« サンシュユ (山茱萸) | トップページ | ケイオウザクラ (啓翁桜) »

2019年3月11日 (月)

3.11

19031101_2

あの日のこと…

あの日の事、忘れることはありません。

私と夫は市の出先機関にいました。

ブラインドカーテンの異様な揺れ、開いたドアから見えたロッカーの揺れ

ついに来た…東南海地震がいつ来てもおかしくない地にいます

小さい揺れでも常に恐怖が走ります。

あの日は揺れがおさまっても、ただ事でないと

車のラジオをつけ、帰宅してすぐにTVをつけ…

目にした光景は忘れることはありません。

あれから8年。

わが身に置き換え、考えただけでも身がすくむ思いです。

この恐怖が取り去られる日が来るとしたら

来たあと・・・でしかない。

昨日のTVで、奥様の遺骨が7年たって見つかった方のこと

お子様3人を亡くされ、絞り出すような思いを語った若いお父さまのことなど

どの方の言葉にも涙がこぼれます。

少しでも先が明るいことを願わずにいられません


|

« サンシュユ (山茱萸) | トップページ | ケイオウザクラ (啓翁桜) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サンシュユ (山茱萸) | トップページ | ケイオウザクラ (啓翁桜) »