ガーデニング

2017年10月20日 (金)

ツキヌキホトトギス (突抜杜鵑草)

Tukinukihototogisu17102001eye

雨続きで庭の花を写す機会を逃してしまいます。

今年は「ギンモクセイ」の花があまりに少ないと思っていましたが

「キンモクセイ」が終わってから開花しました。

カメラを向けることができた日には、散っていましたdown

本日帰宅後大急ぎで庭の確認をするとeye「ツキヌキホトトギス」・・・

見落とさなくてよかったheart04です。

花の後ろ、葉っぱはボケておりますが・・・葉を突き抜く茎が見えると思います。

憶えやすく、忘れてもすぐに思い出せる名前と思いませんか?

命名賞を上げたい素敵な名前も好きですが、

覚えやすい名前も「ステキ」と思います(笑)。

| | コメント (0)

2017年10月19日 (木)

ハマギク (浜菊)

Hamagiku171012

5年以上植えっぱなしだったハマギクは茎が伸び放題株がぐらつき

この春株の整理をし移植しました。

暑さ寒さに強くアブラムシ程度はつきますが強い。

手がかからないから気を抜いて(安心して?)目配りを忘れる・・・

手がかからない子と言われて育つと、期待を裏切らない「いい子」になります。

手がかかる子はずっと気がかり、心配な子はずっと心配、

いい子の寂しさは誰も気づくことはない。

人も植物も同じ・・・いや、似ていると思います。

「いい子」という言葉金メダルをかけるより心の目を向けてほしいと思う。

いい子からのお願い(笑)。

ハマギクの育て方のポイント、ご存知ですか?

「かわいがってあげるのが一番です」だそうです。

うれしいなぁ~そのポイントheart04

昨日は梅雨の晴れ間のような日でした。

午前中、ハーブやバラの挿し木の鉢上げができました。

午後はひさびさ大型スーパー、薬局、衣料店をぐる~っと回ってcar

あれこれ買い物をしました。

| | コメント (0)

2017年10月18日 (水)

フイリフジバカマ (斑入藤袴)

Fujibakamafuiri17100801

Fujibakamafuiri17100802

斑入りフジバカマです。

年年株が衰退していく為、掘り起こして鉢に植えた物です。

健康な根が鉢のスリットから見えたので、雨前に定植しました。

オミナエシとキキョウのすぐそばに植えたので、

七草どうし張り合って引き立てあって来年は・・・shine輝け~up

白花フジバカマも衰退中。

花後鉢に植え替えて、一年養生させることにします。

・・・

今日は久々雨が上がりました。明日から再び雨が続く予報。

苗の植え付け球根の植え付けが待っています。

先日蒔いた種、黒ヤグルマギクがすでに発芽はじめています。

ポインセチアの短日処理も始めました。

雨でも風でも時は止まらないpaper

希望にはほど遠くても、限りある中で最適なトコロを見つけるだけ。

| | コメント (2)

2017年10月17日 (火)

ダリア

Dahlia17100801

Dahlia17101301

ダリアは初夏のころからず~っと咲き続けています。

幾種類かあるので、続けて一気にupしようと思っているうちに時期を逃します。

茎に水分が多くて、夏は蒸れやすく腐ることも多々ありますが、

運が良ければ、株横から芽を出すこともあり、焦って処分はちょっと待てpaperです。

白、黒、茶色、小豆色・・・ダーク色好みでピンクを植えた記憶がない(笑)。

慌てて札を探しましたが、写真つき札がないとお手上げです。

子供のころから馴染のある花もどんどん改良されて花色が増えて

新しい渋色でもレトロ感・・・我が家の庭にぴったりと思うのですが

今一つ、茎がダラダラと始末が悪いのが難です。

花柄の始末をするとわき芽が伸び・・・ダラダラダラダラ

あっちに倒れこっちに倒れ、シャンとしてほしいのですupdownsign03

支柱やリングで支えているのでcameraを通してみるとdownあ~ァ(泣)。

株の下をこんもりさせると、蒸れて腐るし、どうすればいいんでしょうか?

笑・そうして遠ざかればまた改良種がでてくるけれど・・・

あと50年なんてまてませんヨnote





| | コメント (2)

2017年10月16日 (月)

キイジョウロウホトトギス (紀伊上臈杜鵑草)

Kiijyourou17101301

Kiijyourou17101303

Kiijyourou17101302

我が家に来て10年は経過していると思います。ジョウロウホトトギス。

渓谷の岩場の上から垂れて咲く・・・イメージとは程遠く

エゴとオガタマの木陰にあると言っても、鉄輪の台の上。

葉はまっちゃ色の枯れ色で、この庭に置くことが間違いとわかります。

雑木林好き、好きな花はみな日陰好み・・・

我が家の庭は四方八方お日様sunサンsunサンsun

大鉢3つのキイジョウロウホトトギス、1つのツキヌキジョウロウ

今年は必ず植え替えをします。

捨てがたいと、芽をみんな鉢に入れることだけは、止めにしなくては(笑)。

雨3日目、まだ先1週間は雨とか。

秋植え苗も届いていますから、そろそろ庭に出たいのですが(笑)。

| | コメント (4)

2017年10月15日 (日)

ミカエリソウ (見返り草)

Mikaerisou17101301_2

Mikaerisou17101302

ミカエリソウが見ごろになりました。

2、3年前に比べるとずいぶん株が小さくなりました。

枯れる前に挿し木をして苗を作った方がよさそうです。

日照りが堪えるのかもしれません。

このミカエリソウの自然界の姿は我が家の姿とは別物でした。

うっそうとした木々の下で群生しているところは圧巻でした。

我が家でも、それに近い所と思って植えてはいますが

ハナミズキの下とはいえカンカン照りで、ごめんネとしか言えません。

振り返ってみたくなるほど美しく咲かせてみたいです。

シトシトシトシト・・・1週間は続くシトシト雨。

しかし降っていない時間も多く、芝桜の株分けもできましたし、

鉢の中のカタバミを抜くこともできました。

気になっていることが一つづつ減っていくと、

今日はのんびりしようかなぁ~と思えます。

| | コメント (0)

カキ (柿)

Kaki17101301

駿河甘柿と次郎柿の収穫をしました。

「今日はやけにヒヨドリが多いな」なんて気づく頃は、

食べごろになった柿に大きな穴、もしくは見事に消えているか・・・です。

毎年のことですが、青い小さな実は沢山ついてもほとんど落下。

収穫にたどり着けるのは、1/5 いやもっと少ないかもしれません。

近辺には沢山の果樹園があり、買った方がずっと美味しく楽ちんなのに

笑・柿の木、りんごの木、ミカンの木、ブドウ、サクランボ・・・

芽、葉、花、実の色づき、収穫・・・

口に入れるだけが楽しみではないのです。

| | コメント (2)

2017年10月14日 (土)

サザンカとツバキの唐子咲き



Sazanka17101301

Sazanka17101302

サザンカ2枚↑・・・ツバキ2枚↓。

Tubakikarako17101301

Tubakikarako17101302

何れも、昨日写した、サザンカとツバキ。

ツバキとサザンカの区別・・・簡単でしたのに??

何れも葉につやつや感がない、葉にギザギザがあるゾ

ツバキはツヤツヤ葉、ギザギザなし・・・そうでない椿も有りってことですよネ。

匂いがない椿も今や「匂い椿」が存在しますが・・・なんて思いながら

紅唐子に鼻を近づけると・・・え? えぇッ? 

紅唐子もに匂いがありました。しっかりした匂いが。

ではサザンカは? 紅唐子より強い匂いがありました(ホッ)。

いつの間にか、覚えた見分け方も、通用しなくなっていた(笑)。

しかし・・・紅唐子でなく、サザンカだったら、問題ない特徴ばかりです。

苗屋さんで間違っていたらお手上げです。

雨の中、もう一度椿と山茶花を見てきました。

良く似ていますが、まさか・・・まさか。

しかし、毎年落ちた花に疑問を持ちませんでしたから、間違いないと思うのですが。

疑問のおかげで頭も体も良く回転しますtyphoon

・・・

昨日はTVをつけると「寒い寒い」と日本中言ってましたが・・・当地26℃。

雨前で蒸し暑かった(笑)。

今日は22℃予報。長そでのTシャツを着ました。

昨日の種まき、芝桜の株分け、養生していた鉢植えを地に戻したり・・・

雨前に作業が終わり、ただ今のところ小ぶりの恵みの雨で、嬉しい。

| | コメント (4)

スダチ (酢橘)

Sudati17101301

今年最後のスダチの収穫をしました。

といっても、2回でおしまい。 

おすそ分けしてこれは我が家分。

採りたては薄くスライス、絞ってサラダに使います。

絞った実は焼き魚の時、グリルのトレーに入れて匂いけしに使います。

何が何でも使い切る・・・と言うこだわりはありませんが

翌日焼き魚を予定していたら・・・程度です。

| | コメント (4)

2017年10月13日 (金)

ツリバナ (吊り花)

Turibana17101001

ツリバナの実がはじけました。

今夏、ツリバナの木が1本枯れました。

本来は雑木林に水やりは必要ないはずですが、我が家の庭は

まだ天を覆う木々が少なく日当たり良好過ぎて、水やりは欠かせません。

それが枯れた原因の一つだと思います。

本来は地下に向かって伸びる根が、

毎日の水やりで地表へ地表へと延びてしまいます。

枯れた株を掘り起こそうとすると、地際は細い根が張りつめていました。

暑く長い夏の日差しに地際の根は負けてしまいます。

ごめん。本当にごめんなさい。です。

急いで自家製フカフカ土を、他の気になる株もとにはかぶせましたが

大好きなツリバナ、かろうじて残った1本は枯らさないようにしなくてはpunch

今日は24℃予報。今はまだ蒸し暑く感じますが。。。

秋まき種の蒔き時期に入っていますが、30℃前後気温に躊躇していました。

本日を蒔き時とするか、雨後にするか迷います。

雨後の気温が急降下とすると、定植苗が育つ時間がない(泣)。

エイッ・・・運を天に任せるしかありません。

今日を「種まき日」としますpunch

| | コメント (2)

より以前の記事一覧