旅行・地域

2017年12月 7日 (木)

富士山&スカイウォーク

Fuji17120403

12/4 平日の為通勤混雑が過ぎた9時頃に出発。第二東名登り。

東に行くにつれ天気が薄曇りに変わり心配しましたが、↑富士山登場。

助手席からcameraパチリ。

Fuji17120402

子供のころから富士山を描くときは、デッパリ宝永山は右側です。

Fuji17120405

その宝永山火口が正面に見えるところが目的地。

大吊り橋「スカイウォーク」です。

Fuji17120404

Fuji17120406

駿河湾そして伊豆半島。薄くもりでしたが何とか見えました。

Skywalk17120401

スカイウォークです。

Skywalk17120402

全長400m。日本一長い吊り橋なんだそうです。

最近TVCMが流れ、初めて存在を知りましたがまだ完成して2年だそうです。

吊り橋ですから揺れますし、下をむけば↓こんな風。

Skywalk17120404

二人連れ二組がすれ違える巾、見るからに頑丈そうで恐怖感はほとんどなし。

あ・・・でも歩きはじめて5m程のところで、前に進めない男性がいました。

手すりをしっかりにぎって、お尻が引けていました。

あのカップルどうなったのかちょっと気になります(笑)。

Skywalk17120403

楽々渡りきれました。これで気になっていたスカイウォークを歩けてホッ。

お昼を過ぎると、観光バスが次々到着しはじめ、みるみるうちに人が増え

大混雑の吊り橋を渡る羽目にならずヨカッタ~(笑)。

帰路は富士川サービスエリアで富士を見る為に東名高速へ。

Fuji17120411

すっぽり傘雲をかぶった富士山。スタバでcamera

Fuji17120410

右側に宝永山。落ち着く角度の富士山ですheart04

スタバの若い女の子「クッキー温めますか?」慣れたひとことなのにホッheart04

Fuji17120413

この10日ばかり、親族ばかりの会話で疲れました。

な~んにも関係ない所に「行こう」と誘ってくれた夫に感謝した次第。

 

| | コメント (2)

2017年12月 6日 (水)

水窪

Misakubo17113001

30日ただ北へ北へ走って「水窪」まで行きこの写真だけ撮って戻りました。

昨日は自分の部屋の片づけをしました。

引出の中1つづつ、全部出して、分けて、減らして、しまう・・・「だわへし」です。

例年だと、倉庫からダイナミックに片付けて、屋内に一部屋づつしますが

広い所から順に片付け始めると、細部は「ま・こんなモンでいいか」になります。

今年は、気分が今一つの為、広げたところで気分喪失したら大変と、

狭い所から手をつけたことで、引出の中もきれいに拭き掃除できました。

一方向から見て正しいと思っていても、案外正しいはいくつもあるってことです。

今年は狭い方から・・・大掃除2週間くらいかかるかな。

今日はひんやり。最高気温11℃予報。

空が真っ青、背筋をぴんと伸ばしたら、寒さ吹き飛ぶくらい・・・

こんないい日は楽しい気分ですごさねばもったいない。

| | コメント (2)

2017年12月 5日 (火)

富士山

Fuji17120401

昨日の富士山です。気分転換ドライブで三島まで行きました。

スカイウォーク・・・吊り橋の上からの富士です。

私の見慣れた富士は宝永山が右側ですが、火口が真正面。

この宝永山がどこにあるかで遠くに来たなと感じます(笑)。

写真整理ができたらスカイウォークもupしますm(_ _)m。

| | コメント (0)

2017年11月30日 (木)

香嵐渓 ②

Kourankei17111802

Kourankei17111803

Kourankei17111804

Kourankei17111805

Kourankei17111806

Kourankei17111807

Kourankei17111809

11/18香嵐渓です。

カタクリ、雛祭り、紅葉・・・目的はかわりますが足助は好きな街のひとつ。

Kourankei17111810

雨が上がると、チンチンドンドンnote あの日一番の「鼻」いや・・・花(笑)。

「今日は無料で写していい」と言っていましたヨ。

紅葉mapleより華やかかもshine

| | コメント (4)

2017年11月19日 (日)

香嵐渓

Kourankei17111801

昨日は雨でのんびり過ごしていましたが、どうも落ち着かない(笑)。

雨の日のお出かけ・・・案外「紅葉狩り」はすいているかもflair思いつきました。

西にお出かけ時は、あれも(柿の葉寿司)これも(虎屋)・・・笑・思いつくと

アッシー君(夫)に声をかけます。

趣味の玉ころがしと、かち合わなければ、アッシー君は、ほぼ100%「OK」。

「香嵐渓」までたどり着くか心配になるほど、あっちに寄り、こっち寄り・・・

いつの間にか雨が上がってもみじ祭り会場に到着。

雨の土曜日はどれだけすいているかと思っていましたが

bus bus bus bus bus 駐車場はバスでいっぱい。

しかしrvcar car バス以外は案外楽々駐車できました。

人がいっぱい、それも、やけにポーズ撮る人が多い・・・

笑・アジア系の外国の方々でいっぱい。

バスツアーは雨天中止でない為、土日も大混雑だとわかりました。

写真はまだ1枚だけ。

クリックして昨日の「香嵐渓」見てください。バックの中のコンデジ使用です。

| | コメント (2)

2017年10月 9日 (月)

りんご園 (飯田)

Iida17092701

Iida17092703

Iida17092704

Iida17092702

Iida17092705

9/27 三遠南信路で飯田まで。

飯田までは行く予定ではありませんでしたが、探し物が見つからず・・・

足を伸ばすことにしました。

途中、新蕎麦、高原野菜、果物などあちこち立ち寄りながら。

以前は日帰り温泉が多い山道は我が家の息抜き街道でしたが

今は、たま~に行くcar楽しい街道。

昨年植えた2本のリンゴの木、こんな風とは言いませんが

実るようになるといいなぁ~heart04

| | コメント (0)

2017年9月26日 (火)

ウォーキング

Tonmaku17092501_2

昨日は28℃の予想気温・・・そろそろあの山にあの花が見ごろだろうと

車で1時間弱の「ここ」を歩きました。

標高600m弱、ほぼ1時間で登れますが、あちらキョロこちらキョロです

2時間半~3時間の楽しみウォーキングです。

以前は果物か軽食を背負って歩きましたが、

背中の重荷は下したいお年頃になり、カメラは一デジをお留守番におき

コンデジをポケットに歩きはじめました。

Tonmaku17092505

矢印の方向に富士山は存在します。

Tonmaku17092502

見えなくともこの先にある富士山です。

Tonmaku17092506

頂上の休憩所です。

毎日のウォーキングで歩きなれているとはいえ、28℃の日差しは

十分ハァ~ハァ~させてくれます。

ワレモコウ、マツムシソウ、ススキ、オミナエシ、フジバカマ・・・

誰も知っているような花も以前に比べて少ない。

楽しみにしていた「アケボノソウ」は1本も見つけられませんでした。

アケボノソウのあった道路脇は全部刈り込みされていましたから、

整備の為と思いますが・・・残念です。

記憶にあるあの山の野草はもう復活の可能性は低い気がします。

Tonmaku17092503

イノシシ君が掘り起こしたと思われる巨大穴があちこちボコボコ。

芋系の根を掘り起こすのでしょうか?

一緒に掘り起こして、消えるものもあると思います。

Tonmaku17092504

イノシシ君だけでないのが、悲しいです。

10人ほどの人とすれ違いました。

おひとりから声をかけられ

weep「アケボノソウありましたか?」

coldsweats02「いいえ、上にも一本もありませんでした」

たかが草話ですが、目的が同じというのは嬉しい。

見に行くことができなかったとしても、そこにあると知っていることが

どれだけ宝物になっていたか・・・です。

帰り道、もしやと、あるはずの場所をもう一度歩きましたが・・・なし。

| | コメント (2)

2017年8月26日 (土)

掛川城界隈

Kakegawa17082303

ステンドグラス美術館を出て、掛川城界隈を散策しました。

Kakegawa17082304

Kakegawa17082305

これはなんでしょう?・・・「阿吽」です。(ジュン・スズキ作)

掛川市民が陰陽・阿吽の気をもって呼吸を整え、仰いでは天文を観、

臥しては地理を察し成徳大業をなすようにと願われている・・・そうです。

Kakegawa17082306

Kakegawa17082307

街は閑散としていました。人通りがあまりに少ない・・・

水曜定休のお店が多いのかもしれません。

人が多い所で1デジ使えない私・持ってこなかったことに後悔。

いつも持ち歩きコンデジで・・・cameraパチリ。

| | コメント (0)

2017年8月25日 (金)

ステンドグラス美術館

Kakegawa17082301_2

Kakegawa17082302

Kakegawa17082308

掛川市ステンドグラス美術館に行ってきました。

19世紀イギリス・フランスで制作され、教会の窓を飾っていたステンドグラス。

23日気温は高いものの薄曇り、ステンドグラス日和?とばかりにGocar

入館後しばらくすると日が照りはじめ

光の加減でステンドグラスの印象が変わることを目の当たりにできました。

パンフレットにはないキリストの生涯をあらわしたステンドグラス4枚・・・

立ち止まっていると「気づきましたか?」と声をかけられました。

当日はボランティアの方が、疑問にも答えてくださるとお聞きしていたので

キリストの生涯のステンドグラスの疑問

ガラスに描かれた色の濃淡の不思議などお聞きし、諸々納得punch

ステンドグラス美術館の建物・コレクションは個人のご寄附によるものです。

掛川城も確か女性一人のご寄附により建造されたと記憶しています。

資生堂アートハウスも企業のご厚意で無料で公開されています。

なんか・・・とても暖かいものを感じます。

| | コメント (0)

2017年7月 3日 (月)

小布施

Obuse17060601

Obuse17060602

Obuse17060603

小布施の天蕎麦&マロンあんみつ&抹茶マロンあんみつ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧