« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月31日 (日)

ヒュウガミズキ(日向水木)

Hyugamiuzki190328

ヒュウガミズキです。
以前地植えにしていましたが、枯れ寸前で鉢へ。
その後、先日upしたトサミズキを地植えしました。
遠目に目立つトサミズキがいいと思いましたが
ヒュウガミズキが開花すると…やっぱりこっち(笑)。
気長に鉢で養生させることにします。

昨日庭の木々の間を夫に耕運機をかけてもらいました。
土に空気が入って、すがすがしい気分です。
今日は草取りしながら
シランの株分け、ベルガモットの株分け…
進行方向にある株を次々株分けしました。
スコップで全体重をかけて
ザックザック切り分けて…
固まった部分は廃棄としました。
もったいもったいないと思うのですが
みんな植えたら、3年後は何倍も苦しい(笑)。

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

クロモジ(黒文字)

Kuromoji19032801

クロモジの花が見頃です。
と言っても、遠目には全く開花はわかりません。
木の下まで行って確認し、左手で枝を下げて写したものです。
実際には90°左開店させた状態で開花しています。

昨日はメダカの水換えをしました。
昨年8月に卵付きホテイアオイを頂き
9月に赤メダカの卵つきホテイアオイを頂き
秋にスーパーミユキを購入し3種の育メダカ中です。
生き物は手をかけなければ育ちません。
かけて気づくことは、
みんな自分の為だということです。

| | コメント (2)

2019年3月29日 (金)

庭梅(ニワウメ)

Niwaume19032802

Niwaume19032801

ニワウメが満開です。
濃いピンクの花が枝に隙間なく開花するので
遠目にもよく目立ちます。

今日は生育の悪い地植えの椿を掘り起こし
根の状態を見て…たぶん鉢に戻さねばならない。
この2、3日庭にヒヨドリの大群が舞い降りてきます。
ミカンをあちこち置いたことより
芝や土の上をつついている方が断然多く
地中から虫が這い出ているのか?
鳥がつつきだしているのか?不明ですが
カブトムシの幼虫を黒くしたような虫を椿園で2匹見ました。
あの大きさの虫が地中で根をモグモグ…
想像したら、掘り起こし作業は早い方がいい。
養生が必要な鉢植えばかりがどんどん増えてしまい
今年はそっちのコガネムシ対策を考えないと
全滅になりかねない。
笑・庭仕事はイタチごっこ。

| | コメント (0)

2019年3月28日 (木)

ヒヨドリ(鵯)

Hiyo19032801 
Hiyo19032802_1

周りの環境がこの数年で大きく変わり…いや変わりつつあり
たぬき君家族は全く顔を見せなくなりました。
ウグイスの鳴き声も全く聞くことがなくなりました。
残念でなりません。

庭に来るのはカラスとハトと↑ヒヨドリがほとんど。


| | コメント (0)

2019年3月27日 (水)

コブシ(辛夷)

Kobusi19032201 
コブシを写したのは↑5日ほど前です。
花をマクロで写すと、花びらはみんな無残で
少し遠目にうつしました。
そろそろ満開の時期のはずですが、花は目立ちません。
我が家の周りには全く収穫をしない
ミカン園がありますが、鳥の楽園です。
我が家の花は、鳥にとって刺身のツマみたいなモノかもしれません。

昨日は一日鉢植えの植え替えでした。
「ウマノスズクサ」の生育が悪く鉢を崩してみました。
驚いたことに大きなスリット鉢の地上部は貧弱
鉢の中は根がとぐろを巻いている状態。
茎がのびて葉が出て、何かの拍子に茎が土に触れると
そこから発根し、地中へのびていく…。
芽を少しつけた茎を幾本か鉢に植えました。
「馬の鈴」なんていい名前ですから枯らすわけにいきません。

| | コメント (0)

2019年3月26日 (火)

オキナソウ(翁草)

Okinasou19032601

Okinasou19032602


日本オキナソウが開花しました。
地植えでは失敗続きでしたが、一昨年から鉢植えです。
それでもつぼみの段階で痛んだり、虫食いになったりですが
まずまず、この状態で写せてとてもうれしい。

ウォーキングコースにある住宅街の一軒に
毎年オキナソウが開花するお宅があります。
下り坂でちょうど目線の高さに開花するため
毎年開花が楽しみで歩いています。
今年も3、4日前から開花が始まり、よそのお宅なのに
無事に開花が嬉しくなります。

午前中は「ジョウロウホトトギス」の植え替えでした。
昨年の開花状態で根詰まりは承知していましたが
いざ、株分けとなると気が重い(笑)。
1鉢に18芽も植えた大鉢は土を入れると
ぎっくり腰を起こしそうに重いのです。
ブルーシートを敷いて、鉢をひっくり返し
大きな芽だけを選んで5鉢に植え直ししました。
やり終えれば「やってよかった」です。

| | コメント (4)

2019年3月25日 (月)

ユキモチソウ(雪持草)

Yukimotisou19032201

ユキモチソウです。
残念ですが、今年も雪玉が白球になりませんでした。
同じサトイモ科のウラシマソウは地植えで毎年開花しますが
ユキモチソウはウラシマソウよりデリケートかもしれません。
我が家の庭の土は決してサトイモ向きではありませんから。
↑鉢植えに変えても、こんな状態ですが
芽が出て大喜び
葉が開いて大喜び
真っ白でないけれど雪玉を抱えた姿はちゃんと想像できます。
親ばかです(笑)。

| | コメント (6)

2019年3月24日 (日)

ボリジ

Borage19032202

Borage19032201

ボリジが開花しはじめました。
一株が70、80㎝と大きい。
まだ下葉が1枚も枯れていない状態です。
この時期こんなに元気ということは、
気温上昇とともにうどんこ病を発病させ、株中は腐敗。
夏にひと手間ふた手間さえかければ
和名ルリジサのとおり、素敵な瑠璃色を毎年見ることができます。


| | コメント (0)

2019年3月23日 (土)

ツバキ (ブラックマジック)

Blackmagic190322


ツバキ(ブラックマジック)が開花。
黒ではなく、赤でしょう?と言われそうですが、
実物はもう少し黒が強いです。
2、3日前につぼみを見つけ、開花を楽しみにしていました。
つぼみといっても、10センチほどもありますから、重いです。

左手で顔を上向き加減にして、シャッターを押しました。
先に咲いた、タイにプリセス、白ワビスケ、湊の曙などは、

新しい葉が動き始めました。


| | コメント (0)

2019年3月22日 (金)

トサミズキ (土佐水木)

Tosamizuki19032201
トサミズキが開花し始めました。
ヒュウガミズキは垂花が1~3個程度ですが、こちらは10個ほど。
今日は20℃を越す暖かさ。
この暖かさで、鉢の中のコガネムシの幼虫が活動を始めたようです。
一抱えもある大鉢に植えている、レモンツリー(レモンマートル)が

急に元気がなくなり、根詰まりか?…まさか???
ブルーシートを敷いて、鉢をひっくり返すと、
まさかの、コガネムシの幼虫がゴロゴロゴロゴロ…30匹いや40匹…

この暖かさが2、3日続いたら、根はげんこつ状態で
指でつつけばコロリと倒れて枯れてしまったと思います。
3月からこんな心配をしなくてはならないなんて、気温が恨めしい(笑)。


| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

シロモジ (白文字)

Siromoji19031601_1
シロモジが見ごろになりました。
目立たない花ですが、庭にあるというだけで嬉しい花木です。
葉より花が先に開きます。
ちなみにクロモジは枝先に3、4枚の葉を広げ始めました
葉が先に開きます。

| | コメント (2)

2019年3月18日 (月)

朝食

Jam19031703

久々の朝食画像。

二日前のナッツ入りフランスパンで即席フレンチトースト。

葉ものは、水菜、ルッコラ、キュウリ、セロリ、パセリ、レタス…

サラダの中は卵、ジャコ、サツマイモ、豆…その日によって変えるだけ。

パンで使ったフライパンで、ハムを焼いてポイッとのせただけ。

ヨーグルトにはジャム&キナコ、ハッタイ粉、コウセンの粉類をかける。

夫がいれたコーヒー。

ほぼ毎日、ず~っとこんなです。が…

ここからが初めてupものです。

Jam19031701_2

Jam19031702_3

近くの果樹園の無人販売所で買った 剽悍と土佐文旦でジャムを作りました。

金曜日からずっと気が重く、眠れず、不安でたまりませんでしたが

紹介状を持って病院に行ってきました。

ホームページに紹介されたドクターのコメント欄に

「自分だったらこうしてほしい」を常に考えて診療していると書かれていました。

診察の途中で「先に伝えますね。」とおっしゃって

「これなら大丈夫です」と伝えてくれました。

検査中は不安でいっぱいですから、ありがたい一言でした。

その後の検査も説明も落ち着いて受けられました。

もちろん結果が良かったことが一番ですが。

実はその30分ほど前、待合室で具合の悪くなった方がいらして

その場にいた皆さんが一瞬で安心した対応をされたのもその先生でした。

こんな先生が増えてくれたらなぁ~と思います。

今日、心も体も健康でいられることがどれだけありがたいか


| | コメント (2)

2019年3月17日 (日)

椿 (プラマーズシュープリーム)

Kramerssupreme190305

2年前この椿をupした後、枯れてしまいました。

あれ?と思ったときは、手遅れに近く株本に虫の形跡。

幹の中に卵を産み付けたり、幹に張り付いて冬越しした虫が、

樹液を吸ったり、幹をかじったり… 

その時点で気づけば、すぐに挿し木をしますが、

この春開花した挿し木苗の中にはありませんでした。

先日椿苗やさんで、鉢植えを見つけ購入してきました。

地植えできるまで、4、5年かかると思います。

地植えでは、赤ちゃんの頭くらい大きい花が見られ迫力満点ですが

鉢植えは一回り小さい花でした。

根詰まりしたら鉢替え根詰まりしたら鉢替えの育椿です。

啓蟄を過ぎ、ビオラに黒に赤模様の虫が這っているのを見ました。

あっちもこっちも 目を光らせたなきゃ(笑)。

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

バイモ (貝母)

Baimo19031601

Baimo19031602

バイモが見ごろになりました。

小径の脇に植えてあり、毎日横を何回となく通るのですが

花の色が周りに溶け込んでしまい、開花を見落としてしまいます。

風が吹いたら折れそうな茎ですが、

葉の先端がツルになり、お隣の茎や葉に絡み、支えあって倒れることはありません。

沢山増やしたい花のひとつです。


| | コメント (2)

2019年3月15日 (金)

椿 (クジャク椿)

Kujyaku190309

クジャク椿が見頃です。

園芸店、ホームセンターの園芸コーナー…

春花苗、山野草苗、花木類などが、入荷しはじめて、のぞくのが楽しみです。

毎月の通院で、本日はエコー検査がありました。

長いこと経過を看ている所がありますが、

今回はその道に長けた先生の紹介状をいただきました。

安心の為に、それが一番いいとわかっていても、

重い気持ちになるのは、どうしようもありません。

渋滞を見越して、いつもの倍の時間を見込んで家を出、

途中、車の後ろから カタカタカタカタ…変な音

何だろう? 悪い心配はあっというまに大きく広がりましたが

病院の紹介状をもらっての帰路は、その音は気になりませんでした。

気になることがあっても、より気になることが起これば

アッという間に、些細なこととなります。

この重い気持ちを明日か、来週早々か…早いとこ軽くせねば


| | コメント (0)

2019年3月14日 (木)

ムラサキハナナ (紫花菜)

Hanana19030901_2

ムラサキハナナが開花。

冬の草取り中、10センチにも満たないムラサキハナナの株を見つけました。

一年草ですから、こぼれ種が昨年中に発芽して越冬したと思いますが

野生化するともいわれるハナナですから、1株はちょっと地味(笑)。

増えて困るというリュウキンカも、我が家はず~っと植えたまんま2株でした。

が…最近、ひょっとしたら??? という小さい芽を見つけました。

向いた土でないのに、ムラサキハナナもリュウキンカも開花することで

相当強い性質なことだけは確かです。

せっかく開花ですから、今日は液肥を施すことにします。

| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

椿 (スプレンダー)

Splendor19030901

スプレンダーが開花始まりました。

1つ目は痛んで、upに耐えられませんでしたが、2輪目は何とか…。

名前の通り豪華まさに「壮麗」。

葉をみなければ、バラと勘違いしそうです。

挿し木をするときは、発根、鉢上げ、鉢替え、定植などでの失敗を見越し

1種でいくつか苗を作りますが、

この時期それらが小さい鉢で初開花を迎え嬉しい時期です。

同じように育てているつもりでも、同種全滅、全成功があります。

種類のせいでしょう?なんてとても言えない、後悔があります。

自分の年齢を考えたら、年月がかかることは丁寧にしないと、

先を見ず終いになりかねないのに(笑)。

| | コメント (2)

2019年3月12日 (火)

ケイオウザクラ (啓翁桜)

Keiousakura19031201

Keiousakura19031202


ケイオウザクラが見ごろになりました。

開花に気づいたのは2、3日前ですが

4月中旬の暖かさだったという本日7、8分咲になりました。

朝出かけた時よりだいぶ開花が進んだ午後4時頃の画像です(↑)。

夕方のニュースでソメイヨシノの開花は名古屋 東京は3/21頃

静岡3/23頃…この辺りはその間くらいでしょうか。

いよいよ春

| | コメント (2)

2019年3月11日 (月)

3.11

19031101_2

あの日のこと…

あの日の事、忘れることはありません。

私と夫は市の出先機関にいました。

ブラインドカーテンの異様な揺れ、開いたドアから見えたロッカーの揺れ

ついに来た…東南海地震がいつ来てもおかしくない地にいます

小さい揺れでも常に恐怖が走ります。

あの日は揺れがおさまっても、ただ事でないと

車のラジオをつけ、帰宅してすぐにTVをつけ…

目にした光景は忘れることはありません。

あれから8年。

わが身に置き換え、考えただけでも身がすくむ思いです。

この恐怖が取り去られる日が来るとしたら

来たあと・・・でしかない。

昨日のTVで、奥様の遺骨が7年たって見つかった方のこと

お子様3人を亡くされ、絞り出すような思いを語った若いお父さまのことなど

どの方の言葉にも涙がこぼれます。

少しでも先が明るいことを願わずにいられません


| | コメント (0)

2019年3月10日 (日)

サンシュユ (山茱萸)

Sansyuyu19030902

Sansyuyu19030901

サンシュユが見ごろです。

ミモザは遠目にもはっきり開花がわかりますが、

サンシュユは、木全体がボォ~っと、薄い黄色に包まれるように変わります。

シニアになるといろんなこと忘れてしまいますが

…庭屋さんとの会話で、サンシュユが出てこなくて困ったことがあります。

特徴を並べると庭屋さんは「幹が赤い?」と…

「?そうそう赤いです」と言って「サンシュユ」を思い出しました。


その後は、サンシュユが咲くと、その会話を思い出し

サンシュユの名を忘れることはありません(笑)。

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

ミモザ

Mimoza19030501

Mimoza19030502

3月8日ミモザの日にupしようと、5日雨が上がった朝に写しました。

イタリア人じゃないから忘れた…笑。ってことにしておきます。

朝日がキラキラまぶしくて、久しぶりにキラキラ写しです。

Mimoza19030901

Mimoza19030902

今朝のミモザです。

青空によく映えます。

先日瀬戸に行く道中、

TVでよく目にする、杉の木の花粉が煙のように舞うところ…見ました。

暖かくなり、雨が多くなり、今日は風に乗ってきた花粉が目に見えそうです(笑)。

そういって、午前中は庭を休みましたが…午後も休もうか思案中です。


| | コメント (2)

2019年3月 8日 (金)

クリスマスローズ

Xmasrose19022716_2

Xmasrose19022717_2

Xmasrose19022718

Xmasrose19022719

Xmasrose19022720


草取り作業方向にあるクリスマスローズ1株づつ、

花がらを切る、固い古葉を切る、土寄せ、株本を耕す…

などの作業をしつつ、草取りをしていますが、

変える作業で気分も変わり、体への負担も軽減されて一石二鳥です。

最近新たに変えたことは、取った草を入れるバケツのサイズです。

サイズを一まわり小さくしました。

バケツがいっぱいになると、立ち上がって埋め穴まで行かねばなりません。

その回数は倍増えましたが、同じ姿勢をとる体への負担は減りました。

最初は立ったり座ったりが増えて面倒感がありましたが

見る景色が変わることで、気持ちの切り替えがしやすいことは確かです。

草取りは、考えを集中させるいい機会ですが、

あ~だこ~だあ~だこ~だ…考えすぎる嫌いがあります。

特にマイナスな考えの時はいけません。

バケツを持って立ち上がり、周りの草花に目が行くと…

気持ちに、区切りをつける機会にもなります。

我が家の草捨て穴から「王様の耳はロバの耳」的なこと…

沢山沢山出てきてもおかしくないです(笑)。

| | コメント (4)

2019年3月 7日 (木)

クリスマスローズ

Xmasrose19022711

Xmasrose19022712

Xmasrose19022713

Xmasrose19022714

Xmasrose19022715

朝方までの雨が思っていたより1時間早く青空

雨後の庭は、花粉対策万全、日焼け対策は万全にです。

そうそう…

以前は野球選手だった女性が、先日TVに出演していました。

活躍の間は日焼けもなんのその凛々しく見えましたが、

焼けの色と後悔の深さが比例しているような、一言聞き逃しませんでした

だよね…大丈夫かなぁ~と思ってましたから。

ばばちゃんになっても、シミの数は少ないがいい、

しわの深さは浅いがいいんですヨ(笑)。

真っ黒のクリスマスローズが出たときは感動しました…


| | コメント (0)

2019年3月 6日 (水)

クリスマスローズ

Xmasrose19022706

Xmasrose19022707

Xmasrose19022708

Xmasrose19022709

Xmasrose19022710

クリスマスローズの首が伸びて裸木の下が賑やかになってきました。

サンシュユの花が木の上の方まで開き始めたこと…

近眼の目でも、木全体がうっすら黄色に見えはじめたことでわかります。

ミモザは木全体が黄色です。

明後日のミモザの日にバッチリ合わせたような開花で嬉しくなります。

色濃く丸々太ったホトケノザ、細い根が数で勝負と言わんばかりスズメノカタビラ

スギナがツクツク芽を出し、水不足の冬もしつこく生き延びた赤カタビラ…

容赦なく引っこ抜く作業をしていますが、

三日後にはどれも芽を出して…参りましたm(_ _)m。

体力ある限り続きます。

| | コメント (0)

2019年3月 5日 (火)

クリスマスローズ

Xmasrose19022701

Xmasrose19022702

Xmasrose19022703

Xmasrose19022704

Xmasrose19022705

寒明けからもう一月。

ずっとひと月先の気温続きで、花の開花草ののびの早いこと。

街路樹のハクモクレンのつぼみが大きくなってきたと書いたばかりですが

今日は4分5分咲でしょうか、真っ白です。

庭の花たちも、春だ春だといわんばかり。

クリスマスローズも8割方開花したと思います。

地植えで自然交配…似たような花ばかりに見えます(笑)。

大事な株ほど、虚弱体質で消えていきます。

この地にあったものだけを育てると決めたのに

頭の片隅で、虚弱体質モノが恋しい感も時々(笑)。。

先々を考えて、あきらめて、区切りして、あきらめて、区切りして…

この繰り返しを何度かするうちに、心も庭も定まるかな。

あのターシャさんも、後継ぎを育てたかのように見えましたが…

結局、似た感情の人はいても、分身はいない。

笑・元気で150才までがんばるしかない

| | コメント (2)

2019年3月 4日 (月)

カステラパン

19030402


19030403


雨の日は台所。

バターロール生地でカステラパンを焼きました。

280グラムの小麦粉で4分割した大きさです。

文明堂の端っこカステラを包み込んだので、カロリー高めです。

朝食というより「おやつ」向き。

室温が高くなると生地がべたべた扱いにくくなるため

パン作りは4、5か月お休みしていました。お休みしている間に、

フランスパン用、食パン用、菓子パン用小麦粉大袋がなくなり

1キロ入りのみの扱いになっていました。

以前は友人と業務用特大袋を共同購入したり

菓子材専門店まで出かけなければ材料がそろいませんでしたが

ここ数年は、大型スーパーに行けばいつでも材料が揃ったのに。

またブームが去ったということかな?(笑)。

…ま・いいか。

そんなに焦らなくなった自分がいい


| | コメント (2)

椿 (港の曙)

Minatonoakebono19022701

以前ハワイ出身の「曙」という力士がいたと思います。

外国の力士は今ほど多くなかった時代で、

とにかく大きいという印象が残っています。

その印象で「港の曙」が小さいつぼみをいっぱいつけ、

開いても、ヤブツバキの半分にも満たない花であることに

ちょっと笑えたりします。

ひな人形をしまわねばなりませんがあいにくの雨。

毛ばたきをかけて、小物をはずし、顔に薄紙をまいて…

これが結構面倒で出ししぶるわけですが

この面倒を人任せにはできません(笑)。

雛しまいが遅れると、婚期が遅れる、婚期を逃すなどとは

今の世の中言いませんものネ…

雨が上がって、湿気のない人形にとっていい日に

ゆっくり丁寧にしまうことにします。

| | コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

ひなまつり

19030301

なが~いこと、3月3日は自分で作ったちらし寿司でお祝いしてきましたが

今日はおよばれ。

おひなケーキと花束を買ってきました。

小さい雛が好きで、集める意識はありませんでしたが

↓は 瀬戸で買ってきたばかりの新入りです。(↑は浜松張り子)


19030302


| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

瀬戸のひな祭り

Seto19030101_3

あちこちで街をあげてのひな祭りが行われるようになり…

昔乙女はこの時期落ち着きません。

気になるお店が3店4店のぞきながら、瀬戸へ行こう

観光客らしき人が普段より2倍3倍…よそモノ風が多くてちょっと嬉しい。

「ひな御膳完売」とか札が下がっていたりして…ちょっと嬉しい。

Seto19030105_2

アーケード街はシャッターが下りているお店が多くて残念です…

高速使って往復3時間でも行きたいと思う、魅力ある街なのに…

Seto19030104_2

花好きはやっぱり気になるお花やさん。

お雛が見られるようにドアが開いていて、カメラを向ける人と譲り合い…

酒まんじゅうの和菓子屋さんで、はじめて見る「おこしもの」。

Seto19030102

Seto19030103

ひな祭り時期のこの地方の食べ物なのだそうです。

焼いて醤油と海苔でいただきました。

こういう地元に受け継がれているお菓子に出合えるのも楽しい。

往復の高速道路…車間距離が狭い車が多いことに驚きます。

ピッタリ3台4台、事故が起きそうで怖い。

車間距離も心余白もないと世知辛い


| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

肥後椿 (旭の湊)

Higo19022701

Higo19022702

旭の湊が開花。

毎年同じことを書いてしまいますが、この顔「アハッハ」と笑っているようで

見ているだけで元気になります。

毎日のウォーキングで「あのお宅のあの花がそろそろ…」なんて思って

歩くコースを決めています。

赤い肥後椿を生垣の一部にしているお宅があり

1週間ほど前からそちらをコースに歩いています。

椿も槇と一緒にきれいに刈り込んでありますが、刈込の時期が的確で

刈そろえられている生垣からちゃんと肥後椿が顔を出しています。

1つ好きな花が見られると、他のシーズンも好きな花が見られ

白万重、ブルースター…あのお宅はあと2つ3つ楽しみな花があります。

近辺のお宅の方とはほとんど顔を会わせる機会はありませんが

お花の顔見知りはたくさんできました

| | コメント (0)

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »