« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月31日 (火)

食事中

Kabutomusi18073101

ムシャムシャ

Kabutomusi18073102

ガツガツ

Kabutomusi18073103

あまりの食欲に少々幹が心配で引き離しました。

シマトネリコにカブトムシは初めて見ました。

例年より大分多いカブトムシ君たちも

新しい食材を探さねば生き延びることができないのかもしれません(笑)。

「シマトネリコ」もカブトムシ君に負けず劣らず、大変な繁殖力です。

カサカサと音がして風に吹かれて飛んでいく種は

簡単に発芽し、4・50センチの苗木は、5年もすればかなりの大木です。

我が家のシマトネリコも寄せ植え材で使ったモノです。

大木になってしまいました。

切り倒して、枯らすつもりでしたが、切株から芽が出て

あっという間に、立派な株立ちになりました。

2、3年ごとに幹を1本切り倒し(まさに、切り倒す作業です)

大きさを調整する必要があります。

枝の先端につく種を、脚立に乗り高枝切鋏で切る作業があるからです。

今日は庭仕事お休みしました。

先日食品庫の片づけをしたので、他の収納スペースの整理整頓をしました。

収納庫は中身の把握が必要です。

見事に在庫を忘れて生活しているから驚きです(笑)。

| | コメント (0)

2018年7月30日 (月)

ツルバキア

Tulbaghia18072501

ツルバキアです。

名前を忘れても「ニラに似た花 ピンク」で検索すればすぐにわかります。

以前花の名前を忘れて、植物名を教えてもらえるサイトに

形状、葉色、花色を書いて質問したら、それだけ分ければ検索しろと

ご指摘いただいたことがあります。

忘れた名前なら、思い出せますが、全く知らない名前の場合は

特徴だけでは、かなりの数が紹介されているので、

花画像だけでは決定できない事も多いです。

それでも、図鑑を1ページ1ページ括っていた昔に比べたら

便利な世の中になりました(笑)。

昨日は、晴れたと思えば土砂降りの繰り返しで何度もぬれてしまいました。

見事に倒れたヒマワリに斜支柱をして、株もとの土を足で踏みしめました。

ヒマワリは倒れたところから直角に頭をもたげてしまうので

即起こせば、自力でまっすぐに伸び始めます。

ホウセンカは水分が多く、倒れたところから腐敗が始まっていました。

Housenka18072501

遠目に、ちょっと色が入って素敵でしたが、↑半分は消えました。



さ・今日も蝉しぐれが聞こえる間は庭にでますrun

| | コメント (0)

2018年7月29日 (日)

ルリタマアザミ (瑠璃玉薊)

Ruritamaazami18072501

Ruritamaazami18072502

ルリタマアザミです。

見たまんま、瑠璃色花、葉がアザミの葉に似ています(笑)。

こういう花の名前は忘れません。

野に咲くアザミも好きですが、庭に植えたことはありません。

我が家のサラサラ土では野生モノも過酷かもしれません。

ルリタマアザミも2年は何とか開花しますが、3年目は難しいです。

悪戦苦闘している間に年月があっという間に過ぎてしまう。

先日北海道のイングリッシュガーデンをTVで見ました。

肥えた土と涼しい環境でのびのびしている植物が素敵でした。

環境は致し方なしです。

目と手が行き届いている庭を見られただけで嬉しくなります。

私もガンバロ~と思いますpunch

台風が去って、庭を一回りしてきました。

ヒマワリの小路はみんなひっくり小路。

ひっくり返った鉢、吹き飛ばされた小枝、収穫目前のトウモロコシ…

無残ではありますが、それでも…この程度でよかったと思います。

蝉しぐれって、周りの音が聞こえにくくなりますが、

ウワァ~なんて叫んだら、笑・恥かきです。

さ・台風の置き土産? 笑・片づけしますrundenim





| | コメント (0)

2018年7月28日 (土)

メドーセージ

Medosage18072501

Medosage18072502

Medosage18072503

メドーセージです。

株もとの草を取りのぞこうとして、草取鎌の先が外れて株に…コツン。

そんな程度で、モコモコと株が盛り上がっていると、1本2本根をつけたママ

倒れて来たりします。

株分けの時期はとうに来ている証拠です。

せめてもの気持ちで、草取鎌で穴を掘って、埋戻しをしておきます。

茎は短くカット、お隣通しになる草花の色をちょっと考えることと

水やりを忘れない程度で、メドーセージイッチョアガリ。

こうして写真にすると、花柄が切れていないことを反省しますが…

今日は骨休めです。

台風の動向が気になります。大事なく通過しますように。

| | コメント (2)

2018年7月27日 (金)

ムクゲ (姫花笠)

Mukuge18072601

Mukuge18072602

ムクゲの「姫花笠」です。

幹が柔らかく、するするとよく伸びます。

幹が柔らかくかじりやすいのか、カブトムシがよく寄ってきます。

いえいえ、幹が固い友禅ケヤキ、カシワにもカブトムシが寄ってきますから

樹液が甘いのかな?

カブトムシ、クワガタ、セミ、コガネムシ…草取り中、日に何度も死骸に出くわします。

草取鎌で簡単に穴を掘って、土葬です。

子供のころ、お盆の月は虫も殺してはいけないと言われたことが脳裏にあります。

殺してないけど・・・「ごめん」と思います。

台風12号進行方向右側になりそうです。

鉢の移動などは済ませました。どうぞ大事なく通過しますように。

明日は母の「内施餓鬼」でしたが、台風で日延べになりました。

寺施餓鬼、お盆、一周忌…黒服の行事が次々です。

ひと段落するごとに、「穏やか」な気持ちになります。

母へ電話をかける必要がなくなってはじめて、母を案じることですら

結局は自分の為だったのだと気づかされました。

案じる人がいるって、幸せなことです。

| | コメント (0)

18072601_2

土用の丑の日は自宅で「ウナチラシ」をしたので、少し遅れて「うなぎday」。

おしゃれして行かなくていいのに、とにかく美味しいお店です。

孫ちゃんは「学校のウナギより美味しい」と言っていました(笑)。

みんなで「おいしいね~」と言って頂くのが何よりの食育と思います。

好きな食べ物が沢山あるってことは、人生がウンと楽しくなる。

| | コメント (0)

2018年7月26日 (木)

サルビア・カメレアグネア

Salvia18072501

Salvia18072502

サルビア・カメレアグネアです。

病害虫被害はほとんどなく、植えっぱなしで毎年開花…いい子です。

「良い子」と言われて育つことは、決していい事でないこと知っています(笑)。

気づいた日が吉日。早速挿し穂をとって、水揚げますpunch

今日は曇りですが、予想より庭仕事を早くおしまいにしました。

湿度高く疲労度高い。

シャワーを浴びたら、扇風機の風でも涼しく感じます。

11時というのに、まだ蝉鳴き声が大きいわけです。

| | コメント (0)

2018年7月25日 (水)

カスミソウ (霞草)

Kasumisou18072501

切り戻しをしたカスミソウが再び開花。

植えっぱなしでさほど手もかからず、毎年律儀に開花。

切り戻しをすれば、何度か繰り返して開花。

こんな猛暑の中、元気でいてくれるだけでありがとうです。

午後は短い間でしたが、雷雨がありました。

毎日スプリンクラーを回しているのに、乾いた土の匂いがたちました。

少し、気温が下がりますように。

世界中の天候が安定しますように。

| | コメント (0)

甘酒

18072503

扇風機もエアコンもない時代の暑気払いのひとつだったんだろうな…甘酒。

夏に頂くことはほとんどありませんでしたが、

今年は猛暑のせい?

お店に沢山並んでいるのを見て思わず、手を伸ばしました。

体が十分疲れている(笑)。

冷やして頂きました。

スウェーデンの友人からメールが来ました。

異常高温で家族が救急搬送され、

100年の井戸から水をくみ上げて植物に水を施している…

農場主は家畜を処分して干ばつ対応している…

山火事で生き物はノルウェー方面に移動している…

今までにない状況に驚きます。

知り合った頃のスウェーデンとはあまりの違い。

あの頃、何もしなければ10年で

年平均気温が2℃上がる云々言われていたと思います。

何にもしていないはずないのに?・・・2℃どころではない気がします。

エコ最先端の国、人に優しい国、美しい自然の国を・・・

どうぞ、お守りください。

| | コメント (0)

2018年7月24日 (火)

新生姜の甘酢漬け

18072502_2

NHK「みんなのきょうの料理」の大原千鶴さんの新生姜の甘酢漬けレシピ。

スライスした生姜を熱湯で1分ゆで

90CC酢、砂糖大3、塩小2 に漬け込みました。

粗熱が取れ、漬け汁に入れ3時間程経過し、少しピンクがかってきました。

冷蔵庫に入れる前にcameraパチリ。

ガリは毎年作っていますが、しょうがの軸を入れるのは初めてです。

スライス生姜のゆで汁にハチミツ、レモンを絞りいれ、氷を入れました。

番組ではホットで飲んでいましたが、暑いので氷を入れました。

18072501

こんな猛暑の日には、ピッタリと思います。

なんとなく台湾の「愛玉」を思い出すお味です。

…市場で、ビニルの袋に入れてもらって帰りました。

暑い国ならではのおやつでした。

もう少しレモンを効かせて、プルプルタルンタルンのゼリーにしたら

「愛玉もどき」…今度作ってみようpunch

昨日の大暑より過ごしやすい日でした。

7時前から4時間庭仕事ができました。

セミの鳴き声が耳に痛く、ラジオのボリュームを上げ…

スウェーデンの異常気象の高温乾燥の山火事を知りました。

20日頃から山火事が起きていたようです…

友人にお見舞いメールを送りました。

何も知らなかったなんて恥ずかしくて。

| | コメント (2)

2018年7月23日 (月)

キキョウ (白桔梗)

Sirokikyou18062801

矮性の白キキョウです。(6/28画像)

現在は切り戻しをして、葉っぱだけになっています。

通常丈の白キキョウが見ごろですが、カメラを持って庭に行けません。

今朝も6時半~2時間だけ、草取りに出ましたが、汗で全身ずぶ濡れです。

カメラを持って、庭に出る方が簡単と思われるでしょうが…

全身覆って、目だけ出しては、庭作業だからできる格好なのです。

カメラを持って、あの服装は絶対に無理(笑)。

この暑さ、40℃近い気温は明日までとか…この期待を裏切らないでください。

| | コメント (0)

2018年7月22日 (日)

安倍川もち

Sizuoka18071101

Sizuoka18071102

先日(11日)行った150号沿線ドライブ。

スイカ、トウモロコシ買い求め、安倍川餅のお店で一休み。

Sizuoka18071103

こんなお店。

数年するとまた行きたくなるお店は、あっちこっちありますが…

季節により向き不向きがあるナと思います。

安倍川は夏以外がいいと思います。

Sizuoka18071104

丸子のとろろ屋さんは以前は、長蛇の列だったけど…すんなり入れました。

旅番組で、こういう系のお店は…度々扱われることで

もともとヨカッタ部分が消えてしまうのかもしれない…

早朝庭作業、今日はスプリンクラーを回しながら、草取りをしました。

スプリンクラーを移動させるたびにシッポリぬれてしまいますが、気持ちがいい…

ぬれて照り返しが減り、カッチカチの土もやんわりになり

作業がはかどり、疲れが少ないと感じました。

水分補給の際、今日は豆皿に「小梅」を用意しておきました。

普段、梅干しをポイッ…スッパイモノ苦手で口に入れることができませんが

小梅をポイッ…美味しく感じることにびっくり。

通常美味しく感じる「塩飴」は甘すぎて、×でした。

熱中症予防用の飲み物ゼリーなど、もう少し熱心に見て来ようと思います。

| | コメント (0)

2018年7月21日 (土)

ブルーベリー収穫

Blueberry18070301

そろそろ収穫がおわるブルーベリーです。

近隣のブルーベリーハウスの状態を見ると、木は筒状の鉢に植えられ

水管理、温度管理がされていて、色艶我が家の自然児とは大違い。

我が家のブルーベリーは、収穫時期のみ、ドア付き、ネットハウスです。

一粒一粒、収穫するのは手間がかかりますが、夫の担当。

収穫量を計って、冷凍庫にきれいに並べてもらい、

500~600グラムづつジャムにします。

昨年より少ないとか粒が大きいとか、いろいろ申しておりますが

暑い時の収穫担当になってもらっているだけでありがとうです。

今朝は5時半頃から庭の消毒をしました。

今日はお手伝いがひとり入っていただけたので、3台の噴霧器フル回転。

「異常な暑さ」とTVやラジオで毎日何回も聞きますが

日が昇った瞬間に、焼けるような暑さで「異常な暑さ」を肌で感じています。

これからは、日の出とともに就寝…なんて笑いごとでなくなるかもしれないdown

…暑い。それにしても暑すぎる。

| | コメント (0)

2018年7月20日 (金)

クレマチス

Clematis18071701_2

春、開花後切り戻しをして2回目の開花。

我が家の庭の雑草の中でも、特別厄介モノ扱いは「ヘクソカズラ」です。

子供の頃、ハナ天狗と呼んだ花、花をペロッとして鼻の上に乗せると

くすぐったくて・・・そんな経験のある方も、ひとり、ふたりは・・・

いるかもしれないあの、ハナ天狗(ヘクソカズラ)です。

近隣のジャングル化したお庭だった?果樹園だった?

木々に絡みつき、すべて枯らしてしまった、ヘクソカズラです。

長く伸びたツルにつく種は、ヒラヒラ羽をつけ四方八方、飛んで行きます。

落ちた種は100%の発芽率では?どんな過酷な場所でも発芽します。

砂利の中であろうと、根が張りつめた芝の中であろうと。

通常植物は双葉を出すのに、いかにも未熟そう、か弱そうに1葉で発芽。

その1枚葉は、熱射だろうが酷暑だろうが、どんどん成長します。

笑・で、今日のクレマチスとどういう関係かと申しますと

「この猛暑の日々、やけに元気なクレマチス」。。。eyeよくよく見ますと

クレマチスの蔓かと思っていたのに、ヘクソカズラ蔓が2/3締めていました。

よくぞ、この暑さ、ヘクソカズラの蔓にまきつかれて、開花したものだと

拍手喝采。

早朝3時間庭仕事。今日は昨日一昨日に比べて少し湿度が低く、

sunsun カンカン照りになる前に作業終了すれば、なんとか…できそう。

| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

センニチコウ (千日紅)

Sennitikou18071701

千日紅・ストロベリーフィールドが開花しました。

昨年のこぼれ種からです。昨年はおととしのこぼれ種。

花後、花がらをもみほぐし、種を落としておけば、毎年楽しめるお徳モノ。

Sennitikou18071702

フウセンカズラもこぼれ種。この場所は千日紅が負け気味ですが、

どちらもなかなかの生命力。

連日の暑さで、庭全体が黄色っぽく見えます。

ギボウシが蒸れて葉が枯れてきました。

剪定して涼しくしたつもりのアジサイも、いきなりの熱射で葉が茶色に焼けました。

庭仕事は、蚊と戦いながら早朝&夕方の水やりのみです。

今月中はずっとこの高温が続くそうです。まだ7月と言うのに…長い夏。

フウセンカズラ、センニチコウのように…自然体に見えますが、暑さは同じ。

気力振り絞ってがんばりましょう。

| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

レモンツリー 

Lemontree18071701

Lemontree18071702

Lemontree18071703

レモンツリーの花が見ごろです。

7、8年前に地に植えて、一冬で枯らした経験がある為、鉢植えで育てています。

鉢植えは風よけ霜よけなど手を入れやすいのですが、難問は植え替え。

昨年あたりから、根詰まりしているだろうこと、わかっていても日延し状態。

ひと月ほど前、ブルーシートを敷き、鉢をゴロンとひっくり返し植え替えしました。

葉数が増え、こんもり茂るまでにはまだ時間がかかりそうですが

無事に開花したのでまずはホッ。

月桂樹のような葉ですが、千切るとレモンの香りです。

大好きなレモンバーベナの存在を忘れてしまうほどいい香りです。

レモンバーベナさん、ごめんなさい(笑・決して忘れません)。

今日も蝉の鳴き声がすさまじい。

| | コメント (2)

2018年7月17日 (火)

ホオズキ (鬼灯・酸漿)

Houzuki18071702

Houzuki18071703

Houzuki18071701

我が家のホオズキはこれでも例年になく良い出来です。

連作はダメどころか、植えっぱなし5年以上では出来云々は言えませんが…。

2、3鉢分、根を掘り起こして、プラ鉢で育てようと思っているうちに1年。

プロの育てた真っ赤なホオズキを目にしたら、

ドライ用に買ってしまいました(笑)。

東欧でパプリカにくっついて異国へ移動するカメムシが異国で大量発生、

大揉めしたのもわかる気がします。

我が家のホオズキの周りにもかなりの数がモヨモヨ…。

最近はホオズキの周りには、カメムシがいるものだと思っているので

草取り中でも、カメラを向ける時でも、「キャ~」などとはいいません。

今日は曇っています。

ノースリーブの腕にまつわりついてくる湿気で、庭仕事お休みを決定。

冷蔵庫、食品庫等々台所が気になっています。

台所の大掃除punch 。

| | コメント (2)

2018年7月16日 (月)

宿根ヒマワリ (宿根向日葵)

Himawari180708

宿根ヒマワリが開花し始めました。

1m程の丈、花葉4、5センチ。通常のヒマワリとは全くの別モノです。

暑に強い花は庭を埋めるという意味では大助かりです。

元気モノ「ノウゼンカズラ」を植えようか迷う程です。

我が家の庭向きではない花ですが、こう暑いと…

ノウゼンカズラがなんだか今までの印象と違って見えるのです。

枯れてしまう清楚な花より、気候に合った花にすべきかなぁ~。

7時半~3時間庭仕事。昨日一昨日はきっと湿度が低かったと思います。

同じ気温でも疲労度が全く違いました。

午後からエアコンの時間だと、一日が長く感じます(笑)。

| | コメント (0)

2018年7月15日 (日)

アガスターシェ・ブルーフォーチュン

Bluefortune18070802

Bluefortune18070801

アガスターシェ・ブルーフォーチュン。

沢山の青い房咲き花…見たまんま。

ハーブ名のアニスヒソップの方がピンときます。

ハーブは虫がつきにくいと思いきや、これは葉が黒くレース状に食わます。

そうなれば、葉も少し含めてざっくりカットして切り戻しをします。

植えっぱなしでOKなのはありがたいです。

本日も朝7時~昼まで、草取りしながらアジサイの剪定の続きを行いました。

今年は木質化した茎をほとんど切ってしまいました。

株もとに日が届くようになり、不健康な葉が来年はイキイキしますように。

百葉箱内が35℃なら私の背にあたっていた陽は40℃?45℃?

草の伸びる早さが半端ないので、負けるわけにはいかんのだ(笑)。

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

サワギキョウ (沢桔梗)

Sawagikyou18070801

Sawagikyou18070901

サワギキョウ赤が見ごろになりました。

湿地園で開花しているのを見たことがありますから

当地サラサラ土では気の毒です。

病害虫の影響はほとんなく強健です。

まっすぐな茎は風雨で倒れてしまうことがありますが、

折れたところに短く太い根が出ていることが多く、埋戻しをすれば根付きます。

早朝より3時間ほど、草取りしながらアジサイの剪定をしました。

屋外で全身覆っての作業は、想像しただけで辟易でしょうが

半袖など肌を露出しての作業より、暑さは大分楽です。

| | コメント (0)

2018年7月13日 (金)

ツルニンジン (蔓人参)

Turuninjin18070801

ツルニンジンです。雨続き間に開花が始まりました。

きれいに開花したら写そうと待っていても、埒があきません。

暑さで花びらが蒸れて茶色になってしまいましたがcameraパチリ。

昨日の「オオウバユリ」に対抗してこちらは、「爺ソブ」(爺さんのソバカス?)。

笑・どちらも決してきれいな花とは言えませんが、風情たっぷりです。

15年程前は、近辺300m程の山で、普通に見ることができました。

しかし、イノシシかヒトか…昨年登った時には1輪も見つけられませんでした。

以前は手に入れられた山野草店にもありませんでした。

ジイソブのソブは長野県の方言とか…以前は近県どこにも存在していたのでしょう。

このツルニンジンは、昨日の「オオウバユリ」と一緒に北海道からお取り寄せしました。

本来はこの暑さもモノともしなかったでしょうに…

我が家の庭、今日は全面に寒冷紗でもかけたいくらい35℃予報。

| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

オオウバユリ (大姥百合)

Ooubayuri18071001

オオウバユリが開花しました。

生まれて初めて見るユリです。花芽はこんな風↓。

Ooubayuri18071101

カツラの木の下とはいえ、敷き藁程度では北海道からきた

オオウバユリには過酷と思います。

昨年10月に10球ほど植えました。この夏を半分いや1球でも越してほしい。

「オオウバユリ」…一度で名前を憶えてしまいました。

どうしてこの名前になったのか興味深々です(笑)。

道産子と言えど、この程度の蒸し暑さ負けるわけないpunch

頑張りばばちゃんユリであることを期待です。

| | コメント (0)

カサブランカ 

Casablanca18071001

Casablanca18071101

カサブランカが開花しました。

一昨日は蕾の先端を少し上向きにして、開花が近い事はわかりましたが

あっという間に全開で、高温が恨めしくなります。

もっとゆっくりもっとゆっくり花期を長くしてくださいませんか?です。

昨朝の庭の状態で庭仕事はお休みした方がいいと判断し、お出かけ。

県下31℃が最高だったと今朝のニュースで見ましたが

車走行中の外気温は34℃まで達していました。

災害の後処理の状況がTVで流れます。

スコップに泥を乗せるだけでも、相当な力が必要なこと想像できます。

よけた泥は暑さで乾燥して、砂ぼこりと化して…

咳が止まらなくなります。

スコップ10杯程度で土を、横によけるだけで

倒れるように腰を下ろしたくなると思います。

暑さの中、先が見えない作業、望みがない作業はどれだけ過酷か…。

どうぞ、1分長く休みをとってください。

| | コメント (0)

2018年7月11日 (水)

カノコユリ (黄鹿の子)

Kanokolily18070901

Kanokolily18071001

黄カノコが開花しました。

一昨年昨年でヤマユリ、カノコを10球ほど植えました。

子供のころ目にしていたのは「オニユリ」だったと思います。

鮮やかな朱色にこげ茶色の点々が入るオニユリは、

数年前までは、庭に植えるなどと考えてもいませんでした。

記憶の中の故郷の景色が恋しくて恋しくて、

一こま一こま切り取って額にいれた絵のように思い出すのです。

その景色を庭になんて、考えだしたら…run探さずにいられなかった「オニユリ」。

欲しいと探し始めて3年5年待つのは当たり前ですが

待つのも楽しい事でしたが・・・

オニユリではないけれど…植えました。

そして、開花。

オニユリより優しい姿で、これでヨカッタと思います。

pig「故郷の里山の中の植物が、どこにあったか鮮明に覚えている。」

virgo「子供のころから興味があっただけのこと。

数学の話は耳閉じるジャン。」

pig私とvirgo友人の会話の一部。

友人がどんだけ数学が好きか、また聞かされました(笑)。

数学が得意なばばちゃんも、なかなかかっこいいですが。

| | コメント (0)

2018年7月10日 (火)

ホウセンカ (鳳仙花)

Housenka18071001

Housenka18071002

Housenka18071003

ホウセンカが開花しはじめました。

子供のころ庭に咲いていたホウセンカは一重だったと思います。

種袋に触れて爆ざすこと、どうってことないことが面白かった。

少し豪華になったホウセンカですが、懐かしい。

| | コメント (4)

パイナップルリリー

Pinelily18070902

Pinelily18070901

パイナップルリリーです。

パイナップルの花と言ったら、10人に一人くらいは間違えるかなぁ?

残念ですが、飾り用の小さいパイナップルも実りません(笑)。

植えっぱなし、7、8年経過していると思います。

チューリップなどと同じ、冬は地上部は枯れてしまいますが、

チューリップと違って植えっぱなしでも球根が小さくなり消えたりしません。

病害虫にも強くお利口ものです。

二日続けて晴れ。蝉の初鳴きの昨日より、数倍の蝉の声。

早朝7時頃から、庭に出ました。

暑かったけれど、蒸し暑さはなく、木陰で休めば一日作業ができました。

蒸れて枯れかかった、ルリ玉アザミの葉を取りのぞき、

サンシュユの葉が茶色の点々が入ってしまい、大手術、のこぎりで枝おろし…

一歩一歩進むごとに作業が変わりますが、それが楽しい。

「さっぱりして、心地いい」と聞こえてくるから、なんとも嬉しいのです。

・・・

ニュースを見て、のんきに庭作業を書いていることに申し訳ない気がします。

少しでもより良く前に進むことを祈ります。

| | コメント (0)

2018年7月 9日 (月)

オミナエシ (女郎花)

Ominaesi18070901

Ominaesi18070902

オミナエシが開花はじまりました。

カリガネソウの匂いの話をしたので↓、

それに勝るとも劣らない匂いがオミナエシの根の匂い。

なにかの間違いで、根を掘り起こしてしまったら大変down

以前も書いたかな?

猫の糞のような強烈な匂いです。臭気と言って間違いなし。

だからと言うわけではありませんが、植えっぱなしです。

昨年より株が小さくなっているので、そろそろ株分けした方がよさそう。

傷づけなければ、匂わないのか? まだ経験不足でわかりません。

笑・今年頑張ろうかなpunch




| | コメント (2)

2018年7月 8日 (日)

斑入カリガネソウ (斑入雁金草)

Kariganesou218062101

Kariganesou218062102

咲きはじめのカリガネソウ6/21画像↑。

7/8 本日夕方のカリガネソウ。↓

Kariganesou218070802

Kariganesou218070801

斑入りの為涼しそう、大株になってもうっとうしさはありません。

ただカリガネソウにはいい香りでない匂いがあります。

臭気と言ってしまえばそれまでですが涼しげで可愛花に…臭気では。

手入れの際に触れると匂います。カリガネソウの匂いです。

我が家のカリガネソウは植えっぱなしで、冬は地上部は枯れてしまいますが

毎年律儀にこんな風↑。

検索すると、こぼれだねでも育つと書かれていますが

我が家のこの株、怠け者かなぁ?(笑)

6、7年は植えっぱなしですが、こぼれ種で増えることはありません。

ひょっとしたら、晩秋の株の刈り込みが早すぎるのかなぁ?

でも、6月に開花したら、夏の間にこぼれてもいいのでは?

今年はカリガネソウの種の出来具合をよく観察することにします。

今日、蝉の初鳴きを聞きました。

昨日玄関を出ると、蝉の抜け殻が落ちていました。

長雨で鳴くことなく一生を終えてしまう蝉もいるのかと心配したばかりです。

夕方数匹の鳴き声がして、ホッとしました。

数匹で一斉に鳴くのがまたまた不思議に思った次第。

| | コメント (0)

2018年7月 7日 (土)

ムラサキシキブ (紫式部)

Murasakisikibu18062802

Murasakisikibu18062803

ムラサキシキブの花です。

三重の山の中で野生のムラサキシキブを見たとき、園芸店で見る

ムラサキシキブとは別物とわかりました。

お取り寄せして苗を植えましたが、野生モノとは少し印象が違います。

環境のせいか、園芸種の為かわかりません。

一応ムラサキシキブと思っています。

このムラサキシキブの実はコムラサキシキブと比較すれば大分少ないけれど

実を楽しんだら、早めに剪定をしてしまいます。

それでも、大変な発芽率。

最初は嬉しくて、あっちこっちで育てましたが、倍々倍々倍々倍倍倍倍・・・・

芽1ミリほどでも草取り鎌で削り取ってしまいます。

名前は美しい、部屋に活けてもなんとも風情あるのですが

強さには脱帽。

夜が明けて特別大雨警報の被害の大きさに驚かされます。

一刻も早く手が届きますように。願わずにはいられません。

心からお見舞い申し上げます。

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

ルリヤナギ (瑠璃柳)

Ruriyanagi18070101

Ruriyanagi18070102

薄紫色の花、銀葉が涼しそうです。

ナスの花にそっくりのはずですナス科植物。

植えて6、7年経過していると思いますが、ずっと背丈ほどです。

冬は水分の多い茎はしもやけのようになってしまいますが

春になると、しもやけ位置の下から芽を出します。

秋早めの剪定をしても、切り口はしもやけ状態になります。

春からは根が伸びてあちこちから芽を出します。

根を切って、同じ株をずっと育てていますが、そろそろあっちで出た芽

こっちで出た芽を鉢あげして、新しい苗を育てた方がいい時期です。

こうして書きながら、付箋にメモしてPCの横に貼り付けておきます。

やらなきゃいけない作業が一目瞭然。

午前2時頃から、ピンコンピンコン災害情報が…。

○橋が危険水位を超したとか

避難に時間がかかる方は、早めの避難をというお知らせ。

7時過ぎからピンコンが止まりましたが、よくよく降る雨を見ていました。

ゴミ出しに行った夫が道路わきの水路があふれそうだと言っています。

何事もなくすぎますように。

| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

ブッドレア・白

Buddlejaw18070101

ブッドレア白が開花。

昨年から今春にかけてブッドレアを幾株か植えました。

暑さに強く植えっぱなしOKは、魅力的です。

しかし強大化する。結局手をかけなければいけない(笑)。

2日行った瀬戸の蕎麦屋さんの隣の空き地or駐車場?の隅で大きく…

あそこに咲いていた紫ブッドレアは野生?それとも園芸種?

書入れ時というのに、シャッター下したお店ばかりで…

目に飛び込んできたのが「ブッドレア」でした。

あ~ぁ、こんなところでものびのび大きく咲く君に、

庭にブッドレアを植えてしまった事、覚悟をせざるを得ませんでしたpunch

蒸し暑い。あまりに蒸し暑くて、体の中にカビが生えそう。

エアコンなくては、生きられないけど、咳が止まらない(笑)。です。

| | コメント (0)

2018年7月 4日 (水)

ユリ (百合2種)

Lily18070101

ユリの香はい~い香です。

草取り中も癒され、何度も見上げてしまいます。

Lily18061901

Lily18061902

↑6月19日画像「トライアンファーター」。

この数年ユリを増やしてきましたが、それぞれ開花時期が違い3か月ほど

1輪2輪づつの開花で、花壇に空きができてしまい

頭フル回転させても、地上部がなくなると植え場所を覚えていられない事が多く

球根を痛めることも度々(笑)。

ヤマユリやオニユリなど子供の頃見たユリはこれからの開花です。

山に開花するイメージで植えた場合は覚えているのに(笑)。

| | コメント (0)

2018年7月 3日 (火)

瀬戸へ

Seto18070201_2

気分転換したいという友人と、瀬戸へ。

春に行った時、招き猫ミュージアムがお休みでしたので、ちょっと楽しみ。

とても小さい建物ですが、1Fは招き猫だらけの売店。2Fは圧巻の招き猫。

Seto18070202

こちらは1F中はつながっている、猫模様雑貨、和雑貨のお店。

Seto18070203_2

レトロなバスは確か春にUPしたので、可愛いベンチ。

Seto18070204

なんと、あの藤井聡太さんの瀬戸です。

Seto18070205

猛暑、蒸し暑くてすれ違った観光客は1組2組。

Seto18070206

鴨蕎麦食べて↑、お土産買って、滞在2時間。

Seto18070207

9月の瀬戸祭りも暑くて暑くてたまらないけれど

7月も負けず劣らず暑かった~。

往復のおしゃべりが一番のストレス解消だったかな(笑)。

高速飛ばせば、あっという間。こんな風にお気軽気分転換にちょうどいい所。

| | コメント (0)

ド・根性サルスベリ

18070301

ベルギー戦…ヨカッタ~。

2回のゴールは夜中なのに一人大拍手。後半追いつかれ、追い越され…

残念で言葉を失う選手たちの意識の高さに、心からお疲れ様。

負け試合を見た後、帰路につく時の足の重さ、疲労感とは全く違い

心地よい疲労感…笑・眠い。 ありがとうです。

画像はウォーキングコースの歩道と、塀の隙間に生える「サルスベリ」です。

株が吹き溜まりとなり、枯葉が根の乾燥を防ぎ、保水性を高め…

こんな過酷な場所だから、必死で開花して子孫を残そうとする力に感動。

昨年このサルスベリから挿し穂をとり、ただ今育苗中です。

サッカーでいい試合を見せて頂いたので、

この頑張りもののサルスベリをupupnote.

(笑・歩道としては、吹き溜まり、雑草…美しいとは言えないけど)。

| | コメント (0)

2018年7月 2日 (月)

ハンゲショウ (半夏生)

Hangesyou18061301

今日は「半夏生」。

我が家のハンゲショウはそろそろ終盤、画像↑は6/13写したものです。

でも二十四節季の「ハンゲショウ」は、ハンゲショウ↑ではなく

「カラスビシャク」のこと、なんだそうです。

カラスビシャクはウラシマソウやマムシグサを小さくしたような植物です。

何年も前に植えて、困って全部処分したことがあります。

でも、いつの間にかあれ?また??ここに??結構しつこいです。

笑・今日は「半夏生」。

これも↑「半夏生」。

でも今日の日のハンゲショウは「カラスビシャク」。

| | コメント (2)

2018年7月 1日 (日)

朝食

18070101

数分前に収穫したキュウリと産直店で買って来たプリンスメロンと他野菜。

夕べ頂いたチョコリングパン。

庭を眺めながら夫と二人の朝食はお気楽極楽です。

で、そのあとは庭に出て、スコップで掘った穴に草、剪定枝等々入れながら

ハァ~ハァ~ゼェ~ゼェ~作業ですが、

昨日より蒸し暑さが少ない分、体の負担が少なくありがたい。

午後はお昼寝でもしよ~sleepy

| | コメント (0)

しそ巻

18063003_2

キッチンガーデンであふれんばかりふわふわと使ってくださいアピールの青シソ。

薬味やてんぷらでは使い切れません。

250グラム味噌基本で、約↑この3倍の量の紫蘇を使いました。

昨日は熱中症厳重警戒、午後の庭作業はお休みして、しそ巻作りをしました。

笑・100g味噌使用の餡で丁寧に作った方がいいと思いました。

蒸し暑くて食欲がない日、ナスやキュウリの漬物と冷茶漬けにしそ巻添え。

笑・ごちそうだ~heart04

18070102_2

私の子供時代、母は忙しい人で、祖母と一緒の時間が大半でした。

祖母の日常が私にどれだけ影響を与えたか・・・。

孫ちゃんと飾った七夕。

1月ほど前から少しずつ準備し昨日飾り付けしました。

なんでも自分でやりたがるところを気長に見ていられる自分もいい(笑)。

孫ちゃんの可愛い願いに比べて、ばばちゃんは

「○○のケーキがいっぱい食べられますように」なんて書きました。

勿論心の中の願いはもう少し大きいです(笑)。

| | コメント (2)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »