ガーデニング

2018年4月24日 (火)

タツナミソウ (立浪草)

Tatunamisou17042201

Tatunamisou17041801

タツナミソウです。

立つ浪の草…なるほどです。

繁殖力はコンクリートの隙間でも開花するタツナミソウですから、相当です。

Tatunamisou17041802

この白はウォーキング途中のコンクリートの割れ目に咲いていたものを

わずかに根をつけて抜くことが出来、庭に植えました。

この4月にEテレで始まった「ヘウレーカ」でなぜ植物は隙間に生えるのか?

やってましたネ~。

広々としたところに植えたら、思ったほどの力を発揮しないんです。

競争社会では生きにくいのか?タツナミソウ君。

でも、決して弱いわけではなく、ジワジワジワジワこちらの意識が届かねば

とんでもない程広がる、ナカナカ草くんです。

| | コメント (1)

オオデマリ (大手毬)

Oodemari18042102

Oodemari18042101

Oodemari18042201_2

オオデマリが満開です。

ガマズミの仲間は今みんな開花する時期なのでしょう

たぶん、あれもあれもあれも 開花しているので、なんとなく葉、花で

ガマズミの仲間と想像できます。

笑・きちんと調べたらいいのにと自分でも思っているのに「あとで」です。

雨後は腐敗の心配をしなくてはいけないこの暑さで

昨日やっとクリスマスローズの花茎切りを終えました。

切りながら、花が散ったユキヤナギの枝が顔にかかり

「はいはい、あなたも剪定時期ですね」…知らされました。

3株とシジミを1株。剪定を終えました。

気づいたら、草取り鎌がナイeye ナイナイeyeeye

忙しいせい? それとも ?? 







| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

ラベンダー

Lavender18042104

Lavender18042102

Lavender18042101

Lavender18042103

ラベンダーが見ごろです。

色濃く香りつよいラベンダーを育てたいけれど、

我が家の庭では、暑さに強いこのタイプのみ植えっぱなしで何年でもOKです。

初夏を思わせる気温で、なにもかもが開花…

北国の春のように、一斉に開花はさぞ見事だろうなと思って来たけど、

それぞれの時期に、発芽や開花を楽しむことが当たり前の為に、

あれもこれも気づかず、終わってしまいそうで焦っています。

クリスマスローズはすでに暑さで、蒸れはじめた株も有り

花茎を切る作業を最優先で行っています。

暑さに慣れていない為に起こる熱中症にお気を付けくださいと

ラジオから何度も注意が流れました。

くたびれて無理ができませんから大丈夫(笑)。

ラベンダーの穂をドライにする手が欲しい。

| | コメント (2)

2018年4月20日 (金)

フジ (野田藤)

Nodafuji18041401

Nodafuji18041402

我が家のフジは周りの野山より少し遅れて見ごろです。

昨年冬の剪定はひとりで行ったので開花はとても嬉しいです。

棚の上に対角線状に誘引したツルからまんべんなくツルを伸ばしたので

棚全体に開花したら、剪定の成功です。

自己採点…笑・まずまずの合格点です。

藤棚を作ったのは庭作業中の日陰、棚下でランチなど楽しむつもりでしたが

常に毛虫の心配をしなくてはならず、立ったまま一時休憩場所です。

今年はすでに塊りが解け、1~1.5センチの細い毛虫が、単独行動しています。

昨日は背丈のある木々と生け垣以外の消毒をしましたが…

4月から半袖で過ごしたい天候が過去あったでしょうか?

先が思いやられます。

| | コメント (0)

2018年4月19日 (木)

これは?



Yukimotisou18041401

アイスクリーム?

いえいえ、今ちょうど食べごろ…いえいえ見ごろの植物…

Yukimotisou18041402

ユキモチソウです。

なんてステキheart04

Yukimotisou18041403

横画像も縦画像もモデルがいいからどこから見ても素敵…

笑・と思う人は少ないのかなぁ?

月曜日ガーデンパークに行き、ぐる~っと散策してきました。

ネモフィラの見ごろは過ぎたし、バラには早いし…思った通りcar

園内はシニアカップルと小さいおこちゃまを連れたママがほとんどで

皆さん、のんびり散策という風でした。

花博の時にはモネガーデンで一躍有名になった庭で

竹藪にカメラを向けていると、背後から

「なんだ何を写しているのかと思えば??気持ち悪い花だなぁ~」と大きな声。

万人受けする花とは思っていませんが、こういう場合は

「気持ち悪い花」というのは、口に出さないほうがスマートな気がします(笑)。

画像は我が家の「ユキモチソウ」です。

雨風の日は倒れていないか、雨で汚れていないか気が気でないのですheart01

気持ち悪い花なんてどう見ても思えません。

| | コメント (8)

2018年4月18日 (水)

ハナミズキ・ステラオーロラ (花水木)

Hanamizuki18041401

Hanamizuki18041403

ハナミズキのステラ系オーロラが見ごろです。

我が家のはステラ系オーロラ、これでも白です。

一瞬ピンク?と思われるかもしれませんが

↓ステラ系ピンクはこんなです。

Hanamizuki18041402

白よりわずかに日当たりが悪いかもしれないという場所に植えています。

同じ日に写してもこんな風、花数はまだ数える程です。

目線より下の枝はよく観察できますが、

ほとんど見上げる枝で花の裏側を見ることになってしまいます。

遠目だと緑に交じってほとんど花は目立ちませんが…

その微妙な色合いがなんともいいですheart04

街路樹のハナミズキは真っ白、赤ともに見ごろで車から見ても

歩道を歩いても華やかで「わぁ~きれい」と思います。

| | コメント (0)

2018年4月17日 (火)

オトコヨウゾメ

Otokoyouzome18041401

Otokoyouzome18041402

オトコヨウゾメが見ごろです。

1~1.5センチ程の細い幹2m程の丈で風によく揺れます。

秋には花数の1/100くらい…わずかの実がついてそれも風情ある姿です。

昨日と今日は、用事で郊外、中心街へ行きました。

街路樹や庭、公園のハナミズキがどこもかしこも満開。

モッコウバラが満開、ツツジが咲き始め~4、5分咲きで華やかです。

右を見ても左を見てどこもかしこも花花花…どの場所の花も

ピッカピカのいい顔ですhappy01

| | コメント (0)

2018年4月15日 (日)

イチハツ (一八・一初・鳶尾)

Itihatu18041402

Itihatu18041401

イチハツが見ごろになりました。

3、4年前に1株頂いたものを株分け株分けで増やし

ただ今黄緑葉色と白花が多い庭のいいアクセントになっています。

「一八」「一初」「鳶尾」どの漢字が相応しいんでしょう。

葉っぱがトビの尾に似ていることから「鳶尾」は最も納得だけれど

私は「イチハツ」と読めませんでした(笑)。

「一初」…アヤメ類では最も先に「フユアヤメ」「三寸アヤメ」が開花しますから

最初に咲くアヤメではないはずdown

「一八」…一か八かかぁ~down(笑)。

植物の名前も納得するしないより、そんなことを考えるのが楽しいのです。

| | コメント (0)

2018年4月13日 (金)

レモンタイム

Thyme18040802

Thyme18040801

植えっぱなしにしておくと、這うようにどんどん広がり、

中央部分は根が張りつめてカチカチに固まって枯れてしまいます。

スコップで根切りをしたり、新しく伸びた部分を移植して更新しています。

ハーブは草取り中に、知らず触れただけで香りがたちそれだけで癒されます。

バラのアーチの下に敷いた枕木の間を一面ピンクの花で覆ったレモンタイムです。

| | コメント (0)

2018年4月12日 (木)

アジュガ

Ajuga18040801

Ajuga18040803

Ajuga18040804

アジュガです。

見ごろといえば見ごろですが、花期が長いのでいつがピークかわかりません。

グランドカバーとしてあちこちに植えていますが、

画像は生け垣の槙の木の下に植えているものです。

日当たり良好の場所のモノは一番下画像のように葉色も花色も濃く

半日陰の中画像とは元気さが明らかに違います。

このアジュガのルーツはもう20年以上前の株で、

いったい何倍何百倍に増やしたことでしょう。

暑さに強く、土も選ばず肥料もほとんど施す必要がないのです。

月1通っている医院の生け垣の下にもこのアジュガが植えてありますが

カイヅカイブキの下に植えているため、一日日陰状態と思います。

葉色も花色も我が家より清楚に見え、もやしっ子もいいなと思いますnote

| | コメント (0)

より以前の記事一覧