ガーデニング

2018年10月18日 (木)

相棒

Gardenchair18101501

大き目タイヤ4つのガーデンチェアーは庭仕事になくてはならないものでしたが

先日タイヤが1つ壊れ、新調しました。

ガーデンチェアーも知らない間に大分進化していました。

椅子は360℃回転。高さも簡単上下できます。

以前の椅子は作業中に、ゴロンとひっくり返ることがありましたが

この椅子はそのようなことにならないといいのですが。

一両日中には庭デビューできると思います。

ちょっと楽しみnote

| | コメント (1)

2018年10月17日 (水)

オルトシフォンラビアツス

Orutosifon18101202_2


Orutosifon18101203

オルトシフォンラビアツスです。

ひと月ほど前にもupしたと思います。その後切戻して再び開花。

今庭を見渡すと、シュウメイギクの白、終盤のガウラの白…ちらほら見える程度。

ワレモコウ、ホトトギスなどは開花していますが、遠目にはまったくわかりません。

草ののびもゆっくりになったため、昨日からクローゼットの中の夏物秋物の整理です。

以前のように、夜中に入れ替えなんて早業はもう無理。

モリモリやる気が出てこないのが残念(笑)。

気持ちが長続きしません。

1時間だけ草取りしよう…1時間だけ寝転がろう…の二日間でした。

さて…庭仕事に欠かせないコロ付椅子がもうすぐ届く。

新しい椅子が届けば少しはやる気出てくるかなぁ~note


| | コメント (0)

2018年10月16日 (火)

ユウゼンギク (友禅菊)

Kujyakusou18101202

Kujyakusou18101201

ユウゼンギクが見ごろになりました。

植えっぱなしで、さほど増えもしませんが、毎年開花する律義モノです。

今切り花として、ワレモコウ、ノギクなどと一緒に、食卓の上を飾っています。

久々晴れ間が見えています。

午後にはまた曇りの予報。

今日は扇風機や暖簾、藤の敷物を洗ったり、干したり…夏終いdayです。


| | コメント (0)

2018年10月15日 (月)

ツキヌキホトトギス (突抜不如帰)

Tukinuki18101401

ツキヌキホトトギスが開花。

といっても、↑↓ 貧弱このうえなく、二輪のみ。

Tukinuki18101402

同時期に開花するキイジョウロウホトトギスも↓ こんな風。


Kiijyourou18101401

昨年、花後に植え替えをするつもりで、一日延ばしにしたまんま…の結果です。

最近は鉢はスリット入りのプラ鉢を使い、重たいテラコッタ、和鉢は避けていますが

植えっぱなしの鉢はまだ重たい鉢がほとんど。

手をかけない結果の花を見ると、後悔のほうが今のところ大きいです。

笑・来年はわかりませんから、後悔している年のうちに植え替えをしなければpunch

昨日は過ごしやすいと思いましたが、湿度が高く、蒸し暑い日でした。

孫ちゃんが背丈の何倍もある竹ぼうきで落ち葉を掃きを手伝ってくれました。

「ばばちゃん、毎日きれいにしてくれてありがとうnote

というんです。

21日は「孫の日」です。

こっそり頼んだ「ドレス」が届きましたから、今日はプレゼント用にラッピングです。

先日のお祭りで目じりに紅をさしてやると、うっとりうれしそうでした。

日に日に女の子っぽくなるのがかわいくてなりませんheart04


| | コメント (2)

2018年10月13日 (土)

ホトトギス (不如帰)

Hototogisu18101202


Hototogisu18101201

ホトトギスが見ごろになりました。

鳥のホトトギスの胸の点々を見たことがありませんが、こんな風なんだろうな~。

涼しくなりました。

今日は23℃予報です。4、5℃下がると、過ごしやすいです。

昨日は購入した苗の定植&1mを超した鉢椿5本も定植しました。

いつもなら作業30分も経過すると、水分補給を兼ねて腰を下ろしましたが

気づけば12時近い時間でした。

過ぎたるは及ばざるがごとし…無理をしがちになりますが

作業しやすい季節がうれしくてなりませんでした。

塩害で裸木に近い木々はまるで晩秋のようですが

椿を入れたことでも…ちょっと見栄えよくなりやる気upです。

今日も自己満足のためにがんばりましょうnoteup

| | コメント (0)

2018年10月12日 (金)

Nae18101101

お取り寄せ苗が届く。

4年ほど前、庭の景観upup雑草対策でギボウシ大を4植えましたが、

巨大感があったのは、1株のみでした。

その一株を植えた土は、庭木を植えた際「カントウローム」と

庭屋さんが言っていた記憶があります。

3株は通常のギボウシと同等またはそれ以下サイズのままです。

7、8年前にも当時は巨大ギボウシと言われた「皇帝」を植えましたが

極小ギボウシ程度にしか育ちませんでした。

今も存在しますが、小さいままです。

庭の土がdown…それ以外は考えられません。

植穴を大きくとり、赤玉&腐葉土で植えても、

育ちませんでしたから…う~ンthink……flair

なのに…凝りもせず、今度こそ!と5株植えますthink(笑)

植物にまったく興味がないという友人ですら、

ビッグ・ママを見て「何?あれ??」と驚くほど存在感あるギボウシは魅力。

今度こそうまくいきますよ~にlovely

| | コメント (0)

2018年10月11日 (木)

ウメモドキ (梅擬)

Umemodoki18100903

Umemodoki18100902

ウメモドキの実です。

台風で葉はほとんど残っていません。

当地ではきれいに紅葉することはほとんどありませんが、それでも多少の変化はあり

今年はそれも望めません。

しかし、赤くなる前の実に目を向けるいい機会になりました。

例年ならまだカメラを向ける時期と思っていませんから。

街路樹が塩害で落葉し始めて、ニュースになり始めました。

友人から「庭の木の葉がみんな落ちてしまう。枯れてしまうの?」

昨晩電話がありました。

庭にはあまり興味がないという友人ですが…あわてた様子でした。

来年の芽吹きは、きっとshine相当うれしく感じると思います。


| | コメント (0)

2018年10月10日 (水)

サンザシ (山査子)

Sanzasi18100901

サンザシの実が色づきました。

昨日はバラ周りの片づけをしました。

あれもこれも手がかかる花を抱えると、結局慢性手薄状態で…

満足など程遠い。

バラはやめようか…迷ってばかりです。

もともと今の庭を造るとき、バラは植えないと決めていたのに

体力と反比例で、頭の中が膨らんでしまった。

土壌がこれほど悪くなければ…「たら」「れば」は言ってもショウガナイのに(笑)。

今朝はすでにバラの消毒を済ませました。

ほんの少し気持ちがdowndownすると、あっという間に

「チュウレンジハバチ」「黒星病」…はびこる。

10年前、いや5年前、いや3年前の気力体力が出なくても

手を入れただけeye「目」は確認したがる。

みんな自分の満足のためジャン(笑) 

今できる、精一杯で、今日もタノシモ~note

punch 

| | コメント (0)

2018年10月 9日 (火)

ツリバナ (吊り花)

Turibana18100801

ツリバナの実がはぜたら、camera写そうと待っていたら、台風。

ひとつだけ実が残っていました。

実の細い茎が、枝に絡まって、

身動きできなかったのが不幸中の幸いだったようです。

解くとポロリと落下かと思いきや、プラプラ。

Turibana18091901

9/19 は↑こんなでした。

苔が生えたような不健康そうな幹がずっと気になっています。

息ができない根が、悲鳴を上げている…down

台風の後片付けしながら、すべての株もとをチェックしていますが

不健康な株が多くて、土の悪さが切実です。

土の全とっかえなど考えずに、地道に土壌改良すべきでした。

ダメでもあきらめるわけにいかず、今日も枯葉を穴に埋める作業punch

昨日と同じ気温とか… 

昨日は、ツクツクホウシが賑やかでした。

急激に寒さが来たとしたら、

あのツクツクホウシは一度も鳴かずに生涯を終えるのでしょうか?

来年までもう一年、土の中で眠るのでしょうか?


| | コメント (0)

2018年10月 8日 (月)

サザンカ (朝倉)

Sazankaasakura18100802

Sazankaasakura18100801

サザンカの朝倉が開花はじまりました。

今日も庭の片づけ。

塩害で落ちた葉を熊手でかき集め、穴に埋め込む作業。

熊手で落ち葉を集める作業って、楽ちんのようですが、意外に大変。

微妙に腰を曲げる姿勢が、5分どころか3分も持たない。

草取り作業に変えたり、鉢植えに水やり作業…姿勢を変え、気分を変え。

無理は少しだけです。

また明日。明日疲れていたら、明後日があるさ。

おかげで朝倉の開花を見過ごさずに済みました。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧