクリスマスローズに押されて、株が小さくなってきたため

昨年はクリスマスローズを抜いて、センダイハギを生かしました。

弱った株の部分を切り分けて、捨てるには忍びなく

ダメ元で移植した所、みんな根付いて今年は小さい株ですがあちこちで開花。

バラが散り、エゴが散り、シャクヤクが散り・・・花散らしの雨が今日も。

雨が上がれば、花柄の処理、消毒ですpunch

| | コメント (2)

2018年5月 8日 (火)

ヤマボウシ (山法師)

Yamabousi18050702

Yamabousi18050701

ヤマボウシが見ごろになりました。

株立ち、それも下枝は取り去る仕立てにしているので、花は遠目で楽しむのみ。

街路樹の1本仕立てのヤマボウシは今を盛りに木全体に花をつけてきれいです。

今年は挿し木をして、苗木を作り・・・

とらぬたぬきの皮算用?(笑)・・・1本仕立ての苗木を作ろうpunch

挿し木といえば、最近の草取りでよく見つけることができますが

剪定をして、枝を5~10センチ程に切り、土壌改良材にしていますが

それらから芽を出し、中には根を出すものもあり

アジサイは、今年花をつけそうなものもあります。

丁寧にした挿し木でも失敗すること多々あるのに、

たくましいモノも有るものです。

| | コメント (0)

2018年5月 7日 (月)

シャクヤク (芍薬)

Syakuyaku18050601

Syakuyaku18050602

Syakuyaku18050607

Syakuyaku18050603

Syakuyaku18050608

Syakuyaku18050604

Syakuyaku18050605

Syakuyaku18050609

Syakuyaku18050606

シャクヤクが見ごろになりました。

雨に降られると、頭が地についてしまうので、昨夕大急ぎで写しました。

1茎1花で大輪に咲かせる方が断然見ごたえあるのですが、

我が家のシャクヤクは摘蕾せず、まんま開花させ

満開から1日程過ぎたところで、摘花して次の蕾を咲かせます。

訪ねてくださる方が、見ごろに来てくださるとは限りませんし

花時期はなるべく長く保ちたいのです。

今日は一日雨。

骨休めdayheart04です。

| | コメント (0)

2018年5月 6日 (日)

ジャーマンアイリス (Paradise)

Germaniris18050404

Germaniris18050402

パラダイス・・・そうかあちらの世界はこんな色なのか(笑)。

この時期車で走行中にジャーマンアイリスがよく目の端にとまります。

「きれいな色」と思って、カタログで探し、お取り寄せして、2回目の開花。

これは何色と言えばいいんでしょう?

祖母は肌色より少し赤みを帯びたような色を「かば色」と言っていました。

そう思うと、和色で物事を見ていた祖母の世界が羨ましくてなりません。

笑・いつか祖母に会う日が来たら、そんな話がしたいnote

| | コメント (0)

兜を折る

18050501

久しぶりに兜を折ろうと…? 笑・すっかり忘れていました。

ネット検索であっという間に、思い出すことができ・・・

新聞紙で折った兜を孫ちゃんの頭にかぶせると、これまたあっという間

ジュウドー君の頭の上に移動しました(笑)。

18050502

昨日は柏餅のみ販売の和菓子屋さんへ、楽しみに行きましたが…

なんと、3・4・5日はお休みでした。

一番忙しい日では?と思いましたが、そういえば

「いつ行っても売り切れ」だと聞いていました。

それ以上の忙しさは不要なのかな。

昨日は日がな一日、ウグイスの鳴き声を聞いていました。

春先の小さな声と違い、ずいぶん大きくなり、ず~っと鳴き続けるので

「休み休みでいいわよnote」と思うくらいでした。

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

ジャーマンアイリス (Before the storm)

Germaniris18050401

Germaniris18050403

ジャーマンアイリス・ビフォァーザストーム 開花はじまりました。

昨年、株分けして大分増やしましたが、

あっちに1株こっちに1株の増やし方では、あまり見ごたえがありません。

アヤメの仲間は群生が似合う。

今年もアヤメ科の株分けをすることにします。

子供の日。

越してきた頃は、近所の大きな家に立派なこいのぼり、旗がはためき

それはそれは見事でしたが・・・

お子様が大きくなられた為か、今年は見られません。

こいのぼりと言うと、横一列に何匹も吊るされた光景を見ますが

吹き流し、まごい、ひごい、子供たち・・・青空に泳ぐところ

今日は、目をつぶって、想像しましょう。





| | コメント (0)

2018年5月 4日 (金)

ジキタリス 

Digitalis18050202_2

Digitalis18050201_2

ジキタリスが見ごろです。

多年草のジキタリスですが、植え場所によっては、夏に蒸れて枯れ

2年目3年目楽しむことができません。

このジキタリスは昨年の株で、昨年より少し出来がいいのです。

それというのは、植えた土が関東ローム? 庭屋さんが植栽の際に使った

土が確かそんな名前だったと思います。その庭木の下に植えてあります。

庭土は 土やさんのおすすめどおり、

きつね土+腐葉土+堆肥で、全とっかえをしました。

3年目あたりから、植物の生育の悪さが目立ち、失敗に気づきました。

今依頼している、庭屋さんから、土の全とっかえが間違いだと指摘されてから

草、剪定枝葉、生ごみ、落ち葉などを堆肥、腐葉土にして庭に入れていますが

土壌改良が進んでいるかと言えば・・・ わずかにアルカモシレナイ程度。

今年は、庭に直接穴を掘り、匂いを発生させる生ごみ以外+草、枝葉、花柄等

入れて、土壌改良の時短ができるかお試し中。

一歩間違えば、植えた植物を腐らせる心配もありますから

穴掘りも人任せにできません(笑)。

そうはいっても、庭に精いっぱいの愛情を注いでいることには違いない。

今一年で一番庭が美しい時期。

あれもこれもあれもこれもみんなきれいshine。(自画自賛・笑)。

「ジキタリス」…「キツネノテブクロ」とも言います。

そのことを、伝えると、さほど興味のなかった方も

「アッ?可愛い~」というから面白いnote

| | コメント (2)

2018年5月 3日 (木)

さくらもち

Sakuramoti180502

昨日は午後から雨で、ずっと作ろう作ろうと思っていた「さくらもち」を作りました。

こしあん 500グラム

道明寺 250グラム 

砂糖 100グラム 

水 450CC

桜の葉 20枚

こしあん25グラムを丸めて、冷凍しておけば、あとは楽々です。

あんこやさんの誰でもプロ並みにできるというレシピ通りつくりました。

明日から桜餅屋さんができるかもと思った次第(笑)。

| | コメント (8)

チーズフランス

18042801

気温が高くなる前に、フランスパン用の粉を使い切らねば…

フィリングはさいころに切ったチーズとちくわ(笑)。

十字カットが浅すぎて見えないのが残念。

朝食に間に合うと、ちょっとやる気のある主婦みたいでいい(笑)。

| | コメント (0)

お土産

18042701_2

Dubai … チョコレート ごちそうさま。

今度の風で旅立とう…なんて、最近そういう気分になれないけれど

Dubai 一度も行きたいと思ったことがないナ。

頭上見上げれば、常に10機近い飛行機が飛んでいるのを見つけられます。

笑・そんなこと考えると 空港のなんともいえないワクワク感を

ちょっと懐かしいような気にもなります。

… 笑 でも、この静寂の方を今は選びます。

| | コメント (0)

2018年5月 2日 (水)

エゴ 

Ego18050201

Ego18050202

Ego18050203

Ego18050204

エゴが見ごろになりました。

エゴは以前住んでいた家の庭のシンボルツリーでした。

その孫かひ孫か? … 実生苗で育てたエゴです。

この沢山の花にミツバチが寄って、秋には花の数だけと言ってもいいくらいの

実をつけて、そして落下し… この時期に沢山の発芽を見ることができます。

その小さな苗をみんなビニルポットに上げて…育てているので

我が家に今いったい何本のエゴノキがあるでしょう? 

商売ができてしまうかも(笑)。

ポットの苗木は1年で20~30センチ成長しますから、鉢替えも大変です。

しかしどんなに太い幹に育っても、テッポウムシに目をつけられたら、

あっという間に枯れてしまい、過去何度も悲しい思いをしました。

で、予備の苗木を育てることになったわけです。

いつか実生苗のエゴで、里庭に街道を作りたいなんて…夢もあるのです。

| | コメント (0)

2018年5月 1日 (火)

アマリリス

Amaryllis18042801

Amaryllis18042802

春咲アマリリスです。

昔からある真っ赤なアマリリスはほとんど病害虫の被害なく10年楽々開花。

その強さに加えて、今はこんなにおしゃれな色が存在することを知り3年。

強くて手がかからない、花色おしゃれ…お気に入りです。

もっと増えたら文句のつけようがないのですが(笑)わずかな増え方です。

10株程植えても周りに溶け込んで、いい色合わせになりそう。

今日はハーブの刈り込みをしました。

ラベンダーは梅雨時に刈り込み、雨の間株をお休みさせたいけれど

すでに株が乱れて、倒れはじめてしまった為、例年より1月早い作業です。

花穂を乾燥させて…思いはあっても手が足りず、土壌改良の穴に埋めました。

作業の間、いい香りで応援してもらい「ありがとう・ありがとう」です。

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ