日記・コラム・つぶやき

2017年11月27日 (月)

七転び八起き

17112602

本当は「七転び八起き」この画像を今日upしようと用意しましたが

母の意識が戻ることはありませんでした。

母も私も奈良で求めた「ピンピンコロリ」のお守り通りになりたいと

願いを込めていました。

母が思い通りになって、ヨカッタと思います。

| | コメント (0)

2017年11月14日 (火)

街へ

17111303_5

17111302

昨日は、思い切って中心街へcar

久々片側4車線、バスレーンが加わると5?オットット・・・なんてわき見運転厳禁。

直進 レーンを走っていたのに、オットットそうだったそうだった

ここは要注意だった、やけに左車線が混んでいると思った・・・

いきなり 右折レーンに変わるんだった(笑)。

なんて言っても、もたもたしてたわけではありません。

直虎ちゃんブームのせいかみかけぬナンバープレートが多いから

注意しなければ・・・car

17111304

駅地下駐車場に無事に駐車。

笑・デパートの催し会場と、地下をグルグルeyeキョロキョロeye

ペーパーバックが増え重いけれど、久々の中心街だ・・・

老舗和菓子店にも足を延ばしてrunテクテクテクテク・・・キョロキョロeye

笑・店舗建て替え中で移転してるって先日聞いたのにすっかり忘れてた。

eye しかし・・・ 街中なのに、人が少ない 少なすぎ テクテクキョロキョロ。

駐車場に待たずに入れるなんて奇跡・・・

高いビルが減って行く、

ビルにあった看板が消えて、すっきりというか・・・夜はもっと淋しいだろうな。

キョロキョロテクテク・・・run

家の近辺の大型スーパーの混雑とはえらい違いです。

これからは、混雑避けてデパートへ・・・あり得る。

中心街に遊びに行くのが楽しかったのは昔昔のことになりましたthink

| | コメント (0)

2017年11月13日 (月)

百舌

Mozu17111201

昨夕、雨戸を閉めようとすると濡れ縁に・・・eye鳥。

急いでカメラを持ち、ガラス戸の向こう、わずか30センチ程の距離にいます。

ガラスをコンコン叩いても、思い切り顔を近づけても逃げる気配なし。

怪我をしているのか?足の指が?おかしいのかな?

そっと戸を開けると、さすがに警戒したのでしょう

Mozu17111202

からだが膨らんだ気がしました。

手を伸ばそうとすると、なんと・・・室内に飛び込んでしまいました。

その後は・・・部屋中飛び回り、悪戦苦闘で外に逃げて頂きました。

その間、なんと外で「ジジジジ?キキキキ?」母親鳥が必死で呼んでいました。

「わかった、わかった、いじめてるわけでない」と言っても

「ジジジジ?キキキキ?」母親の必死の声。

梁にとまって動かない鳥君を、梯子をかけて夫がつかもうとした瞬間

見事な飛びっぷりで、かっこよく飛び出して行きました。

瞬間母親の鳴き声が消えました。

飛ぶ練習中、うまく飛べずchick濡れ縁に降りたのかもしれません。

人の家に飛び込んだおかげで、勇気云々言っている場合でなく飛べたpunch

最初の一歩は怖い。しかし、もっと怖いことに遭遇すると、案外うまくいく。

ヨカッタ~heart04

あ・百舌かどうかはちょっと不安です。検索してよく似ていたのが百舌でした。




| | コメント (4)

2017年11月 4日 (土)

十六夜


Izayoi17110402

夜ウォーキングに出かけ、振り向くと「ぉお~おfullmoon」大きい月がすぐそこに…。

昨夜はウォーキングから戻ると、雲の中で ↓こんな具合。

17110302

今日は雲なし、ウォーキング後でも十分写せそうでしたが、ウォーキング中止。

run 急いで帰宅。

我が家からはお隣ジャングルであと30分程待たねば、月は登ってきません。

三脚とカメラを持って通りまで出ると、なんと街路灯が月の高さで煌々shine

あ~でもない、こ~でもない・・・何とか写せました。一番上画像。

30分程遅れて庭からも写せました。↓

Izayoi17110403

30分前の月は大きく感動的でしたがたった

30分後、上った月は大分小さくなっていました。(レンズを通すと同じです・笑)。

毎年月を写す頃には

木枯らしとだえて さゆる空より
地上に降りしく くすしき光よ
ものみないこえる しじまの中に
きらめき揺れつつ 星座はめぐる

「冬の星座」を思わず口ずさむのですが・・・今年は忘れていました。

日中まだ24℃では・・・。

| | コメント (2)

2017年11月 1日 (水)

十三夜

17110102

最近はありがたいことい、十五夜はいつ?忘れることなどできないほど

スーパーの和菓子コーナーにもお月見団子類が並びます。

そして11月1日は十三夜・・・のお知らせもしっかりとpunch

本日の月はすっきりくっきり、明るく縁起のいい月です。

なんと、カメラにつけたまんまの「マクロ」でも写せました。↓

17110103

明日もいい日でありますように。

| | コメント (2)

2017年10月12日 (木)

映画「ドリーム」

17101201

昨日も朝からやる気の失せるような日差し・・・金曜日まで続く予報で

急きょ、母dayに変更。家を出てcarすぐに水曜日と気づき・・・

アッflairしまった・・・今日は映画のお安い日(笑)。

なかなか水曜日とタイミング合わず、行けずにいたのに。

car走れcar走れ 母を訪ねた日に必ず寄り道する、和菓子屋、産直店

みんな横目で 走れcar走れcar 走り抜け帰宅。

見たい映画は夕方からの上映しかなく、これまた急きょ

「ドリーム」を見ることにしました。

便利ですネ~。映画館は一度に10本くらい上映しているんでしょうか?

なにもかもPCで確認できます。

ポップコーンもジュースも何にも買わずに席に座るのでギリギリ着席でOK。

「ドリーム」はとてもヨカッタですpunch

とびっきり頭の良い人の集団でも、お隣にいる人の不便ひとつ気付けない

当たり前になっている不平等のやりきれNASA・・・。

でも救いは実話の人物が96歳の今笑顔であったこと。


| | コメント (0)

2017年10月 8日 (日)

ぶどう

17100701_2

シャインマスカットとシナノパープルを頂きました。

箱を開けた瞬間、どちらも皮ごとパリパリ頂けちゃう好みのブドウheart04で嬉しい。

送っていただくブドウは巨砲、マスカットから新しいブドウへ。

あちらの家族も世代交代、電話の向こうはにぎやかな若い声。

変化はさびしく感じることもあり、すっきりすることもあり

ようは、己の気持ちの持ちよう。

だったら楽しく思う日々がいいpunch

| | コメント (0)

2017年10月 4日 (水)

名月

17100404

今日は見られないと思っていましたが、出た出た月が。

大急ぎ・・・え~っとISOはえ~っとシャッタースピードは・・・なんて慌てて。

17100402

スーパーで買ってきた「お月見団子」。

よい月見をhappy01

| | コメント (2)

2017年9月26日 (火)

ウォーキング

Tonmaku17092501_2

昨日は28℃の予想気温・・・そろそろあの山にあの花が見ごろだろうと

車で1時間弱の「ここ」を歩きました。

標高600m弱、ほぼ1時間で登れますが、あちらキョロこちらキョロです

2時間半~3時間の楽しみウォーキングです。

以前は果物か軽食を背負って歩きましたが、

背中の重荷は下したいお年頃になり、カメラは一デジをお留守番におき

コンデジをポケットに歩きはじめました。

Tonmaku17092505

矢印の方向に富士山は存在します。

Tonmaku17092502

見えなくともこの先にある富士山です。

Tonmaku17092506

頂上の休憩所です。

毎日のウォーキングで歩きなれているとはいえ、28℃の日差しは

十分ハァ~ハァ~させてくれます。

ワレモコウ、マツムシソウ、ススキ、オミナエシ、フジバカマ・・・

誰も知っているような花も以前に比べて少ない。

楽しみにしていた「アケボノソウ」は1本も見つけられませんでした。

アケボノソウのあった道路脇は全部刈り込みされていましたから、

整備の為と思いますが・・・残念です。

記憶にあるあの山の野草はもう復活の可能性は低い気がします。

Tonmaku17092503

イノシシ君が掘り起こしたと思われる巨大穴があちこちボコボコ。

芋系の根を掘り起こすのでしょうか?

一緒に掘り起こして、消えるものもあると思います。

Tonmaku17092504

イノシシ君だけでないのが、悲しいです。

10人ほどの人とすれ違いました。

おひとりから声をかけられ

weep「アケボノソウありましたか?」

coldsweats02「いいえ、上にも一本もありませんでした」

たかが草話ですが、目的が同じというのは嬉しい。

見に行くことができなかったとしても、そこにあると知っていることが

どれだけ宝物になっていたか・・・です。

帰り道、もしやと、あるはずの場所をもう一度歩きましたが・・・なし。

| | コメント (2)

2017年9月24日 (日)

藍をしまう

17092202

17092203

彼岸の昨日の午後は、藍のれんを外しました。

手洗いし糊をピッチリつけて陰干ししました。

長い夏の間何度もそこにあることに癒されました。

暑さは残っていても、時期は時期でおしまいにするのも季節事。

どれだけ丁寧にアイロンがかけられるかが、来年の楽しみにつながる(笑)。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧