ガーデニング

2018年7月23日 (月)

キキョウ (白桔梗)

Sirokikyou18062801

矮性の白キキョウです。(6/28画像)

現在は切り戻しをして、葉っぱだけになっています。

通常丈の白キキョウが見ごろですが、カメラを持って庭に行けません。

今朝も6時半~2時間だけ、草取りに出ましたが、汗で全身ずぶ濡れです。

カメラを持って、庭に出る方が簡単と思われるでしょうが…

全身覆って、目だけ出しては、庭作業だからできる格好なのです。

カメラを持って、あの服装は絶対に無理(笑)。

この暑さ、40℃近い気温は明日までとか…この期待を裏切らないでください。

| | コメント (0)

2018年7月21日 (土)

ブルーベリー収穫

Blueberry18070301

そろそろ収穫がおわるブルーベリーです。

近隣のブルーベリーハウスの状態を見ると、木は筒状の鉢に植えられ

水管理、温度管理がされていて、色艶我が家の自然児とは大違い。

我が家のブルーベリーは、収穫時期のみ、ドア付き、ネットハウスです。

一粒一粒、収穫するのは手間がかかりますが、夫の担当。

収穫量を計って、冷凍庫にきれいに並べてもらい、

500~600グラムづつジャムにします。

昨年より少ないとか粒が大きいとか、いろいろ申しておりますが

暑い時の収穫担当になってもらっているだけでありがとうです。

今朝は5時半頃から庭の消毒をしました。

今日はお手伝いがひとり入っていただけたので、3台の噴霧器フル回転。

「異常な暑さ」とTVやラジオで毎日何回も聞きますが

日が昇った瞬間に、焼けるような暑さで「異常な暑さ」を肌で感じています。

これからは、日の出とともに就寝…なんて笑いごとでなくなるかもしれないdown

…暑い。それにしても暑すぎる。

| | コメント (0)

2018年7月20日 (金)

クレマチス

Clematis18071701_2

春、開花後切り戻しをして2回目の開花。

我が家の庭の雑草の中でも、特別厄介モノ扱いは「ヘクソカズラ」です。

子供の頃、ハナ天狗と呼んだ花、花をペロッとして鼻の上に乗せると

くすぐったくて・・・そんな経験のある方も、ひとり、ふたりは・・・

いるかもしれないあの、ハナ天狗(ヘクソカズラ)です。

近隣のジャングル化したお庭だった?果樹園だった?

木々に絡みつき、すべて枯らしてしまった、ヘクソカズラです。

長く伸びたツルにつく種は、ヒラヒラ羽をつけ四方八方、飛んで行きます。

落ちた種は100%の発芽率では?どんな過酷な場所でも発芽します。

砂利の中であろうと、根が張りつめた芝の中であろうと。

通常植物は双葉を出すのに、いかにも未熟そう、か弱そうに1葉で発芽。

その1枚葉は、熱射だろうが酷暑だろうが、どんどん成長します。

笑・で、今日のクレマチスとどういう関係かと申しますと

「この猛暑の日々、やけに元気なクレマチス」。。。eyeよくよく見ますと

クレマチスの蔓かと思っていたのに、ヘクソカズラ蔓が2/3締めていました。

よくぞ、この暑さ、ヘクソカズラの蔓にまきつかれて、開花したものだと

拍手喝采。

早朝3時間庭仕事。今日は昨日一昨日に比べて少し湿度が低く、

sunsun カンカン照りになる前に作業終了すれば、なんとか…できそう。

| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

センニチコウ (千日紅)

Sennitikou18071701

千日紅・ストロベリーフィールドが開花しました。

昨年のこぼれ種からです。昨年はおととしのこぼれ種。

花後、花がらをもみほぐし、種を落としておけば、毎年楽しめるお徳モノ。

Sennitikou18071702

フウセンカズラもこぼれ種。この場所は千日紅が負け気味ですが、

どちらもなかなかの生命力。

連日の暑さで、庭全体が黄色っぽく見えます。

ギボウシが蒸れて葉が枯れてきました。

剪定して涼しくしたつもりのアジサイも、いきなりの熱射で葉が茶色に焼けました。

庭仕事は、蚊と戦いながら早朝&夕方の水やりのみです。

今月中はずっとこの高温が続くそうです。まだ7月と言うのに…長い夏。

フウセンカズラ、センニチコウのように…自然体に見えますが、暑さは同じ。

気力振り絞ってがんばりましょう。

| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

レモンツリー 

Lemontree18071701

Lemontree18071702

Lemontree18071703

レモンツリーの花が見ごろです。

7、8年前に地に植えて、一冬で枯らした経験がある為、鉢植えで育てています。

鉢植えは風よけ霜よけなど手を入れやすいのですが、難問は植え替え。

昨年あたりから、根詰まりしているだろうこと、わかっていても日延し状態。

ひと月ほど前、ブルーシートを敷き、鉢をゴロンとひっくり返し植え替えしました。

葉数が増え、こんもり茂るまでにはまだ時間がかかりそうですが

無事に開花したのでまずはホッ。

月桂樹のような葉ですが、千切るとレモンの香りです。

大好きなレモンバーベナの存在を忘れてしまうほどいい香りです。

レモンバーベナさん、ごめんなさい(笑・決して忘れません)。

今日も蝉の鳴き声がすさまじい。

| | コメント (2)

2018年7月17日 (火)

ホオズキ (鬼灯・酸漿)

Houzuki18071702

Houzuki18071703

Houzuki18071701

我が家のホオズキはこれでも例年になく良い出来です。

連作はダメどころか、植えっぱなし5年以上では出来云々は言えませんが…。

2、3鉢分、根を掘り起こして、プラ鉢で育てようと思っているうちに1年。

プロの育てた真っ赤なホオズキを目にしたら、

ドライ用に買ってしまいました(笑)。

東欧でパプリカにくっついて異国へ移動するカメムシが異国で大量発生、

大揉めしたのもわかる気がします。

我が家のホオズキの周りにもかなりの数がモヨモヨ…。

最近はホオズキの周りには、カメムシがいるものだと思っているので

草取り中でも、カメラを向ける時でも、「キャ~」などとはいいません。

今日は曇っています。

ノースリーブの腕にまつわりついてくる湿気で、庭仕事お休みを決定。

冷蔵庫、食品庫等々台所が気になっています。

台所の大掃除punch 。

| | コメント (2)

2018年7月16日 (月)

宿根ヒマワリ (宿根向日葵)

Himawari180708

宿根ヒマワリが開花し始めました。

1m程の丈、花葉4、5センチ。通常のヒマワリとは全くの別モノです。

暑に強い花は庭を埋めるという意味では大助かりです。

元気モノ「ノウゼンカズラ」を植えようか迷う程です。

我が家の庭向きではない花ですが、こう暑いと…

ノウゼンカズラがなんだか今までの印象と違って見えるのです。

枯れてしまう清楚な花より、気候に合った花にすべきかなぁ~。

7時半~3時間庭仕事。昨日一昨日はきっと湿度が低かったと思います。

同じ気温でも疲労度が全く違いました。

午後からエアコンの時間だと、一日が長く感じます(笑)。

| | コメント (0)

2018年7月15日 (日)

アガスターシェ・ブルーフォーチュン

Bluefortune18070802

Bluefortune18070801

アガスターシェ・ブルーフォーチュン。

沢山の青い房咲き花…見たまんま。

ハーブ名のアニスヒソップの方がピンときます。

ハーブは虫がつきにくいと思いきや、これは葉が黒くレース状に食わます。

そうなれば、葉も少し含めてざっくりカットして切り戻しをします。

植えっぱなしでOKなのはありがたいです。

本日も朝7時~昼まで、草取りしながらアジサイの剪定の続きを行いました。

今年は木質化した茎をほとんど切ってしまいました。

株もとに日が届くようになり、不健康な葉が来年はイキイキしますように。

百葉箱内が35℃なら私の背にあたっていた陽は40℃?45℃?

草の伸びる早さが半端ないので、負けるわけにはいかんのだ(笑)。

| | コメント (0)

2018年7月14日 (土)

サワギキョウ (沢桔梗)

Sawagikyou18070801

Sawagikyou18070901

サワギキョウ赤が見ごろになりました。

湿地園で開花しているのを見たことがありますから

当地サラサラ土では気の毒です。

病害虫の影響はほとんなく強健です。

まっすぐな茎は風雨で倒れてしまうことがありますが、

折れたところに短く太い根が出ていることが多く、埋戻しをすれば根付きます。

早朝より3時間ほど、草取りしながらアジサイの剪定をしました。

屋外で全身覆っての作業は、想像しただけで辟易でしょうが

半袖など肌を露出しての作業より、暑さは大分楽です。

| | コメント (0)

2018年7月13日 (金)

ツルニンジン (蔓人参)

Turuninjin18070801

ツルニンジンです。雨続き間に開花が始まりました。

きれいに開花したら写そうと待っていても、埒があきません。

暑さで花びらが蒸れて茶色になってしまいましたがcameraパチリ。

昨日の「オオウバユリ」に対抗してこちらは、「爺ソブ」(爺さんのソバカス?)。

笑・どちらも決してきれいな花とは言えませんが、風情たっぷりです。

15年程前は、近辺300m程の山で、普通に見ることができました。

しかし、イノシシかヒトか…昨年登った時には1輪も見つけられませんでした。

以前は手に入れられた山野草店にもありませんでした。

ジイソブのソブは長野県の方言とか…以前は近県どこにも存在していたのでしょう。

このツルニンジンは、昨日の「オオウバユリ」と一緒に北海道からお取り寄せしました。

本来はこの暑さもモノともしなかったでしょうに…

我が家の庭、今日は全面に寒冷紗でもかけたいくらい35℃予報。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧