« センニチコウ (千日紅) | トップページ | ブルーベリー収穫 »

2018年7月20日 (金)

クレマチス

Clematis18071701_2

春、開花後切り戻しをして2回目の開花。

我が家の庭の雑草の中でも、特別厄介モノ扱いは「ヘクソカズラ」です。

子供の頃、ハナ天狗と呼んだ花、花をペロッとして鼻の上に乗せると

くすぐったくて・・・そんな経験のある方も、ひとり、ふたりは・・・

いるかもしれないあの、ハナ天狗(ヘクソカズラ)です。

近隣のジャングル化したお庭だった?果樹園だった?

木々に絡みつき、すべて枯らしてしまった、ヘクソカズラです。

長く伸びたツルにつく種は、ヒラヒラ羽をつけ四方八方、飛んで行きます。

落ちた種は100%の発芽率では?どんな過酷な場所でも発芽します。

砂利の中であろうと、根が張りつめた芝の中であろうと。

通常植物は双葉を出すのに、いかにも未熟そう、か弱そうに1葉で発芽。

その1枚葉は、熱射だろうが酷暑だろうが、どんどん成長します。

笑・で、今日のクレマチスとどういう関係かと申しますと

「この猛暑の日々、やけに元気なクレマチス」。。。eyeよくよく見ますと

クレマチスの蔓かと思っていたのに、ヘクソカズラ蔓が2/3締めていました。

よくぞ、この暑さ、ヘクソカズラの蔓にまきつかれて、開花したものだと

拍手喝采。

早朝3時間庭仕事。今日は昨日一昨日に比べて少し湿度が低く、

sunsun カンカン照りになる前に作業終了すれば、なんとか…できそう。

|

« センニチコウ (千日紅) | トップページ | ブルーベリー収穫 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センニチコウ (千日紅) | トップページ | ブルーベリー収穫 »